2014年を振り返る

いや〜ついに。。財布を落としましたよ!
あらゆる物を失ったので、あとは何かを手にしていくだけです!
キャッシュカードもクレジットカードも免許証も保険証もない年末年始ってある意味最高にフリーダムですよ!全てのしがらみから解き放たれている感!大切なものってなんですか!

クソむかつくこととか、悔しいことが多かった1年だったけど
音楽って。。。。ホントに。。。。最高に。。。。楽しいぜ!と改めて思った1年でもありました!
というよりも今までの楽しいと、今の楽しいは質が全く違う感じでしょうか!

とはいえ、逃げ出したくなるような事ばかり起こります。逃げたら少しは楽になるのかな?とか思いますが、5年前に1度逃げた自分はもう逃げなくて平気です。
嫌なことに立ち向かっていくのはどうしようもなく楽しい。嫌なことから逃げた自分を抱えて生きていくのはとても辛い。
自分の体に鞭を打って限界まで痛めつける作業はこのうえなく幸せと思います。
辛いほうを選んで、傷つくほうを選んだほうが、時間が経ったあとには楽になるなんておかしな話だな。




今年はライブ控えめな年だった。年間100本以上やってる人達に比べたらやってない等しい。いやいや比べる必要はなかった。並列に並べられないものを並べて勝手に劣等感を味わうことで行動力が落ちるような人に限って比較が好きな傾向がある。誰もお前もことなんか気にしちゃいないのに。

年間スケジュールを見返していくと、色々と見えてくるものがある。

実際の体感と、結果として残る数字にはズレがある。どこに焦点をあてるかで、結論は正反対になる。

ほとんどはまやかし、勘違い。思い込み。
盲目。わかったようなフリをする。知ったような口をきく。誰かの意見の受け売りを自分の考えかのように話す。流されてるだけ。ただ流されてるだけでそれに気づかない。大衆の中の一人。操られる。時間を無駄にする。無駄と感じながら継続する。やめられない。終わらない。同じことがずっと続いてる。繰り返すことの無意味さ。ホントは置いてかれてる。同じ価値観の人と群れる。群れる。群れる。群れから離れたところでまた新しい群れを作る。その場所にも飽きる。自分探し、自分探し。どこにもいない自分。本当の自分の姿を自分で理解できないのは、本当という言葉のせい。全部本当であり、また全部嘘でもある。何を信じるのか、誰を信じるのか。本人が言った言葉は信じない、誰なのか顔も知らない人を信じるのか。私がいなくなったらあなた困るでしょう?困らないけど困ったようなふりをする。君がいないと生きていけない自分を演じる。それはまるでしなくてはいけないことのように。何も残っていないのだから何も残す必要はない。それでも枯れきってるわけでもない。水があればまたそこは森に変わる。


来年の目標があまりにも多すぎて、どうにもこうにも時間が足りない。足りない時間はどうする?足りない時間は自分で生み出すんだ。1日の睡眠時間を3時間削れば、1月が3日増える計算になる。年間で1ヶ月増える計算になる。2015年は13ヶ月を走り抜ける。越えられない壁作りはやめられない。


感情が高ぶりすぎると寝れなくなることが近頃多い。そしてその感情の高ぶりこそが原動力であり
生きる意味にも繋がる。悔しくない奴は次勝てない。


今年も1年、拝読ありがとうございました。2015年もよろしく。










at 06:00, あおき, 日記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ワンマン終わり


ワンマンが終わりました!壮絶な戦いについに幕が!
今回は。。本当に。。。。壮絶だった。。。。


いつものことながら不安と恐怖しかないワンマンでしたが終わってみれば本当にやってよかったぜ!と心から思います!
色々この日に至るまで悩み抜いたおかげで自分のこれからやりたいことが明確に見えた気がしますし
バンドとしても、このタイミングで単発ワンマンをぶちかますことが必然だったと思いますね!
正式には「SAMURAI JACK UNIVERSE 8周年おめでとうプレミアムメモリアルワンマンライブ」略して「東京ワンマン」です。

コンセプトはアットホーム感!今までやってなかったことに挑戦!一つになりたい!
の3本柱であったわけですが、それらは達成されたと言っていいでしょう!
心の中で一つになってたよな〜!

