<< 痩せてもらっては困る | main | おじさんを1人作り出すのにかかる時間。と本田翼 >>

ヒットしてなかったら面白い映画

今ヒットしてる映画を見て、そんなに面白いと思わなかった。

という感想をわざわざタイトルを出して、書くことはないと思った。
どうせなら、それを読んだ人が見に行きたくなるようなワクワクする感想を書きたい。

 

しかし、この人のように、

残念だった点を指摘することで、逆に見に行きたくなる場合もある。

自分的に超面白くて超久々にパンフットを買う気になったゴーストインザシェルがどこでも酷評されてるのが悲しい。

 

話題になってると知って見に行ってつまらなかった時に、一つの疑惑が浮かぶ。

自分は、この映画が話題になっていなくて、新宿武蔵野館やテアトル新宿やシネマカリテや

ユーロスペースやシネマジャック&ベティで見ていたら、面白いと思ってたのではないか?
もっと評価されるべき、とかなんとか言ってたんじゃないか。

そうであるなら、何も情報を入れずに見に行くしかない。

できれば予告も見ないで行くのが望ましい。

出演者とタイトルとキャッチコピーだけで判断するんだ。

 

ところで青春系の映画はビジュアルポスターには必ずといっていいほど「青空」が使われる。

青春と青空は切り離せない関係らしい。

今夏公開の、「打ち上げ花火、下からみるか、横から見るか。」のポスターはやっぱり青空だった。

いや花火とタイトルに入ってるからには空を入れなきゃならないのはわかる。

でも夜空じゃだめなのか。

 

 

 

 

 

それはそうと 今週のおススメMVはコチラ

この動き。繰り返し感。tofubeats [WHAT YOU GOT]、天才。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:映画

at 12:48, あおき, 映画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 12:48, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://bluewoodaoki.jugem.jp/trackback/545