<< SAMURAI JACK UNIVERSEは解散しました | main | 痛い話、2 >>

憂鬱の原因


自分の中で、価値があると思っていたものにたいして

どんどん興味がなくなっていくことが、とても怖い。

一度そうなっていくと、自分の意志ではもう止められない。



誰かの負担にはなりたくないし、自分が傷つけばことがすむなら

それでいいと思ってるわりに、それほど打たれ強いわけでもないから

ただの強がりだなと、気づく。





子供がその場所を離れようとしない時に、

じゃあね〜ばいばい〜。と言って

置いて行くフリをするのが死ぬほど嫌いなので

離れようとしない時は、子供が飽きるまで付き合う。ことにしてる。

となると、計画通りには物事は進まなくなる。

しかし、元々、子供を楽しませるために来ているのだから、予定が狂っても別にいい。

予定を優先させたら、本末転倒になる。

親の言うことを素直に聞くような子供にならないで欲しいと思ってる。

まぁ、すでに聞いてはくれないのだけど。




同僚がいない仕事をしてるから、同じくらいの子供を持つ知り合いがほとんどいない。

おかげで、人と比較しなくてすんでる。


うまくやるには、うまくやろうと思わないことが大事だろうと、思う。

過信した自分と、現実の自分の、落差に落ち込むから

できない自分を認めるところから、スタートだろうな。





憂鬱の原因は何なんだろうってずっと考えてて、

なかなか突き止められないのだけど、この時間はわりと嫌いじゃない。

スティックを持つと少しおさまる。ドラムを叩くと少し忘れる。

音楽があってよかったな、と思った。なかったらとっくに壊れてただろう。

意識してなかったけど、救われてたのを感じる。

これからも救ってもらえるんだろうか。










JUGEMテーマ:コラム

at 17:51, あおき, 日記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 17:51, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://bluewoodaoki.jugem.jp/trackback/429