笑顔は減らない

 

人の幸せを喜んでると

 

なんか気持ちが楽になる。

 

不思議だな。

 

逆もしかり。

at 17:22, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

そしてつまらない人間に

 

著作権のことがちらついて、進めようとした足を止めてしまう自分がアホらしい。

ホントに自分にとってはクソみたいな制度だな。

その点に関しては、過去の自分に助言してやりたいけど、おかげで学べたんだと思うしかない。

 

無茶苦茶やってる人も守るとこはキッチリ守ってるし

越えちゃいけない一線は、ちゃんと越えてない。

 

周りはみんな大人で、全くついていけない。

ついていけないって知ってるから、じゃあ好き勝手やらしてもらいますよってやるんだけど

出る杭は打たれるために存在するから、釘を刺される。

 

そうやってくうちに、何も失わないよう大事に今持ってるものだけを抱えていくことが、

素晴らしいと勘違いして、つまんない人間にさせられていくんだけど、それだと生きてる気がしない。

 

何かを失ってしまうかもしれないところにしか、魅力的な物がないなんて、よくできてる話だよ。

 

 

 

 

 

at 17:34, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

それは時にポエム的にもし またそれを崩しさえもする

 

考える時間がないことは、幸せなことなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

考える時間がない状態から、時間がある状態になった時に思った。

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

孤独感とむきあうことは大切。

 

 

 

 

 

誰かにと一緒にいると気づけない部分い気づけるだけでなく、

 

 

 

 

自分が何をどう考えていたか、にたどりつくことができる。

 

 

 

だから

 

 

 

 

一人でいる時間は

 

 

 

 

 

とても大切なのだ

 

 

 

 

などとここまで書いておきておもったのは、改行を多く含む文章が自分はあまり好きではないということに気がついてしまったということです。なんなら句読点ですら消したいところなので消してみます そうすると半角スペースで 文字を区切るわけです それはつまり挨拶状のような形になります 年賀状に句読点つけない風習があるのはご存知ですか? つまりそのような形になります 読みにくいのも愛ってわけです なんだかポエム的にするのが好きだった時期が終わったということになります それでも言いたいことは基本的に同じです あぁ考える時間なんてないほうがいいわ なんか逃げたくなる しかし逃げる場所も 逃げたい場所もない ないないずくしなのは それは自分が逃げる必要が全くないから ということを意味しています フラストレーションは何かを表現する時にとても役立ちますので 蓄えられるだけ蓄えてあとで大放出したいと思います

 

今年は東京みるくベイビーズのライブをやりたいと思っていたので やることにしました 4月15日土曜日 池袋手刀です やっぱり大好き池袋 大好き手刀ってわけです 去年の6月からステージに立っていないので興奮します 皆様是非来て下さいね あぁこの告知という行為ってなんて切ないのでしょうか なんだかふとそう思いました 昔は告知告知こくっちーばかりだったのに 今は告知することが何もない でも宣伝ってできればやりたくないけど 宣伝しなきゃ誰もこないだろ? 作品をちゃんと世に送り出すことは作り手として必要なことなのだ とあの西野さんなら言うことでしょう 西野さんのブログの最後にいつもこのブログはステマです 的なことが書かれているのですが オチとしては凄い印象的なものですね 本人も気に入ってるから多様してるでしょうか 

 

人と比べやすくなったからこそ 人と比べないことが大切になってくるなんて皮肉なものですね 石垣島の飲食店で世界に一つだけの花を聞いたことが今でも忘れられない 浜辺にいた時間よりも一番印象的なシーンになってしまった なんてことだ  いや皮肉って言葉を使ってみたかっただけなんですけどね

 

それではまた

at 16:15, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2017年の目標を発表します

 

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 

この「本年」、という部分、「今年」、と、つい口では言ってしまいますけど

本年の方が丁寧っぽい感じになります。

「今年も」という言い方ではどうやらダメみたいです。

このダメみたい。という根拠ですが、とくに調べたわけではないです。

ただ自分の体感で、お?どうやら

なんか丁寧じゃないっぽいぞ? と認識したにすぎません。

しかしネットに仮に載ってたとしてもそれが正しいとは限らないので、自分の体感を信じたいと思います。

 

