<< 〇〇として | main | クガツハズカム IS BACK >>

あのバンドを見た後でもビールはおいしいよ

全然好きじゃない音楽を、もっとよく知ろうと思ってライブ見に行ったんですよ。

渋谷〇〇○に。

渋谷〇〇〇でライブやるってたいしたもんじゃないですか。僕の中ではそういう認識がありまして、

サムライでたどり着いてない場所っことは、最低でも僕の全力の本気よりも全力で音を出しているバンドのはずなので、

ある意味ではお墨付き的なことになるじゃないですか。そこでライブをやるという時点でまぁそうなるじゃないですか。

そんな期待を胸におおよそ4,000円くらいの金額を払って中に入りました。

 

入ったら、いつもの「そこ」とは明らかに違う雰囲気が流れておりました。

なんか会場が知り合いだらけなんですよ。いや僕の知り合いじゃないですよ。僕はライブハウスに知ってる人なんかいないんでね。

〇こかさんくらいしか、佐〇千亜妃さんくらいしか僕知り合い認定してないじゃないですか?まぁむこうに知り合い認定されてないんですけど(涙)。

いやそれは冗談としてですね、知り合いの話に戻りますが、要するに、いやいやいわなくてもわかるでしょう。言いたいことが。

お客様同士が知り合いばかりなんですよ。いやもっとハッキリ言うと関係者多すぎじゃね?ってことなんですよ。

自分的に見たことも感じたこともない人が、なんか有名な人らしかったりするんですよ。うわぁこの人オーラあるわぁなんて思ったりもしてその様子を見てたんですけど、なんかそういう雰囲気を、内輪受けのノリとして認定する人っているじゃないですか?

自分が入り込めない輪を見つけると、とりあえず毛嫌いするみたいな。それ僕のことなんですけど、とりあえずうわ〜なんか内輪ノリだわ〜無理だわ〜ってことで

ロビーには入れない感じだったので、一蹴してライブハウスの中に入ってみたら、なんかスカスカなんですよ。

ロビーに結構人がいるのに、ライブが行われてる中がスカスカってこれ、もろあるあるじゃないですか? 知り合い呼びすぎじゃいましたバンドの典型じゃないですか。でもこれってほとんどのバンドがやることなんで一概に批判はできないですし必要なことだと思うんですよ。ただ俺はやらなかったけどな!ってことを言いたいだけなんですよ。最後のライブですら、お世話になった人達をも裏切って解散するバンドがサムライじゃないですか?

仁義を通さないクソバンドの代表じゃないですか?でもそれが自分たちの真実だったんだからしょうがないんですよ。

そして仁義を通してないと、ホントは思ってなくて自分たちなりに筋は通ってるんで誰かにどうのこうのいわれてもただ困るしかないですよ。

あなたの筋の通し方と違かっただけなんですね!その人にいまだに恨んでます、とかいわれますけど、知らねーよそんなのって感じじゃないですか。

それくらいバンドって自分勝手なものだと思うんですね。

 

人脈が、どうのこうのって話がロビーにいると飛び交ってるんですよ。人脈ない人って、人脈ある人のこととりあえず嫌うじゃないですか?

まぁそれ僕のことなんですけど。なんかライブに疲れてきたのでロビーに座って関係者達の様子を見るでなく見てたんですけど、

初対面の人などは名刺交換をしておりましたね。ライブハウスの店長とイベンターとなんか謎の女性が仲介に立っておりまして、

明日〇〇さんと飲み会あるけど来る? 行きたいですぅ〜。という会話をしてまして。なんだかんだ話してるうちにライブが終わって

「あっ終わっちゃいましたね。。。」と言ってフロアの中に入ってきました。終わったら入るのかよ!

とまぁこんな感じで、楽しい1日でしたね。

これは僕もそうだったんですけど、誰かと話してるとその姿を他人に見られてる、何なら話も聞かれてるということになかなか気づけないですよね。

しかし!見られているのです!

 

 

 

去年の渋谷ラママでの1枚。手前から2人目が僕です。一番手前はシマナガシ矢吹なんですけど、髪型が最高じゃないですか?

手に持ってるのはティッシュがたくさん入ってるゴミ袋です。唐突にすみません。

 

 

 

今日のブログのタイトル「あのバンドを見た後でもビールはおいしいよ」、というのは、

上に記載されてる日のフロアの中で、バンドの転換中に僕の前にいた女性が言っていた一言です。

心に刺さりました。

 

 

 

 

at 17:12, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 17:12, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://bluewoodaoki.jugem.jp/trackback/598