映画館で

期待してない映画を見に行ったら期待した通りにつまらなかった。

これを映画化した意味とは。と考えた。テレビの2時間ドラマを映画館で見たような感じだった。

いやいやその展開はないだろう。なんか規模小さいな。凄いことが起こる予感がしない。

そこは説明しすぎで、そこは説明しなすぎなのかい。いやこのシーンに時間かけすぎじゃないか?随分喋るのゆっくりだな。

あぁ勢いがなくなっていく。この人こんな演技する人だったっけ。ミステリーなのに謎解きにワクワクしない。そのセリフいる?

このCGは監督らしさが出てるな。と思ったけどこの監督の映画1本しか見たことなかった。主人公の役割が異様に少ない。

なんか声と口があってない、全部アフレコっぽい感じ。

このしょぼさはどこからくるんだろう。不思議だ。ある意味で斬新なのかも。

そういった意味では今まで見たことのない映画なのか。無理矢理楽しもうとしてる自分との闘い。

ラストの笑顔は最高。そうか、この表情を見るための2時間だったのか。

といったような雑念が映画を見てる時、頭にめぐった。自分が映画に集中できなかったからである。

原作の小説が売れたからそれを映画化しようっていう流れが好きじゃないのだということがわかってきたのであった。

映画を撮るために作られた原作がいい。そのほうが面白く感じる。あくまでも自分はということであるが。

自分がそう言ってる。あくまでも自分が。そう。言ってる。

 

この日は周りのお客さんも特徴的だった。広い映画館に20人程のお客さん。

予告が終わり、暗くなった途端に2か所で聞こえた、プシュっという缶を開ける音。

ガサガサという袋の音、スナック菓子を食べる音。あらゆる方角からそういった音が聞こえた。

音出す系のお客さん達に囲まれていたのである。

こりゃあやばい予感がするぜ。と「東映」の字が出る前に思ったのであった。

持ち込みする人は本当に映画が好きなのかい、と疑いたくなる。

やばい、映画を愛してない人達と映画を今、観てる。この状況やばい。という恐怖にかられる。

持ち込みをすることで映画館でお金を使わなくなると、その映画館がなくなってしまうかもしれないから、怖くてできない。

リスクが高い。ライブハウスのドリンク代の理論と一緒だこれは。

1人1人の行動が集まって大きな力になるのだから、自分だけがよければってペットボトルを。。。いやそうだよ、なんで

プシュなんだよ、缶ってことはビールか?チューハイか?あえて音が出そうな物を選ぶそのセンス。

そして上映中にトイレ行きたくなるというリスクを考えての行動か?そりゃ大した心構えだ。

そうなったら、もうこちらが全ての音を受け入れるしかない。お菓子は食べ終わればそれで終わり、缶の飲み物だって音がするのは最初だけさ。

しかし極めつけは隣の席の人の、腕時計の「秒針の音」の大きさだった。

いやそんなに秒針って音大きいものですか。信じられないくらいでかいんですけども?

あえてそのでかい秒針音腕時計を映画館につけてくるチャレンジ精神にこちとら気が散ってしょうがない。

というか、自分でその音聞こえるでしょう。隣の私だけに聞こえるなんておかしいでしょう。付けてる自分でうるさいでしょうその音が。気になるでしょうその音が。

いやいや、そんな音なんか気にするな自分。集中しろ集中しろ、映画に集中するんだ。音なんて気になるな。人がいれば音はなる。

自分だって座りなおす時のギシギシ音で周りを不快にさせているかもしれない。

自分がいなければ後ろの席の人はもう少し見やすかったはずだ。ごめんなさい。ここにいてごめんなさい。

映画館で周りの音を気にするなんておこがましいですよね。集中せねば、目の前で起きてる現象に集中。

そうやって自分に暗示をかけて見た結果が、冒頭の映画の感想である。自分の集中力のなさに大敗したのであった。

 

