<< ステージから見える景色は目に焼き付かないからまた見たくなる | main | 昔撮った自分の部屋の写真を見返したら、今ここにない物で埋め尽くされていた >>

傷つきたくないし傷つけたくないけど、傷つくし傷つける

人は生きてる限り誰かを傷つけ続けるものなんだ。

誰も傷つけたくないなら死ぬしかないのだけど、自分が死ぬことですら誰かが傷ついたりする。

だからもう、産まれた瞬間から誰かを傷つけるのは確定してる。

 

私を傷つけたことを一生許さないという気持ちが、再び誰かを傷つけることになり、

最初に傷つけられたほうは、私は最初にやられたのだ、という強い気持ちが後押しして

残酷な正義感をむき出しにする。

常に誰かを傷つけ、また自分も常に、誰かに傷つけられ続けるものだ。ということになる。

 

そういえば昨日久々に電車で座ったら、目の前に立っているおじさんに足を蹴られ続けるという状況になった。

たまに座るとこれだ。あきれてしまうぜ。

 

傷つけないように、傷つかないように心を閉ざしても意味はない。

生きたいように生きて、誰かに文句を言われないわけはない。

文句を言う側にはなりたくない、と思うばかりだ。

 

 

 

at 10:31, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 10:31, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://bluewoodaoki.jugem.jp/trackback/592