夏びらきフェス

夏びらきフェス@所沢航空公園に行った。

微妙な距離感の所沢。

所沢航空公園はクソ広い。なめてはいけない。止める駐車場を間違えると炎天下の中、永遠と歩くことになる。

私は駐車場を間違えたわけだが、止められただけいいよね、と思うことで回避した。フェスが行われても

駐車場が満車にならないのがこのフェスの素晴らしいところ。夏びらきフェスは、この公園の野外ステージで行われる。

ステージが1つのフェスは移動がなくて最高。座席もあるから座って見れて最高。

小規模だからご飯食べるのにも並ばず買えて最高。かき氷がおいしい最高。

Creepy Nutsの聖徳太子フリースタイル。凄かった。ぞわぞわした。映像では伝わらない何かがあった。

R指定は言葉が聞き取りやすい。DJが童貞らしいけど、そこを強調してる意味がよくわからなかった。

 

年齢層は高め。子連れも多い。ソールドしてなかったけど音漏れ組も多かった。

いい楽しみ方だ。気にしなければルールなんて必要ない。席取りしたっていいじゃない。

 

 

 

at 11:48, あおき, 日記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

大洗アウトレットに行った

大洗アウトレットに行った。

閑散としていて衝撃を受けた。

 

 

ミルク鈴木は元気だった。

 

そこそこガルパンの盛り上がりがあった。

しかし自分はガルパンに興味がないのであった。

でもたぶん見たら好きになると思う。だいたいそういうものだから。

 

at 12:31, あおき, 日記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

親にお金を借りて買った物

以前レーシックをやった医院に行った。
調べてもらったら、1度目は12年前だった。

大学卒業したばかりのクソフリーターが20万円払ってレーシック。親にお金を借りてやったのを思い出した。

ローランドの35万円の電子ドラムも親からお金を借りて買った。

20万円のMTRも親にお金を借りて買った。

18万円のiMacも親にお金を借りて買った。

親にお金借りすぎフリーターだった。
今みたいに簡単に楽天カードでキャッシングできる時代だったら、こっそり借りたりしてただろう。
そして返せない金額になったところで親バレ、親が建て替える。1年後再び借金開始。そして返せない金額になったところで親バレ。
という決められたコースを歩むところだった。

レーシックの方はというと、検査をしたら視力が1.2あって、レーシックする必要ないでしょ。ということになった。
悲しい。目が悪いと思ってるのに視力があるなんて。

1万円出してメガネ買うならレーシックしたほうがいいのでは、と思って5000円払って検査をしたら、レーシックの必要なしになった。

遠回りをしたけど、新しいメガネを買うことにした。

 

at 19:55, あおき, 日記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

平凡な不安

平凡な1日を過ごした夜に、こんな感じで日々が続くならいつ死んでもいいな。と思った。

おや、これは核心をついているぞ?自分は一体、どのような形で死ぬんだろうか。

人生に保障をかけたくないという気持ちを持ったまま死ねたら最高なんだけど。


いつ死んでもいいってどれだけポジティブな考え方かわかるだろうか。

あらゆるしがらみからの解放だ。

いつ死ぬかわからないから大切にしなきゃいけない。死ぬのは相手ではなくて自分だ。

しかし自分がいつ死んでもいいように準備するのは何か違う。

そりゃ明確にあと何ヶ月ですと決まっているのであれば、あなたの誕生日に毎年手紙を書くわ、ぐらいの奇行に出ることは可能なのだけれど、

そう都合よくもきっといかない。
少なくとも現状は命の宣告をされていない。

されていない自分に、宣告をされた人の気持ち理解できないし、理解できないことを思い悩むこともない。

理解できるほどの想像力がある人にそれはまかせるとして、いや当事者になってないからこその考えは、当事者になってからでは戻れない領域だ。

安心で安全になっても、きっとまたその中で不安を見つけだしてしまうのだろうな。
そうであるなら何をやっても同じ。何をやっても同じなら、何もしないよりはいい。

ところで今日はずっとメガネをかけていた。何かが見えすぎていたけど、見えすぎていてほしい。と思った。
見たくないことに蓋はしない、しかし蓋の中身には耐えられないのだけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 23:00, あおき, 日記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