20曲やりましたけど!本当に!あっという間でした!そして体力的にはもう少しいけたので
バテることなくいけた感じです!MCが長めだったからかな!

いや〜本当に色々ありすぎてどうにも記憶の整理がつかない1日でした!
その日を迎えるまでが苦しければ苦しいほど、終わったあとの達成感は半端じゃないぜ!という感じです!


MCしすぎたおかげで喋りたい欲が強くなり途中は何もしゃべることなくてもマイクを近づけて離したりしていました!
僕がsignでコーラスしたの気が付いた人いるんですか!誰にも1度もそこに触れられなかったので、
まったく聞こえなかったのではないかと思っております!それはそれで悲しい!
いや気づいていたとしても誰にも言われなかったということは、それが事実であり!その程度だぜ!という事なので
そこはもっと頑張りたいですね!2度やるなって言われてもやりたい限りはやりますよ!誰かの意見に従う気は全くないですから!


終演後もライブだぜ!と言わんばかりにロビーは盛り上がっていたように見えました!
僕は何だか色々と謎の用事に追われていたのでまったく参加できなかったですが!
ああいう時間こそがワンマンの醍醐味だと思いますね!

しかしながら以前よりも影の仕掛け人でいたい欲が強くなってきてるのを感じます!
バンドとしてやらなきゃいけない雑務は全て抱え込みたい欲がありますよ!
人のせいにしたくないなら自分が責任を負えば自分を責め続けるだけですみます!
人に責任の追及するのってバカみたいなのでやりたくないじゃないですか!
する時はしますけど!
逆に責任を普段自分で抱えてると思い込んでる人こそ、他人の無責任な感じが許せなかったりする現象はありますよ!
お前の価値観ぶつけてくるなよ!と言われたらそれまでです!黙って帰りましょう!





日向文は今年2回目のオープニングアウトでした!同じ人に同じ年に2回頼むなんて!
やってほしいと思える人が少ないので必然的にそうなります!
ステージに出る直前にさっそうとコートを脱いでスイッチが入った瞬間がなんだか印象的でした!
思った事を思った通りに発言しているところが僕は好きですね!そういう姿勢を悪く言われることもあると思いますが
その辺り全く気にしてないところも素晴らしいです。
日向文を呼ぶ時は「ひなたあや」と呼んでいます!最初はたーやさんとか調子こいて呼んでました!気持ち悪いですね!


DJマキトは去年の企画でもDJをやってもらいました!選曲が抜群に素晴らしいです!問答無用!
カフカの「シリウスと老人」がかかった時は興奮しました!なんで俺の好きな曲知ってるの?っていう選曲をしてくる!
選曲も人柄も僕はとても好きです!包み込んでくれるお父さんオーラが出てる!
マキト氏を呼ぶ時は「マキト氏!」て呼んでいるのですが、氏をつけて呼びたくなるのは
マキト氏とあと1人くらいです!マキトさんもマキト君もマキトもしっくりこないもんな〜!



アンコールからの、「SAMURAI日向文UNIVERSE」は本当に面白かったですよ!音楽の楽しさを再確認した感じです!
キウイが「丸の内サディスティック」のベースソロの最後で、ピックを投げたのが最高に面白かったですね!
あと「カプチーノ」のCメロ終わりで、歌だけになった時にキウイが手をぐるぐると回してたのが素晴らしかったですよ!
一緒に回したかったなぁ。
やりたい事をやりたいように表現していくのがサムライらしさになっていくんだなと、思いました。
誰かのイメージが作るサムライらしさとか、サムライっぽさはどうでもいいですね!



「できないからやらない」のと、「できるけどやらない」のは、同じやらないのでも大きく違いますね!
そして「できないけどやる」こそ最高だと思うんですよ!
だから僕はMCをぶちかましまくろう、コーラスしようと思ってやったわけですが。。。。!学ぶ事は多かったです!
できないけどやる、がしばらくは自分のポリシーというか、軸になりそうです!


