March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

主語は常に自分

 

主語は常に自分であるべきだ。

 

世間は許さないとか、人としてとか、ファンとしてとか

まるで何かの集合体の、代表として物事を語るのはなんだか変だ。

 

自分、個人の意見にするのが怖いから、もしくは一人の意見だと弱すぎるから

バックに大勢を率いて意見をしているのだとしたら

その姿は滑稽だ。滑稽だと思ってみると、その表現をしてる人が笑えてくる。

もしかして笑わせてくれるためにそうやっているのか?

 

 

 

反対意見がある人だけが意見を言い、反対ではない人はあまり意見を言わないとすると

 

意見が出る場では、反対意見ばかりのようになってしまう。

 

だから反対意見を持つ人は、みんなと自分は同じなんだ。みんなが言ってるから自分も言おう。となり

 

仲間意識の元、反対意見を、みんなの声と言わんばかりに言ってくる。

 

しかし、ほとんどの場合、無言の支持者のほうが圧倒的に多い。多すぎて多すぎてどうにもらない現実があり

 

一部の、ほんの一部の一部だけが盛り上がることになる。

 

そんな一部にはなりたくないな、と思う。私としては。私一個人としては。だったらお前が勝手に

 

そうすればいいだけじゃね?と自分で思うのだけど、その通りだ。

 

そんなところで憂さ晴らしをしたくない。 というかそんなことでは、憂さが晴れない。

 

それくらいで憂さが晴れるなんて、羨ましくもある。いや、憂さ晴らしでやってるわけではないのか?

 

もしかしたらやってみたら、私も憂さが晴れるのか?

 

でも、何も反対意見が思い浮かばない。。。。

 

自分が殴られても、謝罪しろ!と言えないのに、人が殴られた時に、謝罪しろ!と言えるのか?と考えたみたけど

 

もしかしたら人が殴られた時のほうが、言えるのかもしれない。

 

不思議だな。

 

 

それは時にポエム的にもし またそれを崩しさえもする

 

考える時間がないことは、幸せなことなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

考える時間がない状態から、時間がある状態になった時に思った。

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

孤独感とむきあうことは大切。

 

 

 

 

 

誰かにと一緒にいると気づけない部分い気づけるだけでなく、

 

 

 

 

自分が何をどう考えていたか、にたどりつくことができる。

 

 

 

だから

 

 

 

 

一人でいる時間は

 

 

 

 

 

とても大切なのだ

 

 

 

 

などとここまで書いておきておもったのは、改行を多く含む文章が自分はあまり好きではないということに気がついてしまったということです。なんなら句読点ですら消したいところなので消してみます そうすると半角スペースで 文字を区切るわけです それはつまり挨拶状のような形になります 年賀状に句読点つけない風習があるのはご存知ですか? つまりそのような形になります 読みにくいのも愛ってわけです なんだかポエム的にするのが好きだった時期が終わったということになります それでも言いたいことは基本的に同じです あぁ考える時間なんてないほうがいいわ なんか逃げたくなる しかし逃げる場所も 逃げたい場所もない ないないずくしなのは それは自分が逃げる必要が全くないから ということを意味しています フラストレーションは何かを表現する時にとても役立ちますので 蓄えられるだけ蓄えてあとで大放出したいと思います

 

今年は東京みるくベイビーズのライブをやりたいと思っていたので やることにしました 4月15日土曜日 池袋手刀です やっぱり大好き池袋 大好き手刀ってわけです 去年の6月からステージに立っていないので興奮します 皆様是非来て下さいね あぁこの告知という行為ってなんて切ないのでしょうか なんだかふとそう思いました 昔は告知告知こくっちーばかりだったのに 今は告知することが何もない でも宣伝ってできればやりたくないけど 宣伝しなきゃ誰もこないだろ? 作品をちゃんと世に送り出すことは作り手として必要なことなのだ とあの西野さんなら言うことでしょう 西野さんのブログの最後にいつもこのブログはステマです 的なことが書かれているのですが オチとしては凄い印象的なものですね 本人も気に入ってるから多様してるでしょうか 

 

人と比べやすくなったからこそ 人と比べないことが大切になってくるなんて皮肉なものですね 石垣島の飲食店で世界に一つだけの花を聞いたことが今でも忘れられない 浜辺にいた時間よりも一番印象的なシーンになってしまった なんてことだ  いや皮肉って言葉を使ってみたかっただけなんですけどね

 

それではまた

石垣島に行きました。

どうも。

 

