<< 深水元基さん | main | 嫌いにさせられてるだけ >>

余りチケットは本物のファンに届くのか。

様々なアーティストが転売防ぐために策を練っている。

チケットキャンプをちらっと覗いてみたら、

「身分証明書をチケットと一緒に送ります。スピード写真を身分証の所に上から貼れば大丈夫かと思います。」

と、書いて山下達郎のチケットを売ってる人がいて、取引が成立していた。

転売を防ぐためにチケットに記載された名前と、顔写真入りの証明書をチェックする、なんてことまでしても、

売る側はここまでやるのか。半端ない。買うほうも凄い。

 

アーティスト側が明らかに転売屋から買ってほしくないと意思表明してても、買う人はいる。

そんな風に手に入れたチケットで入場し、自分の行動を何も気にせずに感動できるのだろうか。

だって見たいんだもん!が勝者なのか。だって見たいんだもん!って思うほどのアーティストがお前にいないだけだろ?

って言われるのか。いや、買う側は悪くない。どうしても行きたいライブってあるもんな。

どうしても行きたいライブでも、転売で買ったチケットで入場できてしまうから我慢できないのであって

転売で買ったチケットでは入場できない仕組みさえあれば、我慢できるはずだ。

 

転売も、妥当な金額でやり取りされていれば、アーティスト側もOKだったはず。

本当に急な用事で行けなくなってしまって、差額で利益を得ようと思ってない人も中にはいる。

しかし定価で売りに出すと、転売屋にそのチケットを買われて、別の人に高く売られてしまうこともある。

余りチケットはどうすれば本物のファンに届くのか。

この場合の本物のファンというのは、実際にライブに足を運ぶ人という意味。

会場で手渡しが1番確実かもしれない。でも自分が行けない時はどうする。

チケットを余らせていて定価で売りたい人は、この人ならば転売しないで本当に

自分でライブを楽しんでくれるだろうって人を選べればいいわけで。

大人数のコミュニティーを自分達で作り上げて、そこに属してその中でやりとりすることは一つの転売利益防止にはなる。

 

plentyの5,000円のチケットが30,000円で売られてるって話を聞いて見に行ったら本当だった。

本人達はさぞかし不本意だろうな。

 

 

 

 

at 18:59, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://bluewoodaoki.jugem.jp/trackback/535