誰もがネットに記載されてることを信じる世の中だった場合、ネットに載せることができ、検索上位に

表示させることができれば、世の中を何でも自分の自由に変えることができる。ということになります。

 

そんなことをして何のメリットがあるんだ?と思いますが、広告が貼られることが当たり前となった今では

アクセスが多ければ勝ちなので、ガセでも上位にいることができればメリットはあるといえるでしょう。

 

いや、アクセス多くて広告費だけで生活することができて、毎日が日曜日であることが勝ちとは限らないですよね。

それを勝ちと思う人がいそうな感じがするだけで、じゃあそんな生活してみたいわけ?と自分に

問いただして、必ずしも全員が、はい、してみたいです。とは言わないでしょう。

 

そうなんだよ、広告が表示されてからネットの世界はおかしくなったんだよ。

なんていいたくなる人の気持ちはわかりますが、お前と同じ人間の仕業なんだからあきらめろ。

と言ってあげたい今日この頃です。

 

とやかく言いましたが、本年でも今年でも、挨拶ちゃんとしてるんだからよくないかな。と思いますし

実際その通りだと思っています。さらにいえば誰かに指摘されたわけでもないんです。

一体私は何なのでしょう。

 

2016年はいい感じにスマホ離れができていて、インターネットから離れた快適生活を送っているので

2017年はそれをさらに加速させ、いつでもガラケーに戻れるように力をつけていきたいと思います。

 

突然なくなると困るので、なくても楽しく生活できるようなレベルに到達する。それが目標ということになります。

友達との連絡はE-mailを使えばいいので、アドレスを今のうちから集めておくことはマストとなります。

 

マスト、という言葉はとあるイベンターの人がこれみよがしに使っていました。

あぁ、それはマストだね。といったような事を実際に言葉にして使う人がいるのです。

また、それがイベント業界の人だ、という点が、何とも納得できるところだし、あぁ言いそうだよね。

と、共感されそうな事柄ですよね。

 

 

自分にとってどうでもいいことと、どうでもよくないことが何か、しっかり決めておくことが

ぶれないために、必要です。

 

ぶちこわしたい物をぶちこわさずに放置することも大切だと、思うようになりました。

人間は壊すと直したくなる性質があるので、いらないと思った物を壊すとまた欲しくなります。

そうであるなら、いらないと思った物を、そのままどこか、自分の手の届かないくらいの位置、かつ

取ろうと思えばいつでも手に入る距離に放置すれば、欲しくなることはありません。

 

これ、どうですか? これ、すごくないですか? ここまで到達したんですよついに。。。。

 

 

 

あと今年はブログを頑張ろうと思います。

 

でも、ブログを頑張るとか、もっと更新しようと思う

 

とか書いてあるブログって、だいたいその後も更新が遅いんですよね。

 

これは江沼が書いてた頃のブログを見てて思ったことですよ。

 

みなさんの今年の目標は何ですか?

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

at 16:26, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2016年の私の気になったニュース。

2016年、私の気になったニュース。


・group_inou 活動休止
・butter butter 解散
・shepherd 解散
・Inside of the door 活動休止
・ROLLICKSOME SCHEME 活動休止
・menoz 活動休止

・ソラミズツキヒ 活動再開

・aquarifa TAKUTO君 脱退

・aquarifa 活動休止を発表
・Suck a Stew Dry フセ君

・Suck a Stew Dry 活動休止

 

・さぬんさん   退職 (高田馬場CLUB PHASE/渋谷乙 ブッキング)
・コンボイさん 退職 (心斎橋fanj 店長)

 

・BOOM BOOM SATELLITES 川島さん 逝去

 

・森本さん 結婚 (下北沢MOSAiC 店長)
・郁弥君   結婚

 

・Lyu:Lyu →CIVILIANに改名後メジャーデビュー
・レベル27 始動
・batta メジャーデビュー

 

・雨のパレードの良さに自分が気付く
・MAGISCENE 年に1回だけライブをやるバンドとしての地位を確立

 

・SAMURAI JACK UNIVERSE 解散


対バンしたことのある身近な人のニュースが多い1年でした。

森本さんは再婚したようです。森本さんのブログはクソ面白いです。
コンボイさんは2月に大阪に行った時、打ち上げした場所がたまたま同じで会ったのが最後となりました。
去年の12月の打ち上げで壮絶にぶつかりあったのが今となっては良い思い出です。

コンボイさんにとっても良い思い出になってることでしょう。

 

サムライのことを昔話として振り返るにはまだちょっと早いようです。まだ、たかだか10ヶ月前ですしね。

でもなんか最近、凄いよく聴いています。そして最高だぜ。と思っています。

 

そんな感じです。

 

 

at 18:33, あおき, コラム

comments(3), trackbacks(0), pookmark

気持ちの代弁

自分は気にしなくても、周りは悪いと思うだろうな。という意識の固まりが

物事を悪いと判断する。当事者は誰だ?

