March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

帯状疱疹を満喫

いやっほ〜

寝れないのでブログを書くぜ。

何しろ夜が一番痛いから、

こんな痛くて寝られるわけがねぇって!20秒に1回蹴られる状態で寝るには、

その蹴りと、蹴りの間の、20秒の間に堕ちないといけないわけだからね!

そりゃ難しいな!

ロキソニンは1日3錠までらしいけど、どうせ効かないんだけど、さっきまた飲んで4錠になったけど

まぁもはやどうでもいいぜ!


病状としてはまだ登り坂なんですね〜

発疹もでてきて、今まで触っても痛くなかったところが痛くなってきたんですね〜

右胸とわき腹と、背中3箇所になりました。見事に。帯状疱疹満喫ですよ。フルコース頼んじゃったみたいだね〜!

病名がわかると少し安心する人間の心理〜。


横になったら背中が地面に触れて、激痛が走るじゃないですか。うつぶせになっても胸があたってだめじゃないですか。

だから、横を向きながら寝ようとするんですよ。

でも残念だったな!!何にも触れなくても20秒に1回のやつはくるんだよ!!

オプションの痛みがなくなるだけなんですよね〜!

なんなんだこの苦行は。。。

なんか座禅っぽいよこれは!

動かなくても一撃食らうようなシステムのやつ。



寝方を忘れてしまったよ、もう!

人は毎日どうやって寝ているんだ!



わりとずっと健康野朗だったので、

健康診断?まぁ俺は平気だから、とかそんな風に思ってましたけどね

ここにきて超ダメージ喰らってますよ。

あからさまにわかりやすくて痛すぎる病気をいただいちゃってね〜

こんな経験できるなんてね〜

もーね、これ治ったら僕自身、信じられない領域に達すると思いますよ!

すでに達してますけどね!

痛みを知らない人間より、痛みを知った人間のほうが強いからね!





時間が経てば治る、いや、時間が経たないと治らない病気みたいなんで

早く1日を終わらせたくて早く寝ようと思うのに、痛くて寝れないという、

この逃げ道のない感じ。たまらないぜ〜。





明日も夜がくるのが怖いな〜。




 

痛い話、2

引き続き、痛い話です。

右胸が痛すぎるぜってことで。

あまりにも痛みがおさまらない、それどころか、

痛みの間隔が短くなってきたので 病院、行きましたよ。

いや〜土日の病院は混みますよね〜。なんか殺気だってる感じ?でした。

満員電車に乗りたくない理由にもつながるんですけど、なんか、とにかく、自分を先に見てくれ!自分が一番体調悪いんだ!

早く早く!順番は私が先だ!っていう空気感を、感じ取ってしまい。居心地の悪さを感じました。

僕が偽善者だからこう思うだけなんですか? そうですか。。。

病名は帯状疱疹ってことで、みずぼうそうをやった時の残ったウイルスが再び目覚めたことでなる病気らしくて、

この病気の特徴はですね〜 痛みがあることだそうです。

そうなんですよね〜。

ちょー痛いんですよね〜。

どれくら痛いかというと、

20秒に1回くらい、わき腹を蹴られる感じです。ムエタイの選手っぽい人に。蹴られる感じです。

もちろん、ノーガードでですよ。 

20秒って間隔短くないですか?

この痛みは、治るまで続くそうです。 1〜2週間で治るそうです。

長くないですか?

ちょっと。

長いだろう。

出ましたよ、ロキソニン。

やっぱりロキソニンなの?って思いましたけどね。 こんな時でも結局ロキソニン頼みか。

いやー、しかし。

これがまた全然効かないんだわ。

これね。びっくりしますよ。

ロキソニンってなんか凄い信頼されてるところあるじゃないですか。

痛みっつたらロキソニン。ロキソニン&胃薬。みたいな。


飲みすぎると胃があれるからね。それを見越しての胃薬同時処方ですよ。

しかし、効かない。

しかし! 胃は痛くなる。吐き気がくる。

おい!! 痛みには効かないのに副作用だけはあるのかよ! おいしいとこ取りだな! ロキソニン満喫してる感じするぜ!



