渋谷

渋谷7thFLOORはビルの7階にある。小さいエレベーターでしか道はなく、開演直前は列ができる。

会場の椅子およそ60席ほどあり、着いた時には満席だった。
立ち見も40人くらいはいたように思う。
カザマ君は、知らない曲が多かったけど、いくらでも聞ける感じで、

フィクションの曲も本人の心の叫びに聞こえた。不思議だな。

日向文は変わらず良かった。新譜の中で、特に白夜は良い。
最前列に座っていいのは女子だけとか言ってしまう辺りさすがだと思った。
ツアーファイナルだから長くやるのかも思いきや、あっさりと終わった。

解散するバンドもいればやり続けている人もいる。あの頃の景色はまだあるんだな、と思った。
でもそれほど過去の思い出が蘇ってこなかったのは、

まだ二人とも現役でしっかりやってる、そしてこれからもやっていくであろう気持ちがあるからだろう。

見る側と見られる側、その境目は大きい。発信は誰でもできるようになったけど、

人前に立って芸を披露する行為は、そう簡単にできることじゃないよな。と思った。

 

 

JUGEMテーマ:インディーズバンド

at 17:40, あおき, ライブ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ノルマ

いや〜それにしても最近どうですか。

何があっても何がなくても、日々というものは進んでいきますね。

 

みるくベイビーズの先日のライブはお客さんが5人でした。

すごい光景でしたよ。

なぜこうなったのか?

 

・我々の呼んだお客さんが5人だった。

・対バンの人達が客席に一人もいなかった。

 

まさにこれです。

 

ちなみに

 

・我々は他のバンドも全部見た。

 

対バン見ないって全然悪いことじゃないですよ。よくあることですよ。

顔合わせで、なるべく対バンを見ましょう。とかスタッフに言われる時ありますけど、言われて見るのもなんだか悲しいですよ。

いや顔合わせもなかったですけどね。それもいつも通りです。

通常ブッキングならなおさらですよね。対バンと交流したくない系バンドも多いですから。

 

久々にブッキングライブに出演して、思い出しましたよ。こういう苦しみを。

バンドマンあるあるを。

ノルマだけ払う日々を。

夢に向かって歩む道を。

そしてぶつかりあうバンドメンバー。

反省会につぐ反省会。

 

しかも残念なのが、その時の我々のライブがマジ最高だったんですよ!

たくさんの人に見てもらえても間違いなく満足いただけるライブをやっていたんですけどね!

100人の前でやってダメなら落ち込むことができますけど、これは落ち込むに落ち込めない結果だぜ!

 

しかしさーその日6バンドも出たのに、

対バンの人が全員自分の番の時だけやってきて、終わったら会場から消えるって

マジですごい現象!そんな場に立ち会えてよかった!

 

そんな感じで6/17(土)にも池袋手刀でライブがありますのでこのブログを読んだ方は

全員今入ってる予定を空けて来て下さいね!

 

 

2017/06/17(土) 池袋手刀

【中出し少年、ぴんく和尚性誕祭 『COUNTDOWN TO FORTY 〜初老へのカウントダウン〜』】
【出演】
中出し少年
バカバッカス
アミラーゼ
きゅーぴっつ
東京みるくベイビーズ

OPEN __:__ START __:__
前売り 2,000円/当日 2,200円

 

 

 

at 15:15, あおき, ライブ

comments(2), trackbacks(0), pookmark