自分がどう思うかよりも、周りがどう思うか?を考えることは

「相手の気持ちになって考える」とは違う。

自分の考えが、周りとずれてないか。を過度に意識してる状態か。

 

話題の人を揶揄してうまいこと言って笑いを取りたいだけの人が

人を貶すような笑いは嫌いです。とか言ってる。

 

ファンはショックだろうな〜。っていう代弁。

○○の気持ちになって考えてみろ、っていう代弁。

主観はどこにいった?代弁ばっかりだな。

ショックじゃないファンもいる。

でも「ショックじゃないと思うなんてファン失格」という風潮があるから、そうは言えない。

 

代弁ばかりで主観が見えてこない。あなたは一体どう思っているのか、が見えない。

 

子供が殺されて、犯人を殺したいと思わない親がいますか? 

いたとしても、風潮として、そうは言えない。

本当に愛してなかったのだ。って言われるから。

 

湧き上がる正義感。大衆による正義感。みんなで一つの方向だけに突き進み

それ以外の考えを向けいれない感じ。

「こう思うべき。」ってなんだ? 

どう思おうがそんなの勝手だろう。勝手だから我々も好きにしているんだ、という主張なのか?

 

少数派は多数派よりも騒ぐから、無言の支持者の声は聞こえない。

 

人に迷惑かけちゃいけないってイイ言葉として教えられてるけど、

人に迷惑をかけちゃいけない。が先行しすぎると、誰かの力が必要な時に人に頼れなかったりする。

 

人間は崇高な生き物じゃないから、人に迷惑だってかけるし、傷つけたりもする。

しないようにする努力より、された時に許す力をつけたほうがいい。

 

 

 

 

SMAPもハイスタみたいに、人間は喧嘩をするけど仲直りもできるって、いつか証明してほしいな。


 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

 

 

at 17:29, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

考えよう

 

考えよう。自分で考えよう。

 

誰かの考えを選ぶんじゃなくて

 

自分で答えを出そう。

 

考えよう。

 

なぜ自分がそうしてるのかを考えよう。

 

自分の言葉で話そう。

 

自分の意志を持とう。

 

自分で表現しよう。

 

間違いに疑問を持とう。

 

好きなところを見つけよう。

 

好きになれる部分を見つけよう。

 

突き放す前に考えよう。

 

相手の嫌いな部分が自分は何故嫌いか考えよう

 

どうすれば好きになれるか考えよう

 

考える恐怖に向き合おう

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

 

 

at 18:54, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

人が気になるのは

人が気になるのはお前が暇人だから、って言ったら怒るか?

嫌われない方法より、嫌われる覚悟を持とう。

嫌われる覚悟がないから、お前は人を嫌いになる。

 

偽りの自分に疲れたからそろそろ正直に生きようか。

でもそれって結果論か。

ホントの自分って探せば見つかるの?

旅先で探しても見つからないぜ?探したことないけど。

自分に嘘を付くのだけはやめなよ。いやしたくてしてるわけじゃないんだけど、

それは偏ってるっていうけど、誰を中心にしてるつもりなんだ。

 

評価を気にしないっていうのは、自分への評価ではなくて

誰かが何かを評価したその結果を気にしないって意味だ。

オススメ 映画 などと検索するやつはクソだ。

クソつまらない駄作と評判の映画を探して見よう。

 

 

 

今、中村文則の「私の消滅」を読んでいる。

傑作。

傑作すぎる。なんてことはない。

〜すぎるって言い回しが嫌いすぎる。

〜すぎるに騙されんな。

 

ネットで話題。に騙されんな。

もっと評価されるべき、とか言ってんな。

自分だけが評価すればいい。

周りがそれをどう評価するかなんて、気にすんな。

自分だけがその価値に気づいてたほうが嬉しくないか?