しかし、音に関していえば、高校生の自分だったら、まぁこんなもんだろう。ですんでたはずだ。

もしくはうるさいな。とか思いつつ自分でもジュースやお菓子を持ち込んでる可能性が高いのであった。

上記にあげた事をこんなにもいちいち気にするようになってしまったことは、もしかして残念なことなのではないか。

これは許容ができなくなってるということだ。様々なことを許せなくなっている、それは劣化だ。衰退だ。能力の減退だ。

高校生の頃といえば、観たい映画のスタートが20時からで、観るかどうか悩んだあげく

覚悟を決めてチケットを買おうとしたら、終演が23時を越えるので、18歳未満は観れませんと言われたことを思い出した。

何を観ようとしたのかは忘れたけど、バトルロワイヤルではなかったと思う。ターザンか?ターザンは1999年公開だからターザンっぽい。

クラスの友達とターザンを観に映画館に行くなんて。とんでもない夢のある話だ。おこづかいは忘れたけど、バイトをしてない高校生に

ジュースとポップコーンで650円は高すぎる。絶対持ち込むよそんなの。いや飲むのを我慢するって手もあるぜ。

今はトイレに行きたくなるからジュースを買うことができませんけど、それは歳のせいでしょうか。高校生ならジュース飲んでも

上映中は行きたくならないのでしょうか。というか、この前持ち込んでた人々は全員大人も大人、自分より年上の女性だったから

高校生の自分を引き合いに出してもしょうがなかった。

 

総じて、もしこの映画が地上波の2時間ドラマだったら、このような事が起こることもなく

高校生の自分に思いを馳せることもなければ、自分の集中力について一考することもなかったので

良い映画だったのだと思う。

 

 

ちなみに写真は関係ない。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:映画

at 18:56, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, 映画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ヒットしてなかったら面白い映画

今ヒットしてる映画を見て、そんなに面白いと思わなかった。

という感想をわざわざタイトルを出して、書くことはないと思った。
どうせなら、それを読んだ人が見に行きたくなるようなワクワクする感想を書きたい。

 

しかし、この人のように、

残念だった点を指摘することで、逆に見に行きたくなる場合もある。

自分的に超面白くて超久々にパンフットを買う気になったゴーストインザシェルがどこでも酷評されてるのが悲しい。

 

話題になってると知って見に行ってつまらなかった時に、一つの疑惑が浮かぶ。

自分は、この映画が話題になっていなくて、新宿武蔵野館やテアトル新宿やシネマカリテや

ユーロスペースやシネマジャック&ベティで見ていたら、面白いと思ってたのではないか?
もっと評価されるべき、とかなんとか言ってたんじゃないか。

そうであるなら、何も情報を入れずに見に行くしかない。

できれば予告も見ないで行くのが望ましい。

出演者とタイトルとキャッチコピーだけで判断するんだ。

 

ところで青春系の映画はビジュアルポスターには必ずといっていいほど「青空」が使われる。

青春と青空は切り離せない関係らしい。

今夏公開の、「打ち上げ花火、下からみるか、横から見るか。」のポスターはやっぱり青空だった。

いや花火とタイトルに入ってるからには空を入れなきゃならないのはわかる。

でも夜空じゃだめなのか。

 

 

 

 

 

それはそうと 今週のおススメMVはコチラ

この動き。繰り返し感。tofubeats [WHAT YOU GOT]、天才。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:映画

at 12:48, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, 映画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

日活ロマンポルノを観たよ

新宿武蔵野館の場所がわからなくて新宿の街をマジで爆走しましたよ!

18禁の映画って初めてみたぜ!「牝猫たち」 に続いて、「ANTIPORNOを」見てきました!

「新宿スワン2」を観たばかりなので連続的園子温監督映画鑑賞です!

こりゃ〜大したロマンポルノだぜ!はぁはぁ。

 

18禁の映画っていう呼び方はちょっと違いますかね!正しくは【R18+】と表記するらしいですけどこれってなんて読むの?

いやここはあえてX指定と呼ぼう!中学生の頃、セガサターンの「ブルーシード」というゲームに【18歳以上推奨】という

マークがあってコレ自分は買っていいのか?レジで止められるんじゃないのか?どうしよう!怖い!

