<< 日常にあいた空白 | main | 見えない所に惹かれる >>

渋谷

渋谷7thFLOORはビルの7階にある。小さいエレベーターでしか道はなく、開演直前は列ができる。

会場の椅子およそ60席ほどあり、着いた時には満席だった。
立ち見も40人くらいはいたように思う。
カザマ君は、知らない曲が多かったけど、いくらでも聞ける感じで、

フィクションの曲も本人の心の叫びに聞こえた。不思議だな。

日向文は変わらず良かった。新譜の中で、特に白夜は良い。
最前列に座っていいのは女子だけとか言ってしまう辺りさすがだと思った。
ツアーファイナルだから長くやるのかも思いきや、あっさりと終わった。

解散するバンドもいればやり続けている人もいる。あの頃の景色はまだあるんだな、と思った。
でもそれほど過去の思い出が蘇ってこなかったのは、

まだ二人とも現役でしっかりやってる、そしてこれからもやっていくであろう気持ちがあるからだろう。

見る側と見られる側、その境目は大きい。発信は誰でもできるようになったけど、

人前に立って芸を披露する行為は、そう簡単にできることじゃないよな。と思った。

 

 

JUGEMテーマ:インディーズバンド

at 17:40, あおき, ライブ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 17:40, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://bluewoodaoki.jugem.jp/trackback/557