今のために生きていい時間

常に先を見て生きなければならないらしい。

今の自分のために生きていいのは、一体いつなのか。

不安は無くなるものじゃない。そして無くす必要がない。

 

完全に不安が無い状態は、死んだ後にやってくる。

死ねば、死ぬかもしれない恐怖から解放される。

「あんまり死ぬのを怖がるとな、死にたくなっちゃうんだよ」(ソナチネ)。

 

その日暮らしをしているシマナガシ矢吹の生き方は誰もが心では羨ましいと思いつつ

しかしそれを認めてしまっては今の自分を否定することになるので、誰も言えない。

昔の友達に言える程度の生き方なんて、ロクなもんじゃない。

だからfacebookがうまく使えないのかもしれない。

しかしfacebookを疑問を抱かず使ってる人なんていないはずだ。友達はだいたいやってない。

 

クラスの中には陰の人と陽の人がいる。

自分の時代にSNSがあったら、あいつらはメモ帳に記したみんなへの感謝の言葉ツイートするんだろう。

そして付き合ってる人達は、ディズニーの写真をUPして、別れたらそれを消すんだ。

陰であった自分はどうせSNSでは謳歌せず、結局はライブハウスの中に居場所を見つけていたと思う。

時代が変わっても自分の行動の原点は変わらない。

 

 

 

 

ところで今週のおススメ映画は「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。

渋谷ユーロスペースとかでやってる。

 

渋谷ユーロスペースは自由席だ。

以前「ケンとカズ」を見た時は、隣のおじさんがでかい人で、かなりの圧迫感を2時間耐えた。

普段、快適な空間でばかり見てると、こういう時の免疫力が低下する。

便利を追及すると人は弱くなるだけなのか。と考えてしまう。

 

 

 

JUGEMテーマ:映画

 

 

 

 

 

at 15:14, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

痩せてもらっては困る

選ぶ権利があることを忘れなければ、垂れ流されてるニュースに腹をたてることも減る。
朝から録画していたMTVの番組を見てる。

ノウハウ本を読まなくても、その本を読んだであろう人たちの行動を見ていれば、何が書かれているかを想像できた。

ダイエット本でホントに痩せてもらっては困る。次から誰も買わなくなってしまうじゃないか。
そういった意味では、絶対痩せられる方法は書いてあるわけがない。

努力しないで楽して痩せたい人は、本を読むのもめんどうなはずなのだけど、

読むのもめんどうな人の心を突き動かすだけのタイトルをいかに付けるか。

痩せられそうな表紙を考えられるか。それがダイエット本から学べることだ。

いやいや、学ぶ方法なんてどうでもよかった。スキルアップとか。そんな言葉見たくもない。
新しい時代を生き抜くために、とか、あぁどうでもいいそんなことは。

みんな自分のビジネス本を売りたいから、今のままじゃだめだよと急かしてくるだけなんだ。

そんなことより、土日の天気が気になる。



 

at 19:19, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

漠然とした無重力感

納得できるものまでって、なんて遠いことよ。
誰かに何かを委ねることで責任を分散させたのは、よくなかった。

自分の力を信じることができなかったからそうなったのかな。
自分のできないことは誰かにまかすべきだが、自分のできることまで、まかせてしまったのかも、しれないぞ。

そうすることで責任転嫁ができてしまう。逃げ道ができてしまう。

言い訳もできてしまうってわけだ。

誰も追いかけてこない。
持ち物だけが増えていく。

それはそうと、もう夏が近づいてきている。

at 00:55, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

拒否は簡単。その殻をかぶったままではいられない。

それは今に始まったことじゃない

ただ少し忘れていただけ。そして少し思い出した。

近頃夢を見すぎてる。

人生においてこういう時期がたまにくる。いつ終わるともしれない長い日々が。

そんでもって取り戻してきてる感覚がある。

それは取り戻したかった感覚で、でももう戻らないんだろうと嘆いていたものでもある。


だからひたすら戸惑う。
自分1人の問題だから、誰かの間違いを指摘している場合じゃない。

誰かを否定する暇があったらもっと自分自身を否定したい。そしていつか肯定してあげたい。

 

