May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ガチャってやつ

 

スマホゲームをちょっとやってみたけど、あのガチャってやつはホントつまらない。

運試しが好きな人間の本能を直撃してる感じがもうなんか腹立つ。

レアとか、スーパーレアとか。

もう作り手側の手の上で転がされてる感じがする。

無料でゲームをやろうとするのがアホなんだろうと思って、

お金を払ってアプリを購入してみたんだけど、少しはマシだった。少しは。

課金はしたくないけど、最初にお金払うのはオッケーな我々にとっては、

無料アプリで10,000円使うことはできないけど10,000円のアプリを買うことはできると思う。

我々って誰だろう?

 

一人の意見をまるで大勢の意見のように言ってみただけで、説得力が増すなんてそんなのまやかしだ。

 

大事なのは何人が言ってるかというよりも、誰がそれを言ってるか。だ。

質より量、という考え方じゃだめなんだ。

 

納得いかないことが多い。そう思ってるうちは大丈夫なんだとは思う。

こいつクソだな、と思うことも多い。そう思ってるうちは大丈夫なんだとは思う。

 

時間が過ぎることは死が近づくことでもある。

死ぬ前に行っておきたい場所がいくつかある。

やっぱり受け身はつまらない。

 

 

 

つまらないで始まり、つまらないで終わった。

 

 

 

ノルマ

いや〜それにしても最近どうですか。

何があっても何がなくても、日々というものは進んでいきますね。

 

みるくベイビーズの先日のライブはお客さんが5人でした。

すごい光景でしたよ。

なぜこうなったのか?

 

・我々の呼んだお客さんが5人だった。

・対バンの人達が客席に一人もいなかった。

 

まさにこれです。

 

ちなみに

 

・我々は他のバンドも全部見た。

 

対バン見ないって全然悪いことじゃないですよ。よくあることですよ。

顔合わせで、なるべく対バンを見ましょう。とかスタッフに言われる時ありますけど、言われて見るのもなんだか悲しいですよ。

いや顔合わせもなかったですけどね。それもいつも通りです。

通常ブッキングならなおさらですよね。対バンと交流したくない系バンドも多いですから。

 

久々にブッキングライブに出演して、思い出しましたよ。こういう苦しみを。

バンドマンあるあるを。

ノルマだけ払う日々を。

夢に向かって歩む道を。

そしてぶつかりあうバンドメンバー。

反省会につぐ反省会。

 

しかも残念なのが、その時の我々のライブがマジ最高だったんですよ!

たくさんの人に見てもらえても間違いなく満足いただけるライブをやっていたんですけどね!

100人の前でやってダメなら落ち込むことができますけど、これは落ち込むに落ち込めない結果だぜ!

 

しかしさーその日6バンドも出たのに、

対バンの人が全員自分の番の時だけやってきて、終わったら会場から消えるって

マジですごい現象!そんな場に立ち会えてよかった!

 

そんな感じで6/17(土)にも池袋手刀でライブがありますのでこのブログを読んだ方は

全員今入ってる予定を空けて来て下さいね!

 

 

2017/06/17(土) 池袋手刀

【中出し少年、ぴんく和尚性誕祭 『COUNTDOWN TO FORTY 〜初老へのカウントダウン〜』】
【出演】
中出し少年
バカバッカス
アミラーゼ
きゅーぴっつ
東京みるくベイビーズ

OPEN __:__ START __:__
前売り 2,000円/当日 2,200円

 

 

 

秋葉原の道に立っていた女性との会話

秋葉原のメインの通りから一本入ったところに、コスプレの格好をしたり、メイドの格好をしたり、制服を着ている女子たちが、

並んで呼び込みをしている場所があります。
何度かその道を通ったことはありますが、風俗に行く勇気もない僕は、
メイドカフェに行く勇気すらも持ち合わせていないので、いつもそこは元気良く素通り。をしていました。

そんな時に、一人の女性が僕達の懐に飛び込んできました。

「ガールズバーなんですけど、どうですか?JKと話ができますよ!」

 

