<< 例えば携帯やipodやDSを持たずに電車に乗る。 | main | 地獄行き >>

富士山と芋野郎


1日は24時間でみんな一緒だとは到底思えない時がある。

心配しなくても1日でそんなに成長するもんじゃない。
段飛びは実にならないから
少しずつ成長していくしかないんだから、こつこつやってくしかないんだから
妬む必要はない。
あなたのペースでやればいい。

でもしかし、そのペースってやつはそんなに休憩が必要で
そんなに無理をする必要がないものなのか?

叱ってくれる人がいなきゃやらない事を、本当に自分のやりたい事と
言ってしまうつもりなのか。
どこで間違えてそんな考えを持つのだろう。
偉大な人達の光の部分しか見てないから、そんな風に思うのかね。

面白いのは闇の部分。闇っていってもゴシップじゃない。

夜のニュース番組を見ると、朝のニュース番組は一体何なんだろうかと思う。
同じニュース番組とは思えない。なんでそんな伝え方をしているのだろうか。
好きとか嫌いと通り越して、不思議に思えてくる。
需要があるからとか、を通りこして不思議に思えてくる。
それでも見る自分が不思議に思えてくる。

だって見るもんないんだもんって理由になるのか。消せばいいのにな。

いや、ニュース番組とは言わないのかもしれないね。言わないのか。
ワイドショー未満番組か。

サマーソニック。やっぱり行くべきだった。
だからLOUD PARKでは後悔しないぞ。
なんつってもKORNが6年ぶりの登場だもんな。





 

そう、富士山に行ってきましてね。
去年はマイナーな御殿場口から登ろうとして、富士山の脅威に触れたから
今年は無難な河口湖側から登りまして。 わかりやすく時間軸で現します。

20:12 中央道八王子バス亭出発
21:55 富士山五合目到着
22:20 五合目出発
22:50 六合目到着
24:00 七合目到着
02:20 八合目到着
04:20 山頂到着
05:00 ご来光
05:30 お鉢巡り
08:40 下山開始
10:30 五合目到着
14:00 バス出発
17:00 中央道八王子バス亭到着

という感じでした。 一番疲れたのは下山。天気は良好。六合目から人間渋滞。

頂上まで続く懐中電灯の光は、かなり幻想的だった。
上を見ても下を見ても連なる光の道。


RIJFの出演者に知り合いや友達が増えていく一方で、
自分が出演側にいない事実は、
自分がまだまだ芋野郎であることを現してると思う。
そして芋野郎であるうちは、出演側には立てない。

芋野郎は芋食って喜んでろってことか。



at 02:41, あおき, -

comments(4), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 02:41, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
とむ, 2010/08/10 8:22 PM

出来る人と比較すると
自分に劣等感を感じちゃうかもしれないですね;
ペース配分、難しいです。

SAMURAIがロックイン…
想像しただけでワクワクします!(^∪^)
来年は芋も収穫されてるかもです←

あおき, 2010/08/11 3:32 PM

とむさん>
うまい!収穫されるようにおいしい芋野郎になる!
比較すると良い時と悪い時があるけど、今回は良い時だったよ!

satoka, 2010/08/12 12:00 AM

こんばんは♪
富士山は宝永火口までしか登った事がないです。てっぺんには壮大な景色が広がっているんでしょうね〜(´▽`)

マイペースと甘えの違いは見極めるのが難しいです<(_ _*)>なかなか・・・

青木さんが「芋」を連呼するので、こんな時間にポテチが食べたくなりました( ><) 今度会うとき太ってたら、それはブログのせい・・・いや、自分に甘いだけ・・・( ̄▽ ̄;)!!

あおき, 2010/08/14 1:49 AM

satokaさん>
宝永火口はまさにスーパー御殿場口じゃん!そっちだけ登ったなんてある意味レアだね!
ごめんごめん、今度は痩せてしまうような言葉を連呼するよ!それが地球のため!










trackback
url:http://bluewoodaoki.jugem.jp/trackback/147