この数ヶ月は本当にめまぐるしくて、感情の置き所を見つけられないでふわふわした気持ちで
いましたけど、ワンマンを終えてみて数日経って、改めて全て必然なことだったな………にやり。
なんというか、やだなって思うことをやだって言わないほうがいいなと思って、我慢するのが優しさだ!とか勘違いしてた日々を超えて
やっぱり嫌なものは嫌だしそれを伝えて壊れるなら壊れたほうがいい。と思えるようになりましたね!

自分の音楽人生に大きな影響を与えた人が4年ぶりに見に来てくれていまして、やっぱり続けることは最強だぜ!
と思いましたし、何も話さずにその人は帰ったのですが、それはそれで最強だぜ!と思いました!

いや〜それにしてもライブ中、江沼がくるりと振り返って自分と目があった時の目のギラつき具合はあの日は半端じゃなくて、
何かビームのようなものが出てるぜ!焼き殺される!と思うほどに脳裏に焼きついています!すごい気合だった!



あの会場にいた人が、何年か経って、今流行ってる音楽が流行らなくなって
ライブにあまり行かなくなって音楽も聴かなくなった時に

ふとした瞬間にサムライのことを思い出して、HPとか見たら普通にライブをやっていて
うわ、まだやってたんだこの人達。。。。とか思ってくれたらいいなぁ。と
思うようになりましたね!まだやってんだ、は完全なる褒め言葉ですから!


会場の装飾は完全なる無償の愛の形だったと思います!素晴らしい!
やるなら中途半端にはやらないぜという感じがぐいぐい出ていました!
入り口で配ったサムライメモリーズも大切にしてほしいと思います!






これにはびっくり!その発想に!



YOUTUBEにあがってた弾き語り動画やライブ動画はその役目を終えたので石井君とのコラボ以外は削除しました!
江沼の歌は最近凄い勢いで良くなっているので、また新作を上げていきたいと思います!

明日は年に一度のサムライ焼肉の会です!今年は早め!




JUGEMテーマ:コラム



 

at 19:21, あおき, 日記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

学園祭に出ます

誕生日を過ぎました!無事に32歳になれた様子!

このホシに!産まれついて!早、32年だぜぇ!YEAH!
今の自分1人作るのに、32年かかってる!ぜぇ!YEAH!

お祝いのコメントたくさんありがとうございました!!私は幸せ者です!
そしてこの借りは音楽で返すぜ!なんて思いましたけど、お祝いの言葉をもらったことは、別に借りではない!
と思いますので自分が音楽をやることは借りを返すことにはならないぜぇ!YEAH!

10月18日(土)に目白大学の学園祭「桐和祭」に出ることが
じんわりと決まりましたので、じんわりブログで報告です!

桐和祭

こちらは弾き語りです!
江沼 拓実(SAMURAI JACK UNIVERSE)です!
15時半くらいからです!結構じっくりやります!
フリ〜ライブです!その前はお笑いライブです!
野外です!

もっと詳細が詳細らしくなってきたらTwitterでも告知するので、
その時はよろしくお願いします!


なんだか日々の中でファンキーさが少し不足してるぜ!と思いました!
それはなぜかというと、クソみたいな習慣のせいだと思います!
無意識にしてしまう決まりきった行動パターンに飽きているのに
そのパターンから抜け出せない状態にすこ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜しだけなっている予感がしてしまったので
それがファンキーじゃねぇぜ!と思うきっかけとなりました!

ではそのファンキーさを取り戻すため(取り戻すという言い方をすると、元々自分にファンキーさが
あったかのような誤解を生みかねないです!そもそも僕はファンキーさを兼ね備えていないので
取り戻すという表現よりは、ゼロからファンキーになる。という意思表示、声明を掲げるのが
適切な表現かと思いますが、それらを超越したうえで、取り戻す。という言葉にします。
だって取り戻せ!のほうが気合が入ると思いませんか? 自分に本当はあった感情を取り戻せ!
あいつを取り戻せ!ですよ!いや。。。今度は元々お前の物じゃねぇだろ!という言葉が浴びせられそうですね!
あいつを取り戻せ!とはなんという傲慢な価値観なのでしょうか!というか、人を物扱いするなし!するなし!とか
言われそうです!(でもそこはするなよ!でよくね!よくね!とも思います。突っ込み&突っ込み返しです!))