うわー!買えた!ハッピー!ってなったのを思い出したぜ!

ちなみにR18+は18歳は見れます!

この映画が18歳は見てもいいなんて日本最高!ぜひ10代に見てほしい映画だ!

年齢確認されても恥ずかしくないよ!

 

日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクトのおかげで日活ロマンポルノを見るきっかけになりました!

なんて素晴らしい企画でしょうか!

女性のお客さんもホントに多くて、「牝猫たち」の時は左右を年下の女性客に挟まれつつ、

10分に1回訪れる濡れ場のシーンを見ていたので、ハラハラしながらここはこの世の果てか!という感を味わいましたよね!童貞かよ!

 

主演の冨手麻妙さんは「みんなエスパーだよ!」にも出ていてので自分的には見たばっかりでしたが、その時は全く違う表情をしていましたよ本人とわからないほどに!

ストーリーどうのこうのよりも、演技が凄い!人間はここまで演技できるのかというレベルで凄い。

いや、これこそが演技なのではないか?これが真の役者なのではないか?きっとそうだ!

そしてここまで表現って自由だったっけ?何してもいいんだね!やっちゃだめなことは何もない!

自主規制はあくまでも自主なのだから、自分で考えばいい!と思わされましたよ!

園監督の著書「受け入れない」で、自主規制だらけのもやもやモラルについて書いていましたけど、そこで

書いてあった主張が、少なからず映像で表現されていたと!思います!

ひそひそ星を作っちゃう監督がANTIPORNOも作っちゃうのだから、毎回作風を変えることが

いや、作風は全然変わってるんだけど、どう考えても園子温映画に仕上がってるってところがもう最高ですね!

 

それにしても園監督のツイッターって本人だったんですね!やめるまでずっとなりすましだと思っていました!

今でもちょっと思ってますけど!

 

「息が苦しくなるほどに跳ぶ」の舞台で見たばかりだった井端珠里さんの演技が「牝猫たち」で見れたのは、

たまらなかったんですよ!舞台で気になってからの映画、っていう流れは自分的には珍しかったですよ!

甘えた声を出させたらナンバーワンだぜ!と思いましたね!ぶりっことはまた違うんですよ!

とにかく脱ぎまくる映画ですけど、後半になってもそれに慣れないのが素晴らしい!

シリアスな内容なのにコメディー風にも仕上がっている不思議!

ベビーシッターに子供を預けるシーンはなんだか心にきた!

 

見てる途中、隣の人の息が大きくなったので、寝てるのか?寝てるのか?いや、起きてるっぽ、、いややっぱり寝てるか?

という感じで気が散ってしまった自分の集中力のなさに落胆しました!

毎週水曜日は1000円なので客席は満席なのです!

一般料金1800円との800円の差で、ゆっくり広々と見るか、満員で気が散りながら見るのかというわけですが、

気が散り安い人は1800円の日に行ったほうがいいですね!

気が散らない人は水曜日でオッケー!

 

春にかけてはマイク・タイソンが助演の「イップマン 継承」が楽しみです!

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:映画

at 11:48, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, 映画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

君の名は。

そもそも見ようと思ってる映画が、ネタバレしたらダメ系な映画なんだってことすらも知りたくないじゃないですか!

「あなたは必ず騙される。」とかそういうキャッチコピーを聞いた時点で、もうなんか素直な気持ちで

見れないですよね。予告編もできれば見たくないですよね!

あの〜「四月は君の嘘」の予告編で広瀬すずがなんか病気っぽい感じになってますけど、

それ知りたくなかったですよねできれば!予告編見ちゃった自分が悪いんですけど!

いやまぁネタバレしたらダメじゃない系映画なんてないんですけど、そうはいっても、なんかあるじゃないですかそうゆうの!

 

新海誠監督の「君の名は。」最高でした!

しかし!うっかりネタバレを含んだ感想を、映画を見る前に見ちゃって落ち込みました!