深水元基さん

俳優の深水元基さんのやってる服のブランドの新作発表会に行ってきた。
深水さんは最高のナイスガイだ。こんな兄貴が身近にいたらよかったのに。

カフェの一部に展示してあった。深水さんはとにかく優しかった。
好きなブランドって今までなかったけどついに見つけてしまった。新作がまた良くて、勢い余って子供のTシャツも買ってしまい、あとで金額を言ったら怒られた。
何とも世知辛い。
ライブに行って、ライブ後に物販でバンドマンと会話するのってこういう感覚なのかも?と思いながら、

写真をお願いして撮ってもらった。

 

 

深水さんが輝いてる、みんなエスパーだよ!

54:04のペニースが最高に素晴らしい。

気球クラブ、その後。も最高。

 

 

 

at 00:10, あおき, 日記

comments(2), trackbacks(0), pookmark

石垣島に行きました。

どうも。

 

「ぱいかじ南海作戦」

という映画の舞台が西表島で、その浜辺の景色が素晴らしかったので、行ってきました。

 

羽田空港から石垣島に乗るために前日から羽田空港に泊まって

6:10の飛行機で出発、9:40に石垣島に着きました。国内にしてはなかなか遠いです。

 

石垣空港から港ターミナルまでバスが出ています、30分ほどで随時出ています。

 

10:20頃に港に着いてそこから西表島の船に乗ります。1時間に1本くらい出ています。

 

11時の船に乗って西表島に着いたら今度はレンタカーを借りて、目的の浜辺を目指しました。

 

景色がやばすぎたのと、レンタカーを借りた時点での達成感が凄くて興奮しており

途中何度も降りて、景色を見て、進んで、降りて、景色を見て、を繰り返していました。

ほとんど観光客もいないので、車も人もいません。

 

僕が目指していたのは、南風見田(はえみだ)の浜というところで、港からは15分ほどで着きます。

 

あまりにも誰もいないので不安になりながらも、車道の終点に車を止めて浜まで歩きました。

林道を歩きながら、ハブが出てきたら超怖いぜ。と思っていました。

 

そして、林が終わって、浜辺に出ました。その浜辺の様子は私のインスタグラムをご覧下さい。

2時間くらいその何もない浜辺にたたずんでいました。天気はクソ晴れていたのでクソ暑かったです。

海は衝撃的にキレイでした。トイレも何もないので観光地化されてない部分が何とも素晴らしいです。

 

東京からココまで6時間ほどです。意外と近いですね。全然日帰りできます。

 

浜に別れを告げて由布島に行きました。牛車に15分くらい乗って渡る小さい島です。

ここはモロ観光地という場所です。

観光地によくある勝手に写真を撮られて、買うか買わないかは見てから決めて下さい。

ってやつがありました。島に入ったらすぐその流れになったので逃げられず、

一人で写真を撮られる姿は何とも屈辱的でした。

 

17時に港に戻って、帰りました。17時台で船は終わりです。

ホテルまでは港からバスで5分、歩いて20分の距離だったので歩いて街並みを味わいました。

店からは三味線の音と歌声が聞こえました。やっぱり沖縄にきたら夜は島の物食べながら生ライブでしょ。

と誰かと来てたら思うでしょう、でも一人だったのでまぁ別にいいや。と思ってホテルで寝ました。

 

翌日は早起きして8時の船で小浜島に行きました。

小浜島は西表島に比べれば小さく自転車で全土を巡れる大きさでした。

 

雄大な景色を前にして、自分にとっての一番の贅沢は、こういう島で、ただ何もしないこと、です。

時間を気にせず、ただひたすら島の先端部分に座っていました。

 

昼過ぎくらいからは小雨が降ってきて暗くなってきたので、たそがれモードから一転して、全力で港まで爆走しました。

全力で走りながら、今ここで壮絶にこけて自転車が大破したらかなりやばいぜ。と想像していました。

 

石垣島に戻ってからは、私の満足メーターが振り切ってしまい、なんだか他の島に行く気がなくなったので

港の周りをふらふら歩いて時間をつぶし、夕方頃空港に戻りました。

 

帰りは直行便は取れず、石垣島→那覇空港 那覇空港→羽田空港。でした。

そして羽田空港の到着が遅れて23:50分頃に着いたので終電を逃し、羽田空港にもう1泊しました。

 

翌朝8時から、みるくベイビーズのスタジオ練習が新宿であったので、羽田から直行バスで新宿に行きました。

 

「何もしない」をすることができてよかったです。

そして孤独と向き合ってきました。

 

海ぶどうとかもずくとか、ゴーヤとか食べたいと思っていたのにやはり一人だとお店に

入れませんでした。

これはもう病的なやつです。病気を治すつもりで行ったのに、、、だめだった、、、、

 

 

 

 

(西表島 南風見田(はえみだ)の浜)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

 

at 10:37, あおき, 日記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

にっき

11月16日(水) ツキがきてる。 
11月17日(木) それは気のせいだったわけだが。
11月18日(金) 友達は大事。
11月19日(土) 2年ぶりに友達に会った。かつて居心地の良かった場所は今も居心地がいいってわけだ。
11月20日(日) 六本木で二次会とはオシャレだ。 いいよ六本木。最高だよ。やばいよ。
11月21日(月) BABELっていい曲だね。
11月22日(火) サビがいいよね。
11月23日(水) ただひたすらに遊んだ。
11月24日(木) 静かな店を探す
11月25日(金) 静かな店を探す
11月26日(土) 安くて静かな店なんてないよ
11月27日(日) 高くてうるさい店は悲しくなる
11月28日(月) でも一軒め酒場が好きさ
11月29日(火) やっぱり一軒め酒場が好きさ
11月30日(水) インディーズな舞台を見た。刺激的だね。
12月1日(木) 流行ってるというだけで見る気がしない。
12月2日(金) それはそれで流されてるという気もする。
12月3日(土) 流されたっていいじゃない
12月4日(日) 酔っ払うとロクなことにならない。
12月5日(月)  裏アカを見つけてしまって裏アカらしいことをつぶやいていて嬉しくなる
12月6日(火)  裏アカを見つけてしまって裏アカらしいことをつぶやいていて嬉しくなる
12月7日(水) 校閲ガールが終わってしまった。

12月8日(木) 江沼に会ったりなんかした
12月9日(金) 酔っ払うとロクなことにならない。
12月10日(土) 紀里谷さんと握手をして嬉しかった。なんて優しそうな人なのだろうか。信じられん。
12月11日(日) 今年はたくさん握手をした。
12月12日(月) 上がったスピードで下がっていく人達
12月13日(火) 上がったスピードで下がっていく人達
12月14日(水) そこは居心地のいい場所じゃなくてよいのです。
12月15日(木) そこは居心地のいい場所じゃなくてよいのです。

12月16日(金) 卒業してから年月が経つに連れて会う回数が増える場合もあるよ。

12月17日(土) 33歳だと思ったら34歳だった。

12月18日(日) 大山に登ったら意外ときつかった。いやかなりきつかった。
12月19日(月) それにしても見る目がなさすぎる
12月20日(火) 盲目だったで片付く問題でもない。
12月21日(水) でもその時はそれが正しかったはずさ
12月22日(木) マギのライブが見れなかった。

12月23日(金) 自転車が大好き

12月24日(土) ケーキを作った

12月25日(日) サンタはいるんだよ

12月26日(月) 暇人同士の暇のつぶしあいだね

12月27日(火) 求めてない人を求めてみるフリ

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

at 12:45, あおき, 日記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2016.10/16〜11/15

 

 

 

 

10/16 (日) カードの使いすぎに注意。

10/17 (月) 触ってもそんなに感動はしなかった。

10/18 (火) 地下アイドルの現状を知る。

10/19 (水) 矢吹のギャンブル癖が進行してる。

10/20 (木) 矢吹のギャンブル癖が悪化してる。

10/21 (金) 矢吹のギャンブル癖が悪化してる。

10/22 (土) 仮装するべきじゃない場所で仮装をしたら例えハロウィンが浸透していたとしても浮く。

10/23 (日) 仮装するべきじゃない場所で仮装をしたら例えハロウィンが浸透していたとしても浮く。

10/24 (月) 車検って高すぎるよね。

10/25 (火) 六本木がまぶしい。

10/26 (水) 映画を見た

10/27 (木) 映画を見た

10/28 (金) 映画を見た

10/29 (土) 庭に木を埋めた。

10/30 (日) 母校のパーティーで副学長と理解しあった。

10/31 (月) 中村文則ブーム到来(3度目)

 

11/1 (火) 虐げられると燃えるだろ?

11/2 (水) 何笑ってんの?と言われるとびびる。

11/3 (木) 確かにニヤニヤしている。

11/4 (金) 飼ってた金魚が死んだ。

11/5 (土) KNOTFESでHOOBASTANKに感動すると思ったらRIZEに感動した。

11/6 (日) 昨日の影響で静かな音楽が聞きたくなる。

11/7 (月) そしてたどり着いた手嶌葵。

11/8 (火) そしてたどり着いた手嶌葵。

11/9 (水) 階段を走って登った。

11/10 (木) エスカレーターで歩くなら階段使えばいいじゃない。

11/11 (金) チンポムの展覧会が終わってたことに気づく。

11/12 (土) ドンガンボンはアートだ。

11/13 (日) やっときのこ帝国の新譜を聞いた。

11/14 (月) サムライの雑務がまだ残ってた。

11/15 (火) 男の生き様を見た。プロレスは男のロマン。

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

at 18:43, あおき, 日記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

憂鬱の原因


自分の中で、価値があると思っていたものにたいして

どんどん興味がなくなっていくことが、とても怖い。

一度そうなっていくと、自分の意志ではもう止められない。



誰かの負担にはなりたくないし、自分が傷つけばことがすむなら

それでいいと思ってるわりに、それほど打たれ強いわけでもないから

ただの強がりだなと、気づく。





子供がその場所を離れようとしない時に、

じゃあね〜ばいばい〜。と言って

置いて行くフリをするのが死ぬほど嫌いなので

離れようとしない時は、子供が飽きるまで付き合う。ことにしてる。

となると、計画通りには物事は進まなくなる。

しかし、元々、子供を楽しませるために来ているのだから、予定が狂っても別にいい。

予定を優先させたら、本末転倒になる。

親の言うことを素直に聞くような子供にならないで欲しいと思ってる。

まぁ、すでに聞いてはくれないのだけど。




同僚がいない仕事をしてるから、同じくらいの子供を持つ知り合いがほとんどいない。

おかげで、人と比較しなくてすんでる。


うまくやるには、うまくやろうと思わないことが大事だろうと、思う。

過信した自分と、現実の自分の、落差に落ち込むから

できない自分を認めるところから、スタートだろうな。





憂鬱の原因は何なんだろうってずっと考えてて、

なかなか突き止められないのだけど、この時間はわりと嫌いじゃない。

スティックを持つと少しおさまる。ドラムを叩くと少し忘れる。

音楽があってよかったな、と思った。なかったらとっくに壊れてただろう。

意識してなかったけど、救われてたのを感じる。

これからも救ってもらえるんだろうか。










JUGEMテーマ:コラム

at 17:51, あおき, 日記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ワンマンと大阪


明日は大阪でライブ。

12月のスタジオ帰りのある日、私はおりえぴょんに電話をした。
大阪でライブをやりたいからブッキングの人を紹介してほしい、といったような旨を伝えた。
日ごろから連絡を取り合う関係ではないのだけど、おりえぴょんなら、この大阪でライブしたいぜ!という
気持ちを何とかしてくれると思ったからだ。
その電話の30分後くらいに、FANJ twiceをおさえたという連絡が入って、おりえぴょん主催でイベントがやる事が決まった。
なんというフットワークの軽さだろうか。はんぱねぇぜ。

東京から誰か連れてきてもいいですよということだったので、去年何回か対バンをしたInside of the doorを紹介して
一緒に出ることになった。快諾してくれたInside of the door、最高。

おりえぴょんの企画には2013年2月10日に出た。ちょうどそれが第一回の自主企画だったらしい。
企画なんてもんは、誰にでもできるけど、続けることは難しい。2.3回で普通は飽きる。
バンドにノルマをつけて自分のリスクを回避しようとするイベンターばかりだけど、
おりえぴょんはリスクを負う系イベンターだから最高だぜと思う。
私は安全地帯で見守っているわ、必死になるのはバンド側だけ、という姿勢ではだめなんだ。
バンドマンはバカであれ、イベンターもバカであれ、だ。
今回が3周年のこの企画、運命を感じる。

自分でやった企画をこんな風にまとめるなんて、おりえぴょんすごい、すごすぎるぜ。
そしておりえぴょんは返信が早いのが最高に素晴らしい。こんな人はいるようでいない。
歴代返信早い人ランキングは
1位 おりえぴょん 2位 キウイ 3位 ex.日向文 だ。

本当はリリースがもっと早いつもりだったから、この大阪ライブはツアーの位置付けだったのだけど、
レコーディングの兼ね合いでリリースが遅れて大阪単発ライブという扱いになった。サムライらしいね。
まぁそんなライブに関係ない情報をはさみつつ。とにかく大阪が楽しみおりえぴょん。
5周年目指して頑張ってほしい。



1月30日はワンマンだった。ワンマンは自分たちへご褒美だ。
それにしてもリリース前にワンマンやるバンドがいるか?
それはリリースが遅れたから結果そうなっただけ。サムライらしいよね。

ワンマンではセットリストのリクエストを募集した。
普段セットリストを考えている時に、自分たちはやりたいけど、この曲みんなは聴きたいのかな?
なんて不安になったりすることは・・・・別にないけど、あらかじめ聞きたいって言われてる状態の曲をやるのって、
楽しい。。。。と思った。

下北沢モザイクは初めてワンマンライブをやらせてもらった場所だった。2011年。森本店長になる前のモザイク。
サムライといえばモザイク、モザイクといえばサムライ? そんなことはないか。
ライブハウスって1人だけスタッフが良いってことはあまりなくて、1人が良い感じのオーラを出してると、
他全員が良いオーラを出している。
モザイクはスタッフが最高だぜ、という話を大阪でthe ciboを脱退した人と話した。
なんだかエロい顔をしていた人だったけど、自分に似てる何かを感じた。

去年末の大阪ライブの打ち上げの話を一昨日のスタジオで江沼とキウイから聞いたけど、ほとんど記憶に残っていなかった。
酒を飲むと豹変するタイプだと認めたくないけど、たぶんそういう人間なんだろうな。
でも打ち上げでそんなに盛りあがったことが、バンド活動をしている中でほぼゼロに等しいので
貴重な1日だったと思う。大阪に行くとテンションが上がってしまうのかな?明日も上がってしまうのかな?


ワンマンで18曲やったけど、あっという間だった。いつも以上に。さら〜り、さらさら、さら〜り。という感じ。
忘れゆく、心臓ってホントに最高な曲だぜ。と改めて思った。

企画とかワンマンをやる時はいつも、あ〜お客さん全然来なかったらどうしよ〜死ぬ~死ぬ〜。といつも毎回確実に思ってて
死ぬ気持ちを抱えたまま当日をむかえるけど、毎回必ずステージに立ってみるとお客さんがたくさんいる。という
景色がある。今回こそはだめだろうと、毎回思うのだけど、毎回大丈夫なことになっている。不思議だな。そしてありがたい。
見に来てくれている人に、どれだけ日々救われてるかわからない。
感謝の気持ちは音楽で返す以外方法を知らない。 

2/17が遠いなぁ。

echo 最高だよなぁ。

錯覚とechoばかり聞く日々。









JUGEMテーマ:インディーズバンド

at 15:39, あおき, 日記

comments(2), trackbacks(0), pookmark