なんの話でしたっけ?
え〜とまぁ10月は熱いですよ!!





 

at 18:36, あおき, 日記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

4Bにベースが入ってるのはボーカルの罠

JUGEMテーマ:人生論

 しばしば物事を難しく考えては立ち止まり、考えすぎの頭をどうにか沸騰させてドリップさせては通常の温度に冷ます。という作業をしています。目を背けたくなるようなことは本当に見なくていいことなのか、見ても何も変わらないから見なくてもいい。という選択をできるにはどういう考え方をすればいいのだろう、と悩みます。いやいや、何も変わらない。というのがそもそも間違っていて、きっと何かは変えられます。何も変えられないと思ってる奴には何も変えられないだけです。そう信じている人にだけ変えられるのだから、信じないわけにはいきません。

 自分達には物事を何一つ。何一つ変えられないとして、どうせオレには何も変えられないのさっへへんっ、なんて言う必要あるのか?努力しても無駄なんだよ。とか言う必要がどこにあるんだろう。それを言うことで何かが満足できて、嬉しい気持ちになるのですか!!無力な自分を認めることで、その無力さを、明日を生きる糧にする遠まわしの技なのか。大技だ!

 どうも、青木です。先日しもきたざわモザイクに江沼の弾き語りを見に行きました。映像を撮るためフロア後方にあるはしごを登り、PA席があるところから撮影していた時に、いつか、あの頃に戻りたいなって思う過去があるとしたら今だ。と思いました。それはもう。電光石火の如く、びしびし〜っと感じましたね。

 でもまぁ過去に戻りたいとか、その発想はクソですよ。あの頃はよかったとかいう前に今を良くしろよ。越えられるさ、きっとあの頃を。Yeah。と思いますしね。越えられない壁を作ってるのは自分自身だぜ?とか、人に言われても全く響かないですけど。自分で気付く分にはいいんじゃないでしょうか。

 この日、PA卓を担当していたのは柳さん(推定24歳)という女性なのですが、この柳さんは僕がサムライに入った頃に
モザイクで働き初めて、最初は受付とドリンクをやっていて、いつの間にやらステージの手伝いをやるようになってついに卓に座るまでに成長していたのでした。なんということでしょう。素晴らしい。さらにそういったことを自慢しないスキルを持ち合わせてる、かつ、自分ができる程度のことなんて誰でもできる。とかいう謙虚さは最強ですよ。


 あの〜ところでモテてる人って絶対モテてるって自分で言わないじゃないですか。絶対否定するじゃ〜ないですか!
モテてる人は、モテないよ〜って言うという規則がですね、モテてる人達で作られている、「モテてる人達協会」の
中で決定しているんですよ!まぁ少しはモテるけど。。。みたいに答える人は、モテてない人なので注意です!さきほども述べましたが、モテてた時期を自慢する、遠まわしにさりげなく自慢する人は、モテてる人達協会には入れません!中途半端な人ほど、いや〜オレも色々経験してますよ〜というのを隠さずにはいられなくてそういう部分出してしまいます!これはだめです!モテてる人の、いやモテないよ〜理論を突き詰めると、異性から誘われることはあっても、好きな人からは好かれない!→つまりモテない!という持論ではないかと思います。たしかに好きな人からモテないと意味ないっちゃ〜ないかな!どうかな〜!ないか!意味は。。。あるか!モテるでしょ?っていう質問自体が意味ない気がします!その確認必要?相手がモテるかモテないかは聞いても教えてもらえないから、その人の身の振り方をじっくり拝見して自分で判断するしかないですね!うむ。。。。奴はモテるな!!しかも聞いても否定する系だ!とこのようにです!

