May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

勘違いと思い込み

 

新代田FEVERで aquarifaとthe quiet roomとSuck a Stew Dryを見た。

正式名称で書くとなんだかエゴサーチを狙ってるみたいになる。

逆にエゴサーチを避けて一文字変えたりする人がたまにいるけど、

避けつつも、ホントはそれでも見つけ出してほしいんじゃないか?と思ったりする。

ずっと見たいと思ってたpollyは間に合わなかった。

 

aquarifaは激しい勢いでぶちかますライブをやっていた時期を越えて

激しさを持ちつつ、しっとりと歌を聞かして終わる流れを意識的に作るようになっていた。

MCの時の空気感が、江沼が作り出す雰囲気にちょっと似てると思った。

ずっと買おうと思って買えてなかった会場限定シングルをついにさぬんさんから買った。

何故かさぬんさんは関西にいるんじゃないか?と思い込んでいたので、会えて嬉しかった。

 

見たのは2回目のクワルー、屋外で見たい感じの晴れやかさだった。

なんだかライブに風格を感じた。軽快な曲の中にあるずっしり感。コビキ君の手数の多さが気持ち良かった。

 

サックでフセ君を見るのは今日が最後か。と思いながら見ていたけど、クアトロで追加ワンマンをやるらしい。

例えソールドしなかったとしても、それは見たい人が全員見れてるということだから、イイ事だよな、と思った。

この日はヒットパレートを外した選曲だったように感じた、そのセットリストが良かった。

EASTで見たワンマンよりも数倍良いライブだったから。ライブ後にメンバーにそう伝えた。

何が理由かよくわからないけど、隙のない完成度の高いライブだった気がした。

いいライブだったためになんだかニヤニヤしながらライブを見ていた。

(ライブ中横にいる人間がニヤニヤしていたらなんだか気持ち悪いと思うが、

マスクをしていたのでそれはきっと大丈夫だっただろう。)

それにしても篠村君のMCが冴えていた。言ってる事は普通でも、その前に一言付け加えるだけで

こうも印象が変わるのか。と思った。

 

近頃はライブが終わると秒速で誰とも話さずに帰っていたけど、昨日はだらだらと残って飲んでいた。

結局のところライブの日はすぐに帰らないほうが楽しい。

友達と終電まで飲んで帰って、楽しい1日だった。

しかし帰りの電車でトイレに死ぬほど行きたくなって、でも終電に乗ってるから降りたら死亡だったので

死ぬほど我慢をした。あんなにトイレを我慢したことは今までにない。

(あんまり我慢したら膀胱炎になるらしいぜ?と心の中で何度もつぶやいていた。)

(そして1時半頃に帰ったために、今日は寝坊をし、おにぎりを食べながら駅まで走る、という偉業を成し遂げたのであった。)

 

クアトロでは空想少女リリーが聞けたらいいな。

 

 

やる側はたくさんあるライブの内の1回だけど、見る側は年に1回見るか見ないかのライブだったり

するから、1回のライブにはどれだけ命を懸けても足りないんだろうな、と思う。

 

フロアに、顔は見たことあるけど、名前が思い出せない人が何人かいた。

「あの〜なんだか顔見たことあるんですけど、誰でしたっけ?」とは聞かなかった。

 

 

 

どうせ勘違いするなら、

嫌われてると思い込むより、好かれてると思い込んで、勘違いしたいな、とか思った。

 

そしてお前が思ってるほど、誰もそんなにお前を気にしてない。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

1
pagetop