原因は疲れとストレスだそうですよ。

あ〜なるほどね〜確かに最近無理してたかもな〜。とか思っちゃいましたけども、

疲れとストレスですね!といわれて、おかしいな〜疲れてないしストレスもないはずなのに〜って思う人のほうが

少ないでしょうよそれは。

言われてみれば、、まぁ、、疲れてる、、かも。ってなりますよそりゃあ。

サムライが終わってからスタジオ入る回数も減ったし、ライブもないから、

それがストレスになってるのは確実だぜ!!

サムライ解散病ってやつだ!

サムライが解散して体調が悪くなった、と言ってる人がいましたけども、その気持ちが今やっとわかりましたね〜。

自分もなかなか繊細じゃないですか?




今も絶賛、超痛いわけですけど、

不健康になると、あ〜これさえなきゃそれだけで超幸せなのにな〜って思うじゃないですか。

で、今そう思ってるじゃないですか。

で、治ると、それを忘れるじゃないですか。

忘れたくないと思ったので

ブログに記してみました。

覚えておくぜ!この痛み!!












 

憂鬱の原因


自分の中で、価値があると思っていたものにたいして

どんどん興味がなくなっていくことが、とても怖い。

一度そうなっていくと、自分の意志ではもう止められない。



誰かの負担にはなりたくないし、自分が傷つけばことがすむなら

それでいいと思ってるわりに、それほど打たれ強いわけでもないから

ただの強がりだなと、気づく。





子供がその場所を離れようとしない時に、

じゃあね〜ばいばい〜。と言って

置いて行くフリをするのが死ぬほど嫌いなので

離れようとしない時は、子供が飽きるまで付き合う。ことにしてる。

となると、計画通りには物事は進まなくなる。

しかし、元々、子供を楽しませるために来ているのだから、予定が狂っても別にいい。

予定を優先させたら、本末転倒になる。

親の言うことを素直に聞くような子供にならないで欲しいと思ってる。

まぁ、すでに聞いてはくれないのだけど。




同僚がいない仕事をしてるから、同じくらいの子供を持つ知り合いがほとんどいない。

おかげで、人と比較しなくてすんでる。


うまくやるには、うまくやろうと思わないことが大事だろうと、思う。

過信した自分と、現実の自分の、落差に落ち込むから

できない自分を認めるところから、スタートだろうな。





憂鬱の原因は何なんだろうってずっと考えてて、

なかなか突き止められないのだけど、この時間はわりと嫌いじゃない。

スティックを持つと少しおさまる。ドラムを叩くと少し忘れる。

音楽があってよかったな、と思った。なかったらとっくに壊れてただろう。

意識してなかったけど、救われてたのを感じる。

これからも救ってもらえるんだろうか。










JUGEMテーマ:コラム

SAMURAI JACK UNIVERSEは解散しました

SAMURAI JACK UNIVERSEは2016年2月28日のライブをもって解散しました。



SAMURAI JACK UNIVERSEというバンドを僕達がやりきった、完走した。という結果なので



良いお知らせと、捉えてくれたら嬉しいです。



「echo」という作品を生み出せたから、やめる決断ができました。



28日のライブを解散ライブと告知しなかったのは、僕達4人で事前に話し合って決めたことです。ライブのアンコールで発表しました。



僕達の音楽を聴いてくれてる人や、ライブを見たり、僕達と話したりしたことがある人は



あ〜この終わり方サムライっぽいな!最高だぜ!と思ってくれると信じてます。





この解散は悪いニュースや悲しいニュースではない。けど、



もうSAMURAI JACK UNIVERSEとしての新曲が生まれない、ということだったり



見たいと思っていたけど予定があわずに、来れなかった人の前で、もうライブをすることができないとか、



4人揃ってステージに立つことがもうない、という部分は悲しいことだなぁと思います。



色々とサムライのデータを整理していた時に、チケットの取り置きリストをメモしたファイルを見つけました。



過去のライブの日付とその日に取り置き予約をしてくれた人の名前のリストです。



それを見てて、あ〜この人はこの頃よく来てくれてたな〜今は元気かな〜と思ったり、



あ〜この人はこんなに前から来てくれてたのか〜と思って嬉しくなったりしました。



バンドをやっていて色んな嬉しいことが起こりました。本当に夢のような時間でした。





短い間でしたが、ありがとうございました。



SAMURAI JACK UNIVERSE 青木


ハバネロわさび

先日、東京みるくベイビーズの会議と練習があった。
少し遅れてスタジオに入ると、ミルク鈴木とバッドコンディション重森がライブで使用している全身タイツを着ていた。練習でも本番と同じ衣装を着てるなんて。凄い気合いだ。練習から本番の気持ちでいなくてはいけないという主張だろう、
練習でできないことが本番でできるわけないだろ?という声がミルク鈴木から聞こえてきたようだった。熱い男だ。
汗を吸ってくれるから床が濡れなくていいんすよ〜とミルク鈴木は言っていた。確かに普段は床はびちゃびちゃだ。
自分達の後に入るバンドは嫌だろうと思う。
バッドコンディション重森の動きがこの日いつも以上に冴えていたのはタイツのおかげだろう。まるでエクササイズのようだった。

居酒屋での会議中に「ハバネロ入りメンチカツ」をシマナガシ矢吹が、いつの間にか頼んでいた。
ロシアンルーレット形式のやつだ。
5分の1でハバネロ入りだ。
慎重に選んだつもりだったが、食べた瞬間、口の中が熱くなった。しまった、当たりを引いてしまった。
と思ったらシマナガシ矢吹も苦しんでいた。
矢吹のはからいで当たりが2個入りになっていたようだ。
すぐに口から出したけど、ハバネロの効果は絶大で、相当長くそのあとの時間苦しんだ。

生き残った3人で今度はワサビ大量ネギトロロシアンルーレットをやることになった。
注文をして、しばらく経つと店員さんがやってきて、
さっき頼んだネギトロは3個のうち3個がワサビ入りと注文されてるけど、本当にこれでよいか?
といった主旨のことを聞かれ、僕達はよくわからなかったのでとりあえずそれで大丈夫です。と答えた。今から考えると
これも矢吹のはからいだったのだと思う。
大量ワサビ入りネギトロが3個運ばれてきて、残ったミルク鈴木、バッドコンディション重森、Mrポップコーンの3人で
そのネギトロを同時に口に運び、3人同時に苦しみだした。さっきの店員さんの話を考えれば当然のことのように思える光景だった。大量ワサビ入りとわかっていながら食べたこの3人は勇敢だったと思う。

今月はみるくのライブが1回あったけど、今月はもう1回ある。サムライ企画の前日だ。
オナニーマシンのボーカル、イノマーさんの企画、イノマー万博に出演だ。イノマー万博といえば渋谷ラママ。
今回はギターがMrポップコーンではなく、Mrボブコーンの登場だ。謎のMrボブコーン。強そうだ!
27日はみるくで、気持ちを切り替えて28日はサムライ企画だ。
サムライとみるくを同じ日にやったこともあったけど、正気の沙汰じゃない。
でも、その年は毎月企画をやったり、
アルバムリリース前に大阪でワンマンやっていたりした年なので仕方がない。大阪ワンマンは楽しかった。

楽しかった大阪ワンマンの写真はこちら。


広い楽屋を独り占め。最高。



 

エアリプライしてますか?

みなさんエアリプライしてますか?

信じられない。。。

とかいきなりつぶやいたりしてますか?

それはないわ。。。

とか言っちゃってますか?

一緒にいる相手が自分のツイートを見るというのを知っておきながら

来るんじゃなかった。

とかもいいですね!

誰に対して言ってるのかわからないけど、確実に誰かに対して向けられた言葉をつぶやくのはホント楽しいですよね!

あ、もしかしてこれ私のことかも?って全然関係ない人が勘違いしたりするのがエアリプライの魅力ですね!

勘違いした人は勝手に自分が悪いと思い込んで、どんどん落ち込んでいくことでしょう!

エアリプライをかましたあとに、これって私のこと? みたいな質問がきて

「いやいやAちゃんのことじゃないから!Aちゃんだったらちゃんと直接言えるし!」みたいなこと言って、お互いの友情を

確かめあうのって素敵だと思います!本当の友情って常に確かめ合いが大事ですよね!


誰かと遊んでる時に、

来なきゃよかった。とか、

つまらない。とか、

帰りたい、とかツイートして遊ぶのってホント楽しいですよね!

一緒にいる相手も見る可能性があるのにそういうことする人ってホント楽しい人だと思いますよ!

自分がつぶやく側ならまだしも、一緒にいる人がそういうことツイートしてたとしても大丈夫!

そのツイートが本音とは限らないので大丈夫ですよ!

本音をそんな誰でも見られる場所に書くわけないじゃないですか〜何言ってんですか〜!

本音はスマホのメモ帳とかにきっと書いてありますよ!



マジびびる。。。 とかツイートして、「なんかあった?」待ちをするのも最高に楽しいですよね!!

この、聞かれるなら答えるけど、自分からは言わないというスタンス!素敵です!

ある特定の人物に対して言ってることを、

関係ない人がだいたい、あれっ、これ自分のことかな?って思っちゃうんですよ。

というか、本人には届かないですよエアリプは。

その時の対象が自分じゃなくても、今後その人と関わろうとする人は、いつ自分が対象になってもおかしくないって
構えることになります。

これって損じゃないですか?

この人は自分の言いたいことを相手に言えず、でも不特定多数に向かっては言える人なんだっていう印象になりますよ。



胸くそわりぃ。


いやこれもエアリプライですよねー!!
一体どうしちゃったの??何があったの!!って思うじゃないですか!

でも説明したら魅力半減なので、なんとなく終わらせる感じがいいんですよ!

例えば、ライブが前日にあったり、ライブ当日のライブが終わった後の2時間後とかにつぶやけば

ライブでなんかあったのかな。。。みたいに察してもらえますよ!

起こった出来事がどんなにしょぼくても、説明を一切なくして、むなくその悪さだけをアピールすれば

あとは読んだ人が勝手に想像してくれます!!



以上のような理由から、エアリプライはやったほうが読み手の想像力を豊かにしてくれます!!


誰かの想像力を、豊かにするために存在しているものが、エアリプライだとしたら、

エアリプライを、日夜無意識に繰り広げてる人は、あなたにとって、自分を成長させてくれる人、になることでしょう!




想像力を豊かにってなんなんですか!! そんな言葉に騙されるとでも思ってるんですか!!

意味不明だから!想像を豊かに!って!

それよりもボールを遠くに投げられるようになります!のほうがまだ成果がわかりやすいぜ!!

何がどうなったら豊かになったことになるんだよ!!

いや〜だからその曖昧さですよね!僕らが求めているのは!!

良くなかったのか、なってないのかよくわかんないけど、何となく良くなった気がする!

の、「気がする!」部分だけが、よく売れるってことですよ!!

でもヨガは、やったあとに本当に体に効果がでるぜ!! ヨガやりてぇ! ヨガマット!!



例えば僕は、海外行きたい欲がないんですけど

それをですね〜。俺海外とか興味ないわ〜。


って主張する必要ありますか?

ってことなんですよ。

必要ありますか?って言ったら、そりゃ〜あるわ!ってなるんでしょうけど


俺テレビとか見ないわ〜!っていうのと一緒ですよね〜。


何、自慢? テレビ見ないことが偉いの?

ありましたよね〜そういう時期が! 今は前ほど誰も見てないので、自慢にもならないですけど、


言われた人がテレビ見る人だった場合、なんか自分を否定されたように感じつつ

相手に優位に立たれた感じになりますね。いやならないですか?まぁどちらでもいいんですけど




あ、これもエアリプライに入りますよね!もはやなんのこと言ってんだかわかんねー!!

って感じのニュアンスですよ!


だからさ〜その言われた一言、書けや!!となるじゃないですか。
何言われたんですか?って聞かれても答える気ないくせに、自分の感想だけ言うなんてちくしょー!気になるぜ!!
だから楽しいぜエアリプライ!どんどんやろう!

どうせ大したことないことを、大したことあるみたいにしよう!


箱が開いてたら誰も中を気にしないけど、
閉まってたらみんな気にするってただそれだけのことだから!

フタを閉めよう!!



そういうこといって思慮深い自分がここにはいる、とか思ってんのか!!!

なんか本当はこう考えてるのだ的なことをツイートする人は

あまりそんなこと考えても、普通はわざわざ言わないことを

その人は言うタイプの人ってだけですので、決して思慮深いわけではないですよ!!

それぐらい誰でも考えるから安心してください!あなたが特別じゃないわけですよ!

普通ってなんだよこの場合の!




ところでエアリプってもう死語ですか?

そりゃーあまりにも死んでしまうのが早いかとー!!





 
JUGEMテーマ:コラム

そうしなければいけない理由


ここに至るまでに、いくつかの物を手にして、同じ数だけ手からこぼれていったように感じる。

こぼれていった物の数を数えたくなる。意味、ないのに。

まるでそれが自分の足跡のように、勘違いをしているからだ。足跡なんて消えてくれていい。
後ろに道はないし、前にある道は見えない。
歩いても歩いても消えていく、そんな道を歩いてる。



忙しくないけど時間がないって表現、いい。

それでも、寝る時間も食べる時間もあるってわけだ。
あなたにあげる時間が私にはない、なんて言われたら、その日をずっと忘れないだろう。
誰もそんなこと言ってはくれないのだけど。


信じるってことは疑わないってことに等しい。

よく裏切られる人っていると思うけど、それは人を疑わないから裏切られるのではなく、
疑いすぎて勝手に裏切られたと感じることが多いから、結果的によく裏切られる人になる。

必要以上に疑うと、それを理由に逆に裏切られることもある。
信用してくれてないならもーいいや。ほーらあなたの思った通りになったでしょ?これで満足でしょ?
みたいな感じに、相手がなっても無理はない。

自分を疑ってる人に信じてもらうのは難しい。
嘘をつく人が、すぐまた嘘をつくように、疑う人もすぐまた疑いだすので、終わりがない。

信じてよ。なんて言う必要がある時点でもう、終わりかな。


会いたい人に会えないと、ホントに自分は会いたいのか?と疑問に思う。
ホントは、会いたいと思ってない証拠かな。

それと同時に、会いたいなんて言われたくないのかも。

理由は言い訳にもなる。

そうしなければいけない理由がただ欲しいだけ。

ここにいなきゃいけない理由がなくなったら、どうするつもりなのかな。









 

明日は発売日


明日はechoの発売日。長かった。この日を迎えるまで。
3年前とはだいぶ状況が変わってる。知り合いだったCD屋の店員さんはほとんどやめてしまっていた。
そういうもんなのか。

そんな中、タワーレコード柏店の展開は感動する。
こんなことが現実に起きるのか?と思うほどだ。






去年の年末から年始にかけてレコーディングだった。
ほとんど毎日スタジオに行っていた気がする。

去年シングルとして出した、偽光とtimeは録り直した。
全体のバランスを考えて、そうしたほうがよかったから。ドラムのフレーズも少しだけ変わっている。
そのため7曲レコーディングする必要があったわけだけど、ドラムとベースに与えられていた日は少なかったので
鬼パワーを出して、1日で、12時から23時までの時間で7曲録った。なんて集中力だろう。集中力を出しすぎたおかげで
その日のことが記憶から抜けてしまっているほどだ。

一つ覚えているのは、4曲目、echoのドラムを15時頃に、一度録り終えて、他の曲が全部終わったあとに、
やっぱり納得いってないからもう1回echoを録りたいとみんなに伝えて、やりたいならやりなさいよ、という感じだったので
肉体の限界を迎えてる中、録り直した。やり直して本当によかった。と思う。
echo、錯覚はまだライブで1度も演奏していない。2/28の自主企画でぶちかますため、練習してる。

いつもと違うスタジオで録音したので新鮮な部分が多かった。
いつも録音していた鴨居駅にある「すたじおあじと」は、エンジニアの人が引退して田舎に帰ってしまったのであった。
帰ってしまったおかげで、レコーディングができないと絶望していたけど、
ギリギリのところで物事がうまくいって、なんとかレコーディングができた。
ずっとラッキー続きで何とかやってこれてる。人と人とのつながりは、どこで花を開くかわからない。
無理に人とつながろうとか、日頃から意識してない分、余計に感じる。



ところで、最近の自分の頭のおかしさがいよいよ尋常でないところまできている。

そう思ったのは大阪でのライブの帰り道だ。
ライブの翌日は1人で京都観光をしていたのだけれど、冬の京都は寒すぎてあまり活発に動けなかった。
余裕を持って京都駅に戻り、ホームで新幹線を待っていた。

乗るべき列車が来る15分前にはホームで待っていたのに、乗るべき列車を自分は何故かスルーし、その次に来た列車に乗った。
自分の指定席には当然のように違う人間が座っていたのだが、自分はその列車が乗るべき列車だと思い込んでいるので、
あの、席、間違っていませんか?と声をかけて、お互いのチケットを確認、そこではじめて自分が列車をスルーしたことに気がついたのであった。
そのまま自由席に移動して、本来、窓側で悠々と帰るべき道のりを、3列シートの真ん中で過ごすこととなった。

別の日には、車で2時間かけてある物を取りに行ったのに、そのある物を取るのを忘れて帰ってきたりもした。
その帰り道には首都高に乗った瞬間降りるという技も見せた。あれはなんだったのか。

何をやってもうまくいかないのは今に始まったことではないし、前向きでいることなんてほとんどないけど、
そういう時こそ何でもやってみよう、と思ったりはする。

失敗するに決まってるなら、わざわざやってみる価値は、ある。はずだよな。



今回のミニアルバムに、「忘れゆく、心臓」を入れることができてよかった。
リリースのない期間に、何曲か新曲が生まれては消えていたけど、ずっと残っていた曲がこの曲だった。
この曲の歌詞は色んな捉え方ができるけど、もうこの世にいない人に気持ちを馳せて聴くのが自分にはしっくりくる。







JUGEMテーマ:インディーズバンド

ワンマンと大阪


明日は大阪でライブ。

12月のスタジオ帰りのある日、私はおりえぴょんに電話をした。
大阪でライブをやりたいからブッキングの人を紹介してほしい、といったような旨を伝えた。
日ごろから連絡を取り合う関係ではないのだけど、おりえぴょんなら、この大阪でライブしたいぜ!という
気持ちを何とかしてくれると思ったからだ。
その電話の30分後くらいに、FANJ twiceをおさえたという連絡が入って、おりえぴょん主催でイベントがやる事が決まった。
なんというフットワークの軽さだろうか。はんぱねぇぜ。

東京から誰か連れてきてもいいですよということだったので、去年何回か対バンをしたInside of the doorを紹介して
一緒に出ることになった。快諾してくれたInside of the door、最高。

おりえぴょんの企画には2013年2月10日に出た。ちょうどそれが第一回の自主企画だったらしい。
企画なんてもんは、誰にでもできるけど、続けることは難しい。2.3回で普通は飽きる。
バンドにノルマをつけて自分のリスクを回避しようとするイベンターばかりだけど、
おりえぴょんはリスクを負う系イベンターだから最高だぜと思う。
私は安全地帯で見守っているわ、必死になるのはバンド側だけ、という姿勢ではだめなんだ。
バンドマンはバカであれ、イベンターもバカであれ、だ。
今回が3周年のこの企画、運命を感じる。

自分でやった企画をこんな風にまとめるなんて、おりえぴょんすごい、すごすぎるぜ。
そしておりえぴょんは返信が早いのが最高に素晴らしい。こんな人はいるようでいない。
歴代返信早い人ランキングは
1位 おりえぴょん 2位 キウイ 3位 ex.日向文 だ。

本当はリリースがもっと早いつもりだったから、この大阪ライブはツアーの位置付けだったのだけど、
レコーディングの兼ね合いでリリースが遅れて大阪単発ライブという扱いになった。サムライらしいね。
まぁそんなライブに関係ない情報をはさみつつ。とにかく大阪が楽しみおりえぴょん。
5周年目指して頑張ってほしい。



1月30日はワンマンだった。ワンマンは自分たちへご褒美だ。
それにしてもリリース前にワンマンやるバンドがいるか?
それはリリースが遅れたから結果そうなっただけ。サムライらしいよね。

ワンマンではセットリストのリクエストを募集した。
普段セットリストを考えている時に、自分たちはやりたいけど、この曲みんなは聴きたいのかな?
なんて不安になったりすることは・・・・別にないけど、あらかじめ聞きたいって言われてる状態の曲をやるのって、
楽しい。。。。と思った。

下北沢モザイクは初めてワンマンライブをやらせてもらった場所だった。2011年。森本店長になる前のモザイク。
サムライといえばモザイク、モザイクといえばサムライ? そんなことはないか。
ライブハウスって1人だけスタッフが良いってことはあまりなくて、1人が良い感じのオーラを出してると、
他全員が良いオーラを出している。
モザイクはスタッフが最高だぜ、という話を大阪でthe ciboを脱退した人と話した。
なんだかエロい顔をしていた人だったけど、自分に似てる何かを感じた。

去年末の大阪ライブの打ち上げの話を一昨日のスタジオで江沼とキウイから聞いたけど、ほとんど記憶に残っていなかった。
酒を飲むと豹変するタイプだと認めたくないけど、たぶんそういう人間なんだろうな。
でも打ち上げでそんなに盛りあがったことが、バンド活動をしている中でほぼゼロに等しいので
貴重な1日だったと思う。大阪に行くとテンションが上がってしまうのかな?明日も上がってしまうのかな?


ワンマンで18曲やったけど、あっという間だった。いつも以上に。さら〜り、さらさら、さら〜り。という感じ。
忘れゆく、心臓ってホントに最高な曲だぜ。と改めて思った。

企画とかワンマンをやる時はいつも、あ〜お客さん全然来なかったらどうしよ〜死ぬ~死ぬ〜。といつも毎回確実に思ってて
死ぬ気持ちを抱えたまま当日をむかえるけど、毎回必ずステージに立ってみるとお客さんがたくさんいる。という
景色がある。今回こそはだめだろうと、毎回思うのだけど、毎回大丈夫なことになっている。不思議だな。そしてありがたい。
見に来てくれている人に、どれだけ日々救われてるかわからない。
感謝の気持ちは音楽で返す以外方法を知らない。 

2/17が遠いなぁ。

echo 最高だよなぁ。

錯覚とechoばかり聞く日々。









JUGEMテーマ:インディーズバンド

MVを作った



新しいみゅーじっくびでおを作りました。












今回は

・演奏シーンを入れない

・口パクシーンを入れない

・メンバー以外の人は出演しない

この3本柱をテーマに作った。

ほとんどのMVは上の3つのどれかにあてはまるから、あえてそれを外した物を作りたかった。

結果的に、クソむずいぞこれは。。。なんだ??なんだこりゃ〜〜!!

そんなテーマにするんじゃなかった〜、と思ったりした。

いや、難しいとは思ったよ。そんなの。

でも、これ無理だろ〜今の自分なんかに作れるわけないよ。。って思う物を、作る必要があったんだ。

一時期失っていた、「モチベーション」ってやつを取り戻した今こそ、そういう壁にぶつかっていきたかった。

なるべく映像に意味を持たせないように作った。作ってみては、撮り足し。作っては撮り足しを繰り返して、

自分としては満足のいく作品になったけど、わかりやすさでいったら、どうかな。でも伝わったらいいなぁ。



あなたに聞かせたいから頑張れてる、なんて、聞く側からしたら重すぎる話だ。と思う。




何回失敗しても、同じ失敗をして、周りにも迷惑をかけてると思うけど

それでもやっぱり、またこれから何回も失敗をするんだろう。

失敗する勇気すら失っていた頃もあった。

大学卒業して、バイトも何もしてなかった時期、

時間がありすぎて色々考えちゃうんですよ〜。と先輩に相談したら

時間がありすぎるって感覚がわからない。贅沢な悩みだね。と、あしらわれたことを今も覚えてる。

何もしてなかった頃、何をしてたのか何も覚えていない。

朝、起きる理由がない。 夜、寝る理由がない。 そんな生活。 全然幸せじゃない。

ちゃんと生きてなかったのだと思う。

明日が、今日より楽しいと思えなかったら生きてはいけない。


何もしてくれない周りを待っていても、時間が過ぎていくだけで、その待つ時間は本当に無駄だな。





何のために頑張ってるのか?

それがわからなくなっていた時期は辛かった。

今はその理由がハッキリとしてる。

その理由を自分で認めることが必要だったみたいだ。


企画に向けて、

フライヤー作って
レコーディングして、
ジャケットデータ作って、
プレスに出して、
MV作って、
Tシャツ作って、
缶バッチ作って、
特典作って、
っていう全てを自分達でやるっていう当たり前を、またできて嬉しい。

ただライブだけやってた2014年より、やっぱりこういうことを含めての活動のほうが楽しい。疲れるけど。

いや、疲れるって言葉は違うんだけど。でも疲れはする。



きっと次に作るMVが自分の最高傑作になるんだろうな。早くそれを作り始めたい。

 
<<back|<12345678910>|next>>
pagetop