「ぱいかじ南海作戦」

という映画の舞台が西表島で、その浜辺の景色が素晴らしかったので、行ってきました。

 

羽田空港から石垣島に乗るために前日から羽田空港に泊まって

6:10の飛行機で出発、9:40に石垣島に着きました。国内にしてはなかなか遠いです。

 

石垣空港から港ターミナルまでバスが出ています、30分ほどで随時出ています。

 

10:20頃に港に着いてそこから西表島の船に乗ります。1時間に1本くらい出ています。

 

11時の船に乗って西表島に着いたら今度はレンタカーを借りて、目的の浜辺を目指しました。

 

景色がやばすぎたのと、レンタカーを借りた時点での達成感が凄くて興奮しており

途中何度も降りて、景色を見て、進んで、降りて、景色を見て、を繰り返していました。

ほとんど観光客もいないので、車も人もいません。

 

僕が目指していたのは、南風見田(はえみだ)の浜というところで、港からは15分ほどで着きます。

 

あまりにも誰もいないので不安になりながらも、車道の終点に車を止めて浜まで歩きました。

林道を歩きながら、ハブが出てきたら超怖いぜ。と思っていました。

 

そして、林が終わって、浜辺に出ました。その浜辺の様子は私のインスタグラムをご覧下さい。

2時間くらいその何もない浜辺にたたずんでいました。天気はクソ晴れていたのでクソ暑かったです。

海は衝撃的にキレイでした。トイレも何もないので観光地化されてない部分が何とも素晴らしいです。

 

東京からココまで6時間ほどです。意外と近いですね。全然日帰りできます。

 

浜に別れを告げて由布島に行きました。牛車に15分くらい乗って渡る小さい島です。

ここはモロ観光地という場所です。

観光地によくある勝手に写真を撮られて、買うか買わないかは見てから決めて下さい。

ってやつがありました。島に入ったらすぐその流れになったので逃げられず、

一人で写真を撮られる姿は何とも屈辱的でした。

 

17時に港に戻って、帰りました。17時台で船は終わりです。

ホテルまでは港からバスで5分、歩いて20分の距離だったので歩いて街並みを味わいました。

店からは三味線の音と歌声が聞こえました。やっぱり沖縄にきたら夜は島の物食べながら生ライブでしょ。

と誰かと来てたら思うでしょう、でも一人だったのでまぁ別にいいや。と思ってホテルで寝ました。

 

翌日は早起きして8時の船で小浜島に行きました。

小浜島は西表島に比べれば小さく自転車で全土を巡れる大きさでした。

 

雄大な景色を前にして、自分にとっての一番の贅沢は、こういう島で、ただ何もしないこと、です。

時間を気にせず、ただひたすら島の先端部分に座っていました。

 

昼過ぎくらいからは小雨が降ってきて暗くなってきたので、たそがれモードから一転して、全力で港まで爆走しました。

全力で走りながら、今ここで壮絶にこけて自転車が大破したらかなりやばいぜ。と想像していました。

 

石垣島に戻ってからは、私の満足メーターが振り切ってしまい、なんだか他の島に行く気がなくなったので

港の周りをふらふら歩いて時間をつぶし、夕方頃空港に戻りました。

 

帰りは直行便は取れず、石垣島→那覇空港 那覇空港→羽田空港。でした。

そして羽田空港の到着が遅れて23:50分頃に着いたので終電を逃し、羽田空港にもう1泊しました。

 

翌朝8時から、みるくベイビーズのスタジオ練習が新宿であったので、羽田から直行バスで新宿に行きました。

 

「何もしない」をすることができてよかったです。

そして孤独と向き合ってきました。

 

海ぶどうとかもずくとか、ゴーヤとか食べたいと思っていたのにやはり一人だとお店に

入れませんでした。

これはもう病的なやつです。病気を治すつもりで行ったのに、、、だめだった、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

 

2017年の目標を発表します

 

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 

この「本年」、という部分、「今年」、と、つい口では言ってしまいますけど

本年の方が丁寧っぽい感じになります。

「今年も」という言い方ではどうやらダメみたいです。

このダメみたい。という根拠ですが、とくに調べたわけではないです。

ただ自分の体感で、お?どうやら

なんか丁寧じゃないっぽいぞ? と認識したにすぎません。

しかしネットに仮に載ってたとしてもそれが正しいとは限らないので、自分の体感を信じたいと思います。

 

誰もがネットに記載されてることを信じる世の中だった場合、ネットに載せることができ、検索上位に

表示させることができれば、世の中を何でも自分の自由に変えることができる。ということになります。

 