 どうせオレなんか、、、みたいな考えをもってる普通の男と、まぁ自分のことかっこいいとか思ってるんだろうな〜という風に見える普通の男がいたら、どうせ〜とかいってる男のほうが謙虚でいい印象を受けるじゃないですか!これをうまく使いこなしてる人は凄いと想い升ね!そんなことないよ。あなたは素敵だよ。という視点から相手側も入っていきやすいですし!私だけはあなたの魅力知ってるから!みたいな視点でもいいですね!若干上からというか、見下すというか、励ます形で、かっこよさを応援することができますよ!

 自分だけが気付いてる相手の魅力を見つけるって素晴らしくないですね!!誰もがかっこいい人、可愛い、と言われてる人よりも、みんなが気付いてないけど、私だけが!気付いてしまった!相手の!良さ!見つけよう!見つけられたら!しっかりと捕まえて!離すな!!

 いや、まぁ話はどうせどうせに戻るのですが!これはどうせって言ってる人の計算なのです。。。。どうせ、、、とは魔法の言葉なのです!!母性本能をくすぐる作戦。。。本当にどうせ、、って思ってるとしても、それは本能からくる計算なのです!!そうして何人もの人を。。。。別にそれはいいです。自分に自信がある人のほうがいいような気はするのですが、なんとこのどうせどうせな人は実は自分に自信がないように見えて、ちゃんと自信があるというタイプなので、結果魅力的な存在になります!最高だぜ!かっこいい!どうせタイプ!

 いや、どうでもいいですけど、バンドマンってなんかどうせ遊んでんだろ?とくにボーカルさんよぉ!みたいに僕も思ってますし、彼氏にしちゃだめな4Bにベースが入ってるのはヴォーカルさんたちの罠だろう!そう思わせることで自分達に批判の矛先を向けないようにするなんて!ずるいぜ!と思いつつ、それは別に自由に遊んでくれたらいいし、僕が様々な事情を知ったかぶって偉そうな顔して語ることじゃないと思うんですけど、しかしですね!サムライを聴いてくれていたりライブに来てくれたりしている人が他のバンドマンに遊ばれていたら、、、、と、、、、想像をしたら、、、、、、それはクソ嫌だ!!ということに!気付いてしまったのです!やめてくれ!それだけは!

 そんなのは当事者が、私ってすごいでしょ、げへげへ、と自慢するために内緒だからね〜つって人に喋ってその人がまた内緒だからね〜つって人に喋って、結局全員知ってるけど、全員知ってることを本人は知らないっていう状態に持ち込まれる以外に、発覚するわけはないので、僕なんかが知れる術はないのですが、知らないところでも現実に起こっていたらそれはクソ嫌だな〜ゲロゲロ〜と思います。え、知らないほうが幸せ論ですか!!でもそれって知った場合と知らない場合とを比較しないとだめなわけで知った時点で知れなかった頃にはもどれないから、「ほうが」とかいって比べるのは不可能ですよ!1回や2回や3回そういった経験をされたくらいで、先輩面するのはやめてください〜!!あなたと同じ年齢の人は100万人以上いるのですよ!!それを知った上で!その数回の経験を盾にするのですか!!!


 なんか、、、人類は。。とか。。。日本人。。。とか。。。。税金。。。とか。。。。法律。。。とか。。歴史とか。。話の矛先を、対象を突然大きくすることで、なんか凄いことを言ってる風にする技はずるいのでやめてほしいですね!代表か?あなたは。。。代表なのか!!なんの。。。代表なんだ。。。いや、、きっと何かの代表になりたいけどなれなかった。。。いやなりたいという願望すらも持てなかった人なんだろう。。。とか思ってしまいます!!でかいこと言うなら青山繁晴さんくらいの説得力がなきゃ〜だめですよ!発してる言葉のパワーが違いますよ!青山さんが言うことはついつい全部信用してしまいたくなりますよ!そんな風に青山さん大好きな人に会いたい!自分の好きなものを偏った視点から、好きな人同士集まって褒めちぎりたいぜ!!




 そんな感じです!途中、「どうせ」を否定したいのか肯定したいのか完全にわからなくなっていることをお詫びします!





 

at 18:36, あおき, 日記

comments(2), trackbacks(0), pookmark