<< 捨てたと思ったら捨ててなかったものを改めて捨てた | main | ツイキャス >>

一段飛ばして飛び越えた階段は、すべり台を使って降りる

面白いことをやろうとする人の足を引っ張る人がいる。

他人の足を引っ張る人で成功してる人はいない。成功してないなら、他人の足を引っ張りたいと思っていても不思議じゃないだろ?

むしろ邪魔したいと思う気持ちは共感する。

他人を殴ることはできるけど、まさか自分が殴られると思ってない。善意の塊か?世界でただ1人の善人なのかもしかして?

その善人のおかげで面白そうな事がまた一つ消えるよ。誰にもありがとうって言われない善人よ。

小人病の人の仕事を奪うだけの善人様には頭が上がらないよ。

 

一度得た物を手放すのが怖いから、手に入れた物は少しずつ減らしていくことになるのだけどね、

100を段々と10に近づけていくより、100を一度マイナスまでもっていって、

そこから500にする考え方のほうを選びたいものだね。だって失敗はたくさんしたほうがイイって言うんでしょ?それには賛成なんでしょ。

みんながいくらでも失敗しようぜって考え方したら、誰もが素晴らしい人生を送ってしまうから、

浸透しないように誰かが足を引っ張ってるんだろう。

 

 

at 18:21, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 18:21, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://bluewoodaoki.jugem.jp/trackback/602