そんなことをして何のメリットがあるんだ?と思いますが、広告が貼られることが当たり前となった今では

アクセスが多ければ勝ちなので、ガセでも上位にいることができればメリットはあるといえるでしょう。

 

いや、アクセス多くて広告費だけで生活することができて、毎日が日曜日であることが勝ちとは限らないですよね。

それを勝ちと思う人がいそうな感じがするだけで、じゃあそんな生活してみたいわけ?と自分に

問いただして、必ずしも全員が、はい、してみたいです。とは言わないでしょう。

 

そうなんだよ、広告が表示されてからネットの世界はおかしくなったんだよ。

なんていいたくなる人の気持ちはわかりますが、お前と同じ人間の仕業なんだからあきらめろ。

と言ってあげたい今日この頃です。

 

とやかく言いましたが、本年でも今年でも、挨拶ちゃんとしてるんだからよくないかな。と思いますし

実際その通りだと思っています。さらにいえば誰かに指摘されたわけでもないんです。

一体私は何なのでしょう。

 

2016年はいい感じにスマホ離れができていて、インターネットから離れた快適生活を送っているので

2017年はそれをさらに加速させ、いつでもガラケーに戻れるように力をつけていきたいと思います。

 

突然なくなると困るので、なくても楽しく生活できるようなレベルに到達する。それが目標ということになります。

友達との連絡はE-mailを使えばいいので、アドレスを今のうちから集めておくことはマストとなります。

 

マスト、という言葉はとあるイベンターの人がこれみよがしに使っていました。

あぁ、それはマストだね。といったような事を実際に言葉にして使う人がいるのです。

また、それがイベント業界の人だ、という点が、何とも納得できるところだし、あぁ言いそうだよね。

と、共感されそうな事柄ですよね。

 

 

自分にとってどうでもいいことと、どうでもよくないことが何か、しっかり決めておくことが

ぶれないために、必要です。

 

ぶちこわしたい物をぶちこわさずに放置することも大切だと、思うようになりました。

人間は壊すと直したくなる性質があるので、いらないと思った物を壊すとまた欲しくなります。

そうであるなら、いらないと思った物を、そのままどこか、自分の手の届かないくらいの位置、かつ

取ろうと思えばいつでも手に入る距離に放置すれば、欲しくなることはありません。

 

これ、どうですか? これ、すごくないですか? ここまで到達したんですよついに。。。。

 

 

 

あと今年はブログを頑張ろうと思います。

 

でも、ブログを頑張るとか、もっと更新しようと思う

 

とか書いてあるブログって、だいたいその後も更新が遅いんですよね。

 

これは江沼が書いてた頃のブログを見てて思ったことですよ。

 

みなさんの今年の目標は何ですか?

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

2016年の私の気になったニュース。

2016年、私の気になったニュース。


・group_inou 活動休止
・butter butter 解散
・shepherd 解散
・Inside of the door 活動休止
・ROLLICKSOME SCHEME 活動休止
・menoz 活動休止

・ソラミズツキヒ 活動再開

・aquarifa TAKUTO君 脱退

・aquarifa 活動休止を発表
・Suck a Stew Dry フセ君

・Suck a Stew Dry 活動休止

 

・さぬんさん   退職 (高田馬場CLUB PHASE/渋谷乙 ブッキング)
・コンボイさん 退職 (心斎橋fanj 店長)

 

・BOOM BOOM SATELLITES 川島さん 逝去

 

・森本さん 結婚 (下北沢MOSAiC 店長)
・郁弥君   結婚

 

・Lyu:Lyu →CIVILIANに改名後メジャーデビュー
・レベル27 始動
・batta メジャーデビュー

 

・雨のパレードの良さに自分が気付く
・MAGISCENE 年に1回だけライブをやるバンドとしての地位を確立

 

・SAMURAI JACK UNIVERSE 解散


対バンしたことのある身近な人のニュースが多い1年でした。

森本さんは再婚したようです。森本さんのブログはクソ面白いです。
コンボイさんは2月に大阪に行った時、打ち上げした場所がたまたま同じで会ったのが最後となりました。
去年の12月の打ち上げで壮絶にぶつかりあったのが今となっては良い思い出です。

コンボイさんにとっても良い思い出になってることでしょう。

 

サムライのことを昔話として振り返るにはまだちょっと早いようです。まだ、たかだか10ヶ月前ですしね。

でもなんか最近、凄いよく聴いています。そして最高だぜ。と思っています。

 