秋葉原に友達の落武者君と行ってきた時の話です。

落武者君が、「甲冑が欲しい、そして甲冑の試着がしたい。」と言うので、

試着に付き合った帰りのことでした。(試着だけのつもりが勢いで20万円の甲冑を買ってしまい、
落武者君はクレジットカードを持っていないため、現金をATMで降ろして払っていました。)

 

秋葉原で制服を着た呼び込みの方達はメイドカフェ的な何かではなく、ガールズバーだったようでした。

「健全なお店なんですよ!怪しいことはなくて、お店で話すだけです!30分 5,000円です!」

話をするだけで5、000円なのか。。。と思っていたところ、
一緒にいた落武者君が、

「本物の女子高生なんですか?何歳ですか?」と

食い気味に質問していました。

「今年18歳になる17歳の現役女子高生です。JKブランドですよ!どうですか?」

と答えていました。

いや、、、どう見ても現役ではないだろ、、、と心で思っていたら、隣にいた落武者君が

「現役なの!すごい大人っぽく見えるね!すげぇ!」と

心から信用している様子で言ってました。

「ホントですかー?嬉しい〜!」とその女性は答えていました。

どう見ても女子高生には見えませんでしたけど、こういう嘘は信じるもんじゃないですか!
お互いに嘘を言い合って楽しむ世界だと思いますしね!!

 

「頭良さそうですね!」とか、「話聞かせて下さい!」とか

なんか色々その子は言ってくれたんですけど
そういうのも、
あ、俺にだけ言ってくれてるんだ。。。
この子本当に俺のこと気に入ってくれたのかも?
って男に思わせる手じゃないですか。

そういうところを疑う自分ってホントつまらない人間だと思いますし、こういう道楽に向いてないなと思うわけですけど!
そもそも向き不向きとかそういう問題じゃないとは思うんですけど!
言われたお世辞を心から信じることが楽しむコツだとはわかっているんですけど!

その子はJKブランドがどうのこうのと、ずっと言っていたので、

「いや、君が女子大生になったらそれはそれで価値があるし、卒業してもフリーターになっても
君の価値が失われることはないよ。」

と本気の顔で言ってみたところ、

「お兄さん優しい!東京の人ですか?東京の人って優しくない人が多いから珍しいです!」と言っていました。

あ〜これ何を言っても褒めてくれるパターンのやつか〜
最高に気持ちいいな〜とか思いつつ、立ち話でしているうちに、
なんだか段々とお金を払わないと悪いんじゃないか。。。という気持ちになってきて
この人にお金を払うことで応援したい。。。暑い路上から涼しい店内に移動させてあげたいという気持ちになってきました。(この時は夏でした)

そんな思いを抱えながら、

「そうやって激しく誘われると、断るのが悪いような気になってくるね〜すごいね〜」と言いました、すると

「30分5,000円のところ4,000円でいいですよ! 25分で3,000円でもいいです!」と

色々と割引を言ってきて、金額が混乱してきました。
混乱してきて思考停止してきたので

「いや、金額はもう訳わからないからどうでもいいよ!もうこの会話が楽しかったからそれに対してお金を払わせてくれ!」

と僕は言いました。

店に行くのは嫌でしたが、この人の営業トークを聴けたことに対価を支払いたい気持ちになっていたので

直接現金を払おうとしたのです。立ち話だけで○千円払ってもいいという気持ちになっていました。暑さのせいです。

しかしその女性は、

「直接現金はもらえないです!ちゃんとサービスをしたあとじゃないと受け取れません!」と言ってきました。

「たしかに路上で財布を出して、突然現金を出して渡すのはできないかもしれない! しかし、何か方法はないの?」と僕は食い下がりました。

そんなに払いたいなら、店に行けばいいだろって話です。
しつこく払う方法を聞きましたが、それは絶対に無理なようで、その払わせてくれ!という話をしたら相手はあきらめて営業トークがおさまってきて

「顔覚えてるんで、絶対次はお店来てくださいよ!」と言ってきて、笑顔でさよならをしました。


呼び込みに誘われて店に行く男性の姿を何度もこの日は見ましたけど、

よく制服着た人と一緒に歩けるな。。。と思いましたし、その勇気があるなら現実世界の女性も誘えるのでは。。。と

思いました。。

秋葉原には二次元があり、三次元もあり、真っ黒いトビラの向こうには四次元が待っている。
そう感じた1日でした。

 

 


買った甲冑はこちら。

 

:落武者君

 

 

JUGEMテーマ:コラム

 

 


 

東京みるくベイビーズ

 

東京みるくベイビーズ、元気に活動してますよ!

