<< これで何も待つものはなくなった | main | 時間泥棒は色んなところにいるよ >>

電話をかける遊び

記憶がなくなるほど飲んだ。

どうやって帰ったのか覚えていない。

飲みの席で、懐かしい人に電話をかけるという最悪な遊びをしていた。

自分が電話をかけられる側だったらむかつくだろうな。

こういう時に優しく対応してくれる人ってホントに心の優しい人だね。

でも誰とどんな会話をしたのか覚えてないんだな。

at 16:40, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 16:40, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://bluewoodaoki.jugem.jp/trackback/500