そんな感じです。

 

 

にっき

11月16日(水) ツキがきてる。 
11月17日(木) それは気のせいだったわけだが。
11月18日(金) 友達は大事。
11月19日(土) 2年ぶりに友達に会った。かつて居心地の良かった場所は今も居心地がいいってわけだ。
11月20日(日) 六本木で二次会とはオシャレだ。 いいよ六本木。最高だよ。やばいよ。
11月21日(月) BABELっていい曲だね。
11月22日(火) サビがいいよね。
11月23日(水) ただひたすらに遊んだ。
11月24日(木) 静かな店を探す
11月25日(金) 静かな店を探す
11月26日(土) 安くて静かな店なんてないよ
11月27日(日) 高くてうるさい店は悲しくなる
11月28日(月) でも一軒め酒場が好きさ
11月29日(火) やっぱり一軒め酒場が好きさ
11月30日(水) インディーズな舞台を見た。刺激的だね。
12月1日(木) 流行ってるというだけで見る気がしない。
12月2日(金) それはそれで流されてるという気もする。
12月3日(土) 流されたっていいじゃない
12月4日(日) 酔っ払うとロクなことにならない。
12月5日(月)  裏アカを見つけてしまって裏アカらしいことをつぶやいていて嬉しくなる
12月6日(火)  裏アカを見つけてしまって裏アカらしいことをつぶやいていて嬉しくなる
12月7日(水) 校閲ガールが終わってしまった。

12月8日(木) 江沼に会ったりなんかした
12月9日(金) 酔っ払うとロクなことにならない。
12月10日(土) 紀里谷さんと握手をして嬉しかった。なんて優しそうな人なのだろうか。信じられん。
12月11日(日) 今年はたくさん握手をした。
12月12日(月) 上がったスピードで下がっていく人達
12月13日(火) 上がったスピードで下がっていく人達
12月14日(水) そこは居心地のいい場所じゃなくてよいのです。
12月15日(木) そこは居心地のいい場所じゃなくてよいのです。

12月16日(金) 卒業してから年月が経つに連れて会う回数が増える場合もあるよ。

12月17日(土) 33歳だと思ったら34歳だった。

12月18日(日) 大山に登ったら意外ときつかった。いやかなりきつかった。
12月19日(月) それにしても見る目がなさすぎる
12月20日(火) 盲目だったで片付く問題でもない。
12月21日(水) でもその時はそれが正しかったはずさ
12月22日(木) マギのライブが見れなかった。

12月23日(金) 自転車が大好き

12月24日(土) ケーキを作った

12月25日(日) サンタはいるんだよ

12月26日(月) 暇人同士の暇のつぶしあいだね

12月27日(火) 求めてない人を求めてみるフリ

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

2016.10/16〜11/15

 

 

 

 

10/16 (日) カードの使いすぎに注意。

10/17 (月) 触ってもそんなに感動はしなかった。

10/18 (火) 地下アイドルの現状を知る。

10/19 (水) 矢吹のギャンブル癖が進行してる。

10/20 (木) 矢吹のギャンブル癖が悪化してる。

10/21 (金) 矢吹のギャンブル癖が悪化してる。

10/22 (土) 仮装するべきじゃない場所で仮装をしたら例えハロウィンが浸透していたとしても浮く。

10/23 (日) 仮装するべきじゃない場所で仮装をしたら例えハロウィンが浸透していたとしても浮く。

10/24 (月) 車検って高すぎるよね。

10/25 (火) 六本木がまぶしい。

10/26 (水) 映画を見た

10/27 (木) 映画を見た

10/28 (金) 映画を見た

10/29 (土) 庭に木を埋めた。

10/30 (日) 母校のパーティーで副学長と理解しあった。

10/31 (月) 中村文則ブーム到来(3度目)

 

11/1 (火) 虐げられると燃えるだろ?