 

 

 

 

 

 

at 19:05, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

待ち人

今できることをやり続けるしかない。
約束は、相手が忘れてしまっていても、自分が忘れなければ残る。

じゃあまた。っていつになるかわからないけど、いつになるかわからないから、

その日をずっと待つことができる。

でも、その待ち望んだ日がこないまま、終わるのもいいよな。待つのをやめるよりは。

 

 


 

at 01:49, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

本当の自分

自分の正体を知るためには、自分と会話を続けていくしかない。

 

自分の正体に気づかなくていい方法はいくらでもある。

自分という存在を誰かに考えてもらい、用意されたテンプレートのような

何かにあてはめていくだけで、自分像は作られていき、

自分自身でもそれが自分だと思い込むようになる。

偽りを重ねていくうちに、何が本当で何か虚像かの境目がなくなってくる。

本当の自分は、誰も知らないところへ置いてけぼりになる。

本当の自分とは何だろう。

 

それは自分以外によって決められるものであってはならない。

誰かに決めてもらうものではない。

 

あっさりとそれは終わる。なんの予兆もなく。

何もなかったように、消える。

だって、いつの時もそれはそういうものだから。

それには逆らえないのだから。

 

いつ消えてもいいように準備なんてしなくていい。

心構えもいらない。

いつまでも続くと思い込んで、そして突然失う。それでいい。

どこかでそれを待っている自分がいるような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 19:40, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

教室に答えはあった

モチベーションの根源といえるものは教室に、あった。それに気づいた。

ずっとくすぶっていて、何かを見つけられないでいた。

ただ毎日を消化していた。

教室に入った時、思い出した。

 

教室という狭い空間。毎日行かなければならない苦痛。

その苦痛から逃げるのに、必要だったもの。逃げられる可能性を与えてくれたもの。

心から熱中できるもの。人前に立つ快感もあったのかもしれない。

 

高校の頃の思い出は、ほとんどない。

昼休みにバスケットボールをしていたこと以外は。

放課後、毎日ドラムを叩いていたこと以外は。

好きだったあの子とすれ違ったこと以外は。

 

それに出会ってから人生は変わった。

今まで自分に圧倒的に足りなかったものを手にした。

消えそうになっても、その音はまだ自分に届き続けてる。

それに全てを救ってもらった。人生の色が変わった。

 

少なくともまだ生きてる。それだけで充分でもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 20:55, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ライブのはずだった今日

うまくいくってわかってる事なんて、やる意味ない。

今日は本当はライブだった。でもライブはできなかった。

ライブを飛ばすなんて、どんな最低なライブするバンドより最低な行為だ。
それはどんな理由があろうと、だ。
ライブにお客さんが1人も来なかろうと、ライブは仕事よりも絶対に休めないもののはずなのに。今回は出演できなかった。

サムライでも、一度あった。puff noideに誘ってもらったライブだった。あまりにもキャンセルが嫌すぎて忘れられない。
ダブルブッキングになってしまった時は順番を考慮してもらって、両方出演した。
たしか、江沼が乙で弾き語りをして、それから251に来てバンドでライブをした時だ。


何か契約をしてるわけじゃないから、出演する、しないは口約束だけなる。だから信用が全てだ。

前回のライブで底辺からやり直そうと思ったばかりだったのに、まだ下があったとは。

あとは上がるだけなのか、はたまたもっと下があるのか。どっちかな。




 

at 22:50, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

嫌いにさせられてるだけ

うちの連れが言ってたwww。という言い回しには、謎の説得力が秘められていますね!

本人が言ってることよりも、本人の知り合いが言ってたことのほうが信ぴょう性を持つんですよ!

 

目の前の人に言われるより、そこにいない誰かが言ってた事を信じてしまうのが人間の謎。

そんな事言ってないのに、そんな事言った風に広げる人物が近くにいると、いつの間にか、自分が誰かを嫌いにさせられたりしますよ!