 

 

なんとベースのバッドコンディション重森が落武者に改名しました!

真ん中にいるのがそれです!これはどうみても落武者ですねー!

 

みんなでチアダンスをしました!

僕達、踊るの大好きなんです!楽器を持たないでスタジオに入って鏡の前で練習するのは刺激的でしたよ!

 

 

 

 

下のはNG集的なやつです。みんなで同じ動きをするのは難しい!

まだまだやりたい事たくさんあるので、一つずつ実行に移していこうと思います!

 

そしてネクストライブは4/15に池袋であるのですが、出演時間がわかったらまたココに書きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイキャスをやってみた結果

いやー!

スマホからガラホとかいう名前の携帯的な物体に変えようとしてる僕がね!

ツイキャスやってみましたけどね、正直いってクソ楽しかったような感じでしたよ。

2月の頭からなんとなく、俺、、、2/28にツイキャスやるんじゃね?これやる感じじゃね?

という悪寒に包まれていたのですけど、やっぱり土壇場でやらなそうだなこれ!と思っていて、

告知してやらなかったら申し訳ないから、やります!という宣伝は何もしなかったですけど、

というか、たまたま見れた人の前だけでやればよくね?といういきなり解散したバンドならありがちの理由から、突如ツイキャスをやりました。

当日の20時くらいになったらふつふつとやりたい欲が出てきたんですよねー!

 

暖かい視聴者様に傍観していただきながら、過去をふりかえりました。自分で言いながら思いましたけど、

振り返ることで進める未来がありますよねきっと!

しっかり振り返ることもたまには、というか1年に1度くらいは自分に許してもいいのだと思いましたね!

また1年後に今日見てくれた人がホントに来てくれるか楽しみですよ!1人でもいる限りはやる意味はありますからね!

やはり1人でも100人でも1000人でもやることは同じですから!1人もいなくても、やる意味はあるんですけどね。

 

何の重荷にもなってないですけど、やったことで何から吹っ切れたような爽快感はあります!

1年前の2月はまだやってたんだな、と思うとなんか最近な気がしてきますね。

 

来年は流行にのってツイキャスじゃなくてLINE LIVEにしようかな!

あれはやばいですよ!LINEが来たかのように開始の通知が飛んでいきますから!

 

ではまた!

 

 

 

 

 

時間泥棒は色んなところにいるよ

お金はないけど、時間はあるとかさ!

時間はないけど、お金はあるってのはわかる!

でも、時間はないしお金もない。ってどんな状態だ?借金返済中かな?

学生なんじゃない?ってそれはズルだよ!全年代を網羅しようとする中身が薄くなるから!

何の中身の話かは不明!

時間もあるしお金もあるが一番幸せ、とか思ってるのは間違いだよね!言うまでもない!

理由は自分で考えてくれ!

学生といえば、4歳から22歳まで学生でい続けることを考えるとマジで長いし、22歳から65歳まで社会人として

働き続けると思ったらその方が異常なので、無職状態が少しでもあったり、肩書きが何もない時間って素晴らしいなって

思うわけですよ!しかし実際のところ65歳じゃ足りないでしょう!体が動かなくなるまで働きたいぜ!

いやいや0歳から保育園行ってる人はもっと長いぜってそんなのわざわざフォローしないから自分で脳内変換してうまくやってくれ!全年代を網羅しようとする中身が薄くなるから!

何の中身の話かは不明!揚げ足餅太郎め!

 

時間泥棒に時間を奪われてる場合じゃないよ!

1日を振り返ってちょっと考えてみてほしい!一体なにに時間を奪われているのか?奪われてないのに奪われてる気になってるのか?スマホを破壊すればホントに済む問題なのだろうか!

しかし自ら時間を奪われにいってる人が多いとは思うね!

関連ニュースをひたすら見てる人なんかは、ただ時間をつぶしたい(もしくは自分より不幸な人を見つけたい)だけだと

思うから、そんな人に時間を無駄にするな!と言ってもおかしな話だよ!

 

人の動向を気にしてる暇があったらって言うけど、

その時間がなくなったら完全にやることがなくなる人なのかもしれない!

受け手で居続けてたほうが楽に決まっているしね!傍観者でいたいのはみんなそうさ!

 

いやしかし、100億総表現者状態にはなってる状態にの中でも出てくる人のクオリティたるや相当なもんですよ!

100億じゃなくて1億ですか?でもパっと見はどっちも変わらないです!

みんな表現したいんだな!でも表現したいというのと、評価されたい(いいね)されたい願望というのは

果たして同じなのだろうか!同じか?表現してさらに評価されたいと思うのは当たり前ではある!

誰にも認められなかった人が、「別に認められたくてやってるわけじゃないし」とふてくされるよりは

その理由は健全なのかもしれない!なぜこんなにも人は人から評価されたいのか!

これが潜在的な願望だなんて、よくそこに気付いたもんだ!

 

あるバンドを外されたドラマーが、「俺は表現者だから売れたがってるボーカルと考えが合わなかった。」と言ってたけど、

それを聞いた時に、表現者ってなんてかっこいいんだ!と思えるほどの思考力を自分は持ち合わせていなかったぜ!

 

スマホを捨てたいガラケーが欲しい!ということで電気屋さんに話を聞きに行ったらその店員さんの態度が自分とあわなすぎて

全然話が聞けなかった!え、あの売る気ないんですか?と思わず聞いてしまったぜ!そしてガラケーじゃなくて

ガラホと今は呼ぶらしい!だせぇ!極めつけにだせぇな!違うんだ!安くしたいから変えるわけじゃないんだ!

スマホを持っていたくないけど電話は必要と思うから変えるだけなのだよ!

写真はデジカメで撮って、目覚ましは目覚まし時計、スケジュールはスケジュール帳を買ったから大丈夫さ!

ビデオはビデオカメラで撮るし!

そして自分の時間(奪われてもいない)を取り戻すんだ!

 

 

 

電話をかける遊び

記憶がなくなるほど飲んだ。

どうやって帰ったのか覚えていない。

飲みの席で、懐かしい人に電話をかけるという最悪な遊びをしていた。

自分が電話をかけられる側だったらむかつくだろうな。

こういう時に優しく対応してくれる人ってホントに心の優しい人だね。

でも誰とどんな会話をしたのか覚えてないんだな。

これで何も待つものはなくなった

まさかそんな事が起こるなんて。いや、でもどこかで予期していたかな?

そしてそんな衝撃的でもないんじゃないかな。実際それが起きると、何とも思わないものだな。

時間がそうさせてるのかもしれないし、興味がなくなっているからかもしれないぞ。

でもその時が正気だったような気はしないから、今のリアクションのほうが正気に近いとは思うな。

そして思惑通りに事が進んでるようにみえる。心情が手に取るように透けてみえる。隙を意図的にみせるとすぐにそこをつかれる。

反応はだいたい誰も同じ。つまらないほどに同じ反応をする。同じように展開していく。ただそれを繰り返していくだけだから飽きたのかな。

これで何も待つものはなくなった。何も待つものがない。それはきっといいことだな。そう思いたいという願望か?いや、きっとそうじゃない。

見る角度を変えれば白にも黒にもなる。でもきっと白かったんだと信じたい。しかし黒でもよかったと思う。さらにいえば未来が黒でもいい。

その話をしているその瞬間だけが、白っぽい雰囲気ならそれでもう成立する。

だいたいはまやかしで、実態がない。頭の中だけで誇張されて誇大化していく。それに気付いてしまったんだな。

手に入らない物を欲しがって、手に入った物に興味を示さないのは誰しも同じ。

興味ないのに興味ある風に無意識に演じてしまう。目の前を通り過ぎていくだけで手を伸ばす気になれない。

昔の気持ちに戻れないことをせめて成長を呼ばせてほしい。何も変わってないんじゃあんまりだ。

変わっていく周りと変わらない自分??変わる自分と変わらないのは、一体なんだ? ただ息を吸って吐いて。それで満足だった頃なんて

一度もないじゃないか。

 

ただ、朝日を浴びてる時間だけは、何か、から解き放たれてはいる。

 

暇だから人の不幸で笑いたい人間

みんなスマホしか見てないから気付かれないだろうと思って

もの凄いでかいダンボールを持ってこの前、電車に乗ったんですけど

やっぱり気付かれませんでした!

スマホがなかったら、こんなでかい物を持って電車に乗ってくるんじゃねーよクソが!という

顔をする人が1人くらいはいたと思うので、こればっかりはスマホ時代の恩恵といえます!

もし全裸でも誰も気付かないんじゃないか!と頭によぎるほどでしたね!

ところでドアの脇の角に立ってる人ってほぼ100%、角を背中にしながら

ちょっと傾きながらスマホを見る。という姿勢をとってますね!

まるでそうしなきゃいけない決まりがあるみたいに!

電波が今日も私たちを今日も包んでいる!wifiが見えたらどんな感じだろう!

それにしても病的なほどにスマホを操ってる人を見るのが苦手なんですけど、

そんな人間はもうね、電車に乗れないですよ!
どうしたら気にしなくてすむかを考えたんですけど、

自分もスマホに没頭する以外に方法はなかったですよ!ミイラ取りがミイラになるとはこのことだよ!

 

ニュースを何も意識せずに適当に見てると、誰かの失態や失言とか、

してはいけないことをしてしまった人を暴くようなニュースをやり始めるじゃないですか。

そんな映像を見てる自分が、とてもアホみたいに感じるようになったんですね!

え、すでにみんなそう思いながらも見てるんですか?

こんなの見てるなんてどれだけ自分は暇なんだ?

暇だから人の不幸で笑いたい人間なのか?

いや別に暇だから見てるわけじゃないけど?

誰かの悪事はみんなで共有する必要があるのであるから共有しているのだ!ということなのか!

他にも同じような人が出ないように予防ですか!第三者委員会を設立されると安心するんですかね!

なんで第三者が誰かもわからないのに安心できるんだろう!そもそも第三者とは!

いやわかったところでその人が信頼に値する人間なのかを誰か判断するのか!

だいたいの何となくの肩書きのイメージだけで判断するのだとしたらその発想のほうがよっぽど怖い。

いや、よっぽどっていうのはこういう場合、だいたい大袈裟な比較ですよ!何がよっぽどだよ!と言っておく!

ホントによっぽどですか!それ、ほんと〜によっぽどですか!安易なよっぽどではありませんか?

適正、適正、ってそんなものはないのだと早く理解したい!

気にしてて楽しい人は気にすればいいんですけど、楽しくない気持ちになるとわかっていながらも

ついつい見てしまう人っていると思うんですけど、そういう人に朗報ですよ!

ツイッターからニュースボタンが消えましたね!僕は嬉しかったです!

いやいや嫌なら別にニュースボタンあっても押さなきゃよくね?って言われたらそのとおりです!

 

お前は人を笑えるほどの人間なのか?という点で考えると、笑えるほどの人間な人は、人を笑ったりしないので

笑えるほどの人間じゃない人だけが、笑ってるということになります!

 

みんなと一緒が好きのか嫌いなのかどっちかハッキリするんだ!

この部分だけはわが道を貫き、この部分だけはみんなが言ってるから言う!みなと同じことを言う!

友達ももちろん同じ意見!みんなで同じ方向向いて私たちは通じ合ってる仲間!という状態が

いかに気持ちの良い状態で、それによってどれだけ上機嫌になれるか知らないですけど、群れるのが嫌いな人達が

集まって群れをなしてるという感じはしますね!!

 

 

ちなみに「暇だから人の不幸で笑いたくってしょうがないんだろう」

というフレーズはB'zの「F・E・A・R」の一部です!名曲!

 

 

JUGEMテーマ:コラム

日活ロマンポルノを観たよ

新宿武蔵野館の場所がわからなくて新宿の街をマジで爆走しましたよ!

18禁の映画って初めてみたぜ!「牝猫たち」 に続いて、「ANTIPORNOを」見てきました!

「新宿スワン2」を観たばかりなので連続的園子温監督映画鑑賞です!

こりゃ〜大したロマンポルノだぜ!はぁはぁ。

 

18禁の映画っていう呼び方はちょっと違いますかね!正しくは【R18+】と表記するらしいですけどこれってなんて読むの?

いやここはあえてX指定と呼ぼう!中学生の頃、セガサターンの「ブルーシード」というゲームに【18歳以上推奨】という

マークがあってコレ自分は買っていいのか?レジで止められるんじゃないのか?どうしよう!怖い!

うわー!買えた!ハッピー!ってなったのを思い出したぜ!

ちなみにR18+は18歳は見れます!

この映画が18歳は見てもいいなんて日本最高!ぜひ10代に見てほしい映画だ!

年齢確認されても恥ずかしくないよ!

 

日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクトのおかげで日活ロマンポルノを見るきっかけになりました!

なんて素晴らしい企画でしょうか!

女性のお客さんもホントに多くて、「牝猫たち」の時は左右を年下の女性客に挟まれつつ、

10分に1回訪れる濡れ場のシーンを見ていたので、ハラハラしながらここはこの世の果てか!という感を味わいましたよね!童貞かよ!

 

主演の冨手麻妙さんは「みんなエスパーだよ!」にも出ていてので自分的には見たばっかりでしたが、その時は全く違う表情をしていましたよ本人とわからないほどに!

ストーリーどうのこうのよりも、演技が凄い!人間はここまで演技できるのかというレベルで凄い。

いや、これこそが演技なのではないか?これが真の役者なのではないか?きっとそうだ!

そしてここまで表現って自由だったっけ?何してもいいんだね!やっちゃだめなことは何もない!

自主規制はあくまでも自主なのだから、自分で考えばいい!と思わされましたよ!

園監督の著書「受け入れない」で、自主規制だらけのもやもやモラルについて書いていましたけど、そこで

書いてあった主張が、少なからず映像で表現されていたと!思います!

ひそひそ星を作っちゃう監督がANTIPORNOも作っちゃうのだから、毎回作風を変えることが

いや、作風は全然変わってるんだけど、どう考えても園子温映画に仕上がってるってところがもう最高ですね!

 

それにしても園監督のツイッターって本人だったんですね!やめるまでずっとなりすましだと思っていました!

今でもちょっと思ってますけど!

 

「息が苦しくなるほどに跳ぶ」の舞台で見たばかりだった井端珠里さんの演技が「牝猫たち」で見れたのは、

たまらなかったんですよ!舞台で気になってからの映画、っていう流れは自分的には珍しかったですよ!

甘えた声を出させたらナンバーワンだぜ!と思いましたね!ぶりっことはまた違うんですよ!

とにかく脱ぎまくる映画ですけど、後半になってもそれに慣れないのが素晴らしい!

シリアスな内容なのにコメディー風にも仕上がっている不思議!

ベビーシッターに子供を預けるシーンはなんだか心にきた!

 

見てる途中、隣の人の息が大きくなったので、寝てるのか?寝てるのか?いや、起きてるっぽ、、いややっぱり寝てるか?

という感じで気が散ってしまった自分の集中力のなさに落胆しました!

毎週水曜日は1000円なので客席は満席なのです!

一般料金1800円との800円の差で、ゆっくり広々と見るか、満員で気が散りながら見るのかというわけですが、

気が散り安い人は1800円の日に行ったほうがいいですね!

気が散らない人は水曜日でオッケー!

 

春にかけてはマイク・タイソンが助演の「イップマン 継承」が楽しみです!

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:映画

12345>|next>>
pagetop