11/2 (水) 何笑ってんの?と言われるとびびる。

11/3 (木) 確かにニヤニヤしている。

11/4 (金) 飼ってた金魚が死んだ。

11/5 (土) KNOTFESでHOOBASTANKに感動すると思ったらRIZEに感動した。

11/6 (日) 昨日の影響で静かな音楽が聞きたくなる。

11/7 (月) そしてたどり着いた手嶌葵。

11/8 (火) そしてたどり着いた手嶌葵。

11/9 (水) 階段を走って登った。

11/10 (木) エスカレーターで歩くなら階段使えばいいじゃない。

11/11 (金) チンポムの展覧会が終わってたことに気づく。

11/12 (土) ドンガンボンはアートだ。

11/13 (日) やっときのこ帝国の新譜を聞いた。

11/14 (月) サムライの雑務がまだ残ってた。

11/15 (火) 男の生き様を見た。プロレスは男のロマン。

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

勘違いと思い込み

 

新代田FEVERで aquarifaとthe quiet roomとSuck a Stew Dryを見た。

正式名称で書くとなんだかエゴサーチを狙ってるみたいになる。

逆にエゴサーチを避けて一文字変えたりする人がたまにいるけど、

避けつつも、ホントはそれでも見つけ出してほしいんじゃないか?と思ったりする。

ずっと見たいと思ってたpollyは間に合わなかった。

 

aquarifaは激しい勢いでぶちかますライブをやっていた時期を越えて

激しさを持ちつつ、しっとりと歌を聞かして終わる流れを意識的に作るようになっていた。

MCの時の空気感が、江沼が作り出す雰囲気にちょっと似てると思った。

ずっと買おうと思って買えてなかった会場限定シングルをついにさぬんさんから買った。

何故かさぬんさんは関西にいるんじゃないか?と思い込んでいたので、会えて嬉しかった。

 

見たのは2回目のクワルー、屋外で見たい感じの晴れやかさだった。

なんだかライブに風格を感じた。軽快な曲の中にあるずっしり感。コビキ君の手数の多さが気持ち良かった。

 

サックでフセ君を見るのは今日が最後か。と思いながら見ていたけど、クアトロで追加ワンマンをやるらしい。

例えソールドしなかったとしても、それは見たい人が全員見れてるということだから、イイ事だよな、と思った。

この日はヒットパレートを外した選曲だったように感じた、そのセットリストが良かった。

EASTで見たワンマンよりも数倍良いライブだったから。ライブ後にメンバーにそう伝えた。

何が理由かよくわからないけど、隙のない完成度の高いライブだった気がした。

いいライブだったためになんだかニヤニヤしながらライブを見ていた。

(ライブ中横にいる人間がニヤニヤしていたらなんだか気持ち悪いと思うが、

マスクをしていたのでそれはきっと大丈夫だっただろう。)

それにしても篠村君のMCが冴えていた。言ってる事は普通でも、その前に一言付け加えるだけで

こうも印象が変わるのか。と思った。

 

近頃はライブが終わると秒速で誰とも話さずに帰っていたけど、昨日はだらだらと残って飲んでいた。

結局のところライブの日はすぐに帰らないほうが楽しい。

友達と終電まで飲んで帰って、楽しい1日だった。

しかし帰りの電車でトイレに死ぬほど行きたくなって、でも終電に乗ってるから降りたら死亡だったので

死ぬほど我慢をした。あんなにトイレを我慢したことは今までにない。

(あんまり我慢したら膀胱炎になるらしいぜ?と心の中で何度もつぶやいていた。)

(そして1時半頃に帰ったために、今日は寝坊をし、おにぎりを食べながら駅まで走る、という偉業を成し遂げたのであった。)

 

クアトロでは空想少女リリーが聞けたらいいな。

 

 

やる側はたくさんあるライブの内の1回だけど、見る側は年に1回見るか見ないかのライブだったり

するから、1回のライブにはどれだけ命を懸けても足りないんだろうな、と思う。

 

フロアに、顔は見たことあるけど、名前が思い出せない人が何人かいた。

「あの〜なんだか顔見たことあるんですけど、誰でしたっけ?」とは聞かなかった。

 

 

 

どうせ勘違いするなら、

嫌われてると思い込むより、好かれてると思い込んで、勘違いしたいな、とか思った。

 

そしてお前が思ってるほど、誰もそんなにお前を気にしてない。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

秋はこんなにも切ない!

 

いや〜、なんだかギリギリのところで生きてますけども!

ほんとにギリギリすぎて危ないですよ!

布団を頭までかぶって寝ると苦しくて起きますよ!

 

傷つけられたことは忘れてしまうのに、逆は何故こんなにも覚えてるのでしょうね!

自分を嫌いでい続けるためでしょうか!

 

秋はこんなにも切ない!

 

なんだかもう、お腹いっぱいです!

 

 

 

 

希望

 

夢はでかいほうがいい。

 

目標は遠いほうがいい。

 

全然、手の届かないくらいがいい。

 

と、ある人に会って思った。

 

目指すなら、一番遠い場所がいいよな。

 

<<back|<123456>|next>>
pagetop