たった1行の感想に含まれた破壊力は絶大でしたね〜!

見たい映画がある時は、情報を遮断したほうがいいってこと忘れていた!

ネタバレしたあいつに罪はない!ちくしょう!

まさかあの一言でここまで落ち込んでる人がいるとは思ってもいないだろう。

勝手に感想見て勝手に落ち込んでるお前が悪いじゃね?というレベルの話さ!

ネタバレがなかったらもっとあそこで感動できたよな。とか思ってしまってることが負けているぜ!

 

新海誠っぽい演出だな〜ニヤリ。と思ってしまうほど、

新海誠映画にどっぷりと浸ってるわけではないと思い込んでいたのですが、

あれ、この感じどっかで見たことあるな、、、あ、同じ監督のか。と思うシーンは結構ありました!

「秒速5センチメートル」を見て心を痛めて、心を痛めたくて繰り返し見てたり、

「言の葉の庭」を見て心を痛めて、心を痛めたくて繰り返して見てたり、

「星を追うこども」には、堂々としたパクリっぷりに感動していたことを、思い出しましたよ!

無意識に刷り込まれてる新海誠ワールド。フルネームで言いたくなる新海誠。

RADWIMPSの音楽は文句なしに最高。最高潮。最高すぎ。

 

良かったところ。

・言の葉の庭の主人公、ユキちゃん先生が登場にびっくり。(言の葉の庭を彷彿とさせて悶絶)

・なんか下から上にカメラがぐわーっていくやつ。(秒速5センチメートルを彷彿とさせて悶絶)

・突然曲が流れて、ストーリーが進んでいく展開。(秒速5センチメートルを彷彿とさせて悶絶)

・えっ長澤まさみが声優してたの。(海街diaryを彷彿とさせるキャラで悶絶)

・そうそうそういえば神木君だったね忘れてた(学校のカイダン見たばかりだったから悶絶)

・良い席にはおじさんが座ってて、前や端っこにはカップルが座っていた。(とにかく悶絶)

 

いや〜映画ってホントに楽しいですね〜。

しかしなんか、上映時間より早く着きすぎてロビーにずっといて、

最近あまりにも一人で見ることが当たり前だったので忘れてましたけど

友達とかカップルで見にくる人って超多いんですね!

なんかいいな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:映画

 

 

at 19:05, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, 映画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

7月に見た映画

 一太君がplentyに入ったということで新MVを見たのですが、セッティングのシンプル具合が尋常じゃなくかっこよすぎるぜ!!
と思いました。早くライブ見たいですよこりゃ〜。


 どうも青木です。僕は今年100本の映画を見る!絶対見る!という野望を打ちたてたので7月から意識して見ています。

 7月のテーマは「園子温監督」「橋本愛」「浅野忠信」でした!

1.恋の罪
監督、園子温 出演、神楽坂恵
※衝撃的だった。園子温作品の作風をよく知らない状態で見たので怖かった。渋谷。

2.闇金ウシジマ君
監督、山口雅俊 
出演、山田孝之、大島優子
※原作とのミックス具合がうまいこといっていた。山田孝之..love。

3.冷たい熱帯魚
監督、園子温 
出演、吹越満、でんでん
※話がとてもリアルに思えた。でんでんがひたすら喋りまくっていた。

4.俺はまだ本気出してないだけ
監督、福田雄一 
出演、堤真一、山田孝之、橋本愛、
※橋本愛が良かった。やる気と勇気をもらえた。感情移入できすぎた。

5.地獄で何故悪い
監督、園子温  
出演、國村 準、長谷川 博己
※堤真一の役柄が俺はまだ〜と両極端だったためより面白く見えた。たった1日のドタバタ映画。素晴らしい。よくこんな映画を撮れる。。

6.愛のむきだし
監督、園子温  
出演、西島隆弘、満島ひかり
※多大なる期待を持って見たけど、期待以上だった。終わり方もとても好きだった。浜辺のシーンが素敵だ。