自分の評価が正しいか不安か?その正しさってどんな意味があるんだ?

 

自己中と思われるのが怖いか?自己中な人が羨ましいから?

言いたいことを言ってる人が羨ましいから?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分はまた、この場所に戻ってこれるだろうか。

というより、戻ってきたい、と思うだろうか。

 

2016.8.22

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

at 17:28, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

高校生の頃の、それもドラムを始める前の頃のような物の考え方に落ち着く

起きて、映画見て、映画見て、映画見て、寝る。

 

みたいな1日を、1週間ほど繰り返し過ごしていたら

 

こりゃあ、高校生の夏休みみたいだな。と思いました。

 

大学附属の高校だったので、高3の夏休みは勉強していませんでした。

 

ただただ、高校に行き多目的ホールでドラムを叩いて、帰って映画を見る。

 

それだけを繰り返していました。

 

本当にこれ以外、何もしていませんでした。

 

そうして作られていった自分という人格。

 

中学生の頃は、弁当を友達と食べながらウォークマンを聞いていました。

 

TV版のエヴァンゲリオンをカセットテープに録音して、それを聞きながらお弁当を食べていました。

 

なんという昼休みの過ごし方でしょうか。

 

その時はその行為の異常性に気づいていなかったというより、異常であっても別にいいのではないか?

 

と思っていた気さえします。

 

いつからか、異常である自分→ダメ。もっとまともにならなければ。みたいに考えるようになった気がします。

 

しかし

 

まとも、が何なのかもわかってないのに、それは無理な話です。

 

 

 

高校生の頃のような日常を過ごして、自分が異常であっても別にいいのではないか?

 

という思いが戻ってきた、気もします。

 

しかしですね、

 

自分が異常である。と思う行為。それ事態が、異常ではない。という矛盾があります。

 

近頃は積極的に、大衆映画や商業映画と呼ばれているであろう映画を見ています。

 

商業映画ってホントいやな言葉。

 

インディーズとメジャーくらい意味のない言葉。

 

自主制作。自主映画。自主。DIY。

 

自主美学。全部自分でやってやるんだ。誰の言うことも俺は聞かねー!

 

聞かねーんじゃなくて、聞けないだけ。

 

聞くことができないだけ。

 

違うんだよ、自分に届かないだけなんだよ、心が動かされないだけなんだよ。

 

という責任転嫁。

 

だれかに責任を押し付けないと気がすまない人。

 

その考えは狂ってない。しかし責任を誰かがとれば気がすむとしたら

 

それはそれで安易だな。

 

全部自分の責任です。

 

くらいがいい。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

 

at 18:27, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

メモ帳より

 

戦うのが怖かった時、自分は何を失うことに恐れていたのでしょう。

 

相手が自分を傷つけないですむ方法を考えます。

 

慌てる必要がない理由がたくさんあります。

 

自分で自分にいいねをしてる姿は悲しいです。

 

もっと自信を持って、ってどの立場から言ってるのでしょう。

 

お互いで嘘をつきあって、その先にはただただ何もありません。

 

意識に体がついていきません。

 

意識に体がついていくようになりました。

 

痛みを忘れる方法はたくさん試しました。

 

全盛期なんて、まだこれからずっと先です。

 

先に手を出したほうが負け。それは覆りません。

 

8月8日。

 

昨日がどんどん遠くなります。

 

荷物が軽くなってきたから、これでまた何かを背負うことができます。

 

閉鎖的な空間であることに、気が付くはずがありません。

 

でも閉鎖的が悪いことだといえるでしょうか。

 

知ってる人達に向けて宣伝する意味、もちろんそれすらも考えていません。

 

あなたの顔なんてどうだっていい。興味がありません。

 

こんな褒め言葉、他にあるでしょうか。

 

死ぬのは嫌だけど死ぬと決まってないと生きていけません。

 

何かに頼って命令されて、自分で考えたくないって。それで何も面白いことがないってそれはそうでしょう。

 

現実にフィルターをかけ続けていくことは難しい。魔法はいつかなくなります。

 

本当の価値に気づくことは避けなければなりませんでした。だってそれを見つけてしまったら・・・

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

 

at 12:35, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark