May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

石垣島に行きました。

どうも。

 

「ぱいかじ南海作戦」

という映画の舞台が西表島で、その浜辺の景色が素晴らしかったので、行ってきました。

 

羽田空港から石垣島に乗るために前日から羽田空港に泊まって

6:10の飛行機で出発、9:40に石垣島に着きました。国内にしてはなかなか遠いです。

 

石垣空港から港ターミナルまでバスが出ています、30分ほどで随時出ています。

 

10:20頃に港に着いてそこから西表島の船に乗ります。1時間に1本くらい出ています。

 

11時の船に乗って西表島に着いたら今度はレンタカーを借りて、目的の浜辺を目指しました。

 

景色がやばすぎたのと、レンタカーを借りた時点での達成感が凄くて興奮しており

途中何度も降りて、景色を見て、進んで、降りて、景色を見て、を繰り返していました。

ほとんど観光客もいないので、車も人もいません。

 

僕が目指していたのは、南風見田(はえみだ)の浜というところで、港からは15分ほどで着きます。

 

あまりにも誰もいないので不安になりながらも、車道の終点に車を止めて浜まで歩きました。

林道を歩きながら、ハブが出てきたら超怖いぜ。と思っていました。

 

そして、林が終わって、浜辺に出ました。その浜辺の様子は私のインスタグラムをご覧下さい。

2時間くらいその何もない浜辺にたたずんでいました。天気はクソ晴れていたのでクソ暑かったです。

海は衝撃的にキレイでした。トイレも何もないので観光地化されてない部分が何とも素晴らしいです。

 

東京からココまで6時間ほどです。意外と近いですね。全然日帰りできます。

 

浜に別れを告げて由布島に行きました。牛車に15分くらい乗って渡る小さい島です。

ここはモロ観光地という場所です。

観光地によくある勝手に写真を撮られて、買うか買わないかは見てから決めて下さい。

ってやつがありました。島に入ったらすぐその流れになったので逃げられず、

一人で写真を撮られる姿は何とも屈辱的でした。

 

17時に港に戻って、帰りました。17時台で船は終わりです。

ホテルまでは港からバスで5分、歩いて20分の距離だったので歩いて街並みを味わいました。

店からは三味線の音と歌声が聞こえました。やっぱり沖縄にきたら夜は島の物食べながら生ライブでしょ。

と誰かと来てたら思うでしょう、でも一人だったのでまぁ別にいいや。と思ってホテルで寝ました。

 

翌日は早起きして8時の船で小浜島に行きました。

小浜島は西表島に比べれば小さく自転車で全土を巡れる大きさでした。

 

雄大な景色を前にして、自分にとっての一番の贅沢は、こういう島で、ただ何もしないこと、です。

時間を気にせず、ただひたすら島の先端部分に座っていました。

 

昼過ぎくらいからは小雨が降ってきて暗くなってきたので、たそがれモードから一転して、全力で港まで爆走しました。

全力で走りながら、今ここで壮絶にこけて自転車が大破したらかなりやばいぜ。と想像していました。

 

石垣島に戻ってからは、私の満足メーターが振り切ってしまい、なんだか他の島に行く気がなくなったので

港の周りをふらふら歩いて時間をつぶし、夕方頃空港に戻りました。

 

帰りは直行便は取れず、石垣島→那覇空港 那覇空港→羽田空港。でした。

そして羽田空港の到着が遅れて23:50分頃に着いたので終電を逃し、羽田空港にもう1泊しました。

 

翌朝8時から、みるくベイビーズのスタジオ練習が新宿であったので、羽田から直行バスで新宿に行きました。

 

「何もしない」をすることができてよかったです。

そして孤独と向き合ってきました。

 

海ぶどうとかもずくとか、ゴーヤとか食べたいと思っていたのにやはり一人だとお店に

入れませんでした。

これはもう病的なやつです。病気を治すつもりで行ったのに、、、だめだった、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

 

12345>|next>>
pagetop