7.ねじ式
監督、石井輝男 
出演 浅野忠信
※世界観が独特でこういうのが見たかった。浅野忠信に非常に似合ってる作品だと思う。LOVE。

8.give and go
監督、森 英人 
出演 橋本 愛
※たまにはこういう映画も見たほうが色々とイイ。映画って作るの大変なんだな。

9.軽蔑
監督、 廣木紘一 
出演 高良健吾、鈴木杏
※感情移入が全くできなくて残念だった。ダメ人間は最後までダメ、という感じがよかった。ギャンブルはだめだよね。高良健吾についてるイメージ通りの役柄。

10.ツナグ
監督、平川雄一
出演 松坂桃李、橋本愛
※品行方正な映画。心が暖まるとはこういうことだ。21時から放送できるぞこれは。説明があまりないけど理解できる感じがよかった。

11.血と骨
監督、崔洋一 
出演、ビートたけし
※在日朝鮮人を題材にした話は好きだ。嫌な感じが常にしてて緊張し続けてよかった。信じられない価値観の中で生きている人がいる。

12.乱歩地獄 江戸川乱歩を原作とした、4人の監督によるオムニバス。
監督、竹内スグル、実相寺昭雄、佐藤寿保、カネコアツシ、 
出演 浅野忠信、松田龍平
※これはもう半端じゃなく楽しめた。芸術映画のようだ。

13.HOME 愛しの座敷童
監督 和泉聖司 
出演 水谷 豊、安田成美、橋本愛
※話の中心にはいない気がしたけど座敷童がめちゃくそかわいかった。小さい事の連続で物事は少しずつ変化していく様子が自然だった。

14.スープ 生まれ変わりの物語
監督、大塚祐吉
出演、生瀬勝久、小西真奈美、橋本愛
※想像以上にいい映画だった。隠れた名作の予感。

15.誰がために
監督、日向寺太郎  出演、浅野忠信、池脇千鶴
※なかなか難しかった。重いテーマを重いままに現していた。演技に物足りなさを感じたのと、過去と現在が唐突に変わりすぎて置いてかれた。

16.Love letter
監督、岩井俊二、出演、中山美穂、豊川悦司
※中山美穂がよかった。豊川悦司の役の性格がとても嫌いな感じだったけど、それは豊川悦司がうますぎるから仕方ない。想像してた感じとは違った。終始、淡々と話は進んだ


17.アナと雪の女王
監督、クリスバック、ジェニファーリー、声の出演、クリスティンベル、イディナメンゼル
※まさかこれが大ヒットするなんて思わなかったんじゃ。。。イディナメンゼルは最高に素晴らしい、ミュージカル映画にこの人ありだぜ。
ウィキッド、RENTに続きまたしても代表作ができるなんて最高だ。

18.ハリーポッターと秘密の部屋
監督、クリスコロンバス 出演、ダニエルラドクリフ
※USJを楽しむためには見なければならない。グリフィンド〜ルと帽子が喋る部分が好きだった。


 いや〜18本ですよ!イイ調子じゃないですかこれは!いけるのか!!最後の2本がなんだかなんだか!でもちゃんと大衆映画?と呼ばれている映画を見てこそ、何かがわかるものじゃあないですかね!どんな映画でも楽しく見れるようになるために100本見ようと思ったわけですし!
ツイキャスでもオススメとして言いましたが、この中で1番印象深いのは、
「地獄でなぜ悪い」の長谷川博己の演技です!特に浜辺で映画撮影の特訓をみんなでやってる回想シーンとか素晴らしかったです。
これこそエンターテイメントだぜぇ!

あと「ねじ式」の不思議な世界観は繰り返し見ても楽しめる描写でした。
途中のもっきり屋に出てくる女の子の存在感は記憶に深く刻まれました。

8月は目指せ20本。あなたのオススメの究極の1本をぜひ教えてほしいと思っていますよ。
オススメもらったものは絶対見ますから!見たことあるものでももう一度見ます!

ぜひ教えてほしい!!できれば邦画で!!


 

at 10:02, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, 映画

comments(3), trackbacks(0), pookmark