あー私ってホント嫌いな人ばっかりだな〜ってそうじゃなくてそれは、あなたの身近にいる人の影響で誰かを嫌いにさせられてるだけですよ!

と教えてあげたい。本当はあなたはもっと人をたくさん好きになれるのだよ!でもたまたま今そうじゃないだけなのだよ!

 

 

この仕組みに飲まれると、口が軽い奴が天下を取ってしまうぜ!

昔の職場にもいたんですよ!あることないことを言いふらして、人間関係を壊すのが上手な人が!

無意識にそういうことをしてしまう系の人っているんですよ!そこに悪気はないからやっかいですね!

悪い気持ちがあってやってくれたらまだましですよ!悪意のない悪が一番恐いから!

口が軽い人も自分が口軽いと思ってないんだぜ!

 

言葉を伝えるのは、その時にどういうテンションで、どのように言ったか。が重要なんですよ!

画面の文字ではニュアンスは伝わらないんですよ!

だから直接自分にされたことで相手を嫌うのはいいんですけど、噂やイメージだけで嫌いになるのは避けたい!

嫌われるのも避けたい!いやしかし嫌われる嫌われないは、自分の意志だけではどうしようもならない部分ですから

そこはあきらめましょう!だって嫌われないように努力してる人なんて好きになれないでしょ!

 

こういう時って小出君は普段から、挨拶しない人だ、とかそういうネタがみんな読みたくなる時期なので

悪い噂は聞いてた。とかそういう情報が増えますけど、鵜呑みにするのは危険とかそういうことじゃなくて

要するにみんなが読みたそうな情報が出回るってことを、忘れないようにしていきたいですね!

そういうもんなんだってことを!あなたが読みたい記事は世界にバレてるということを!

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

at 16:49, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

余りチケットは本物のファンに届くのか。

様々なアーティストが転売防ぐために策を練っている。

チケットキャンプをちらっと覗いてみたら、

「身分証明書をチケットと一緒に送ります。スピード写真を身分証の所に上から貼れば大丈夫かと思います。」

と、書いて山下達郎のチケットを売ってる人がいて、取引が成立していた。

転売を防ぐためにチケットに記載された名前と、顔写真入りの証明書をチェックする、なんてことまでしても、

売る側はここまでやるのか。半端ない。買うほうも凄い。

 

アーティスト側が明らかに転売屋から買ってほしくないと意思表明してても、買う人はいる。

そんな風に手に入れたチケットで入場し、自分の行動を何も気にせずに感動できるのだろうか。

だって見たいんだもん!が勝者なのか。だって見たいんだもん!って思うほどのアーティストがお前にいないだけだろ?

って言われるのか。いや、買う側は悪くない。どうしても行きたいライブってあるもんな。

どうしても行きたいライブでも、転売で買ったチケットで入場できてしまうから我慢できないのであって

転売で買ったチケットでは入場できない仕組みさえあれば、我慢できるはずだ。

 

転売も、妥当な金額でやり取りされていれば、アーティスト側もOKだったはず。

本当に急な用事で行けなくなってしまって、差額で利益を得ようと思ってない人も中にはいる。

しかし定価で売りに出すと、転売屋にそのチケットを買われて、別の人に高く売られてしまうこともある。

余りチケットはどうすれば本物のファンに届くのか。

この場合の本物のファンというのは、実際にライブに足を運ぶ人という意味。

会場で手渡しが1番確実かもしれない。でも自分が行けない時はどうする。

チケットを余らせていて定価で売りたい人は、この人ならば転売しないで本当に

自分でライブを楽しんでくれるだろうって人を選べればいいわけで。

大人数のコミュニティーを自分達で作り上げて、そこに属してその中でやりとりすることは一つの転売利益防止にはなる。

 

plentyの5,000円のチケットが30,000円で売られてるって話を聞いて見に行ったら本当だった。

本人達はさぞかし不本意だろうな。

 

 

 

 

at 18:59, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark