ワンマンを振り返る その後

ワンマン終わったあとは頭痛がひどくてひどくて、あと機材が重すぎて辛かった。

スネアとペダルってこんなにも重かったのか。なんて思った。

2018.11.18 下北沢MOSAiC。

50人くらいのお客さんに見守られて、60分程度のライブをやった。

あっという間に突っ走った。物販はCDだけ。この日のために作った特別版のCDは4枚売れた。嬉しい。放送禁止すぎるアナモネが入ってる貴重CD。

てぬぐいを作るつもりが間に合わず。今回作ったかっこいいフライヤーや、ポスターは

あんなにたくさん作ったのに当日は持っていき忘れて、欲しいと言ってくれたお客さんの手元に渡らなかったのが失敗だった。

フライヤーは20000枚以上作って、色んな会場に折り込んでもらった。

とんでもないビッグネームからの祝辞があった(が、大物すぎてどこにも載せられない。一部の友達に自慢しただけで終わった。

しかしその気持ちが非常に嬉しくて、人を動かすのはやはり愛なんだ、と知ったのであった)。

世の中は愛でできている。どれだけ愛を振りまけるかが大事なのでは?と、普段思わないことを思った。

 

ライブをやると色んな事が起こるもんだ。そして自分の考えもライブ前と後ではまるっきり変わる。

ライブ後に自分は何を思うんだろう?この先に何を見つけるんだろう。とか思っていた。

結果、ライブ後は、またワンマンやりたいって事と、もっと羽ばたきたいってことを思った。

 

ライブ前の影アナを広瀬〇ずさんにお願いして、自分が考えた原稿を読んでもらった。謎の恥ずかしさがそこにはあった。会場がざわついたのでニヤリとした。

シマナガシ矢吹のお面を配り、そのお面をつけてもらってお客さんと写真を撮りたいという夢が叶った。

1人2個持ってもらいたかったのに、なんか足りなくて残念だった。

 

チケットの予約はDM、リプライで。メールでも受け付けてます。というセリフをいつもダサいと思っていて言いたくなかった。

入口で名前言って入場って煩わしいよなぁ。とずっと思っていたから当日券のみにした。

あーなんか今日行く気しないけど、前売り買ったから仕方ない行くか〜〜っていう人は少なからずいて

もしくは、あ〜前売り買ったけど、なんか今日行けなくなったからチケットもったいないけど、行〜かない、って人も少なからずいる中で

当日券のみのメリットはもしかしたら少ないかもしれない、というかメリットはほぼない。

効率の良さを高めていくばかりの世の中で、あえての不効率、いや不効率といっても、良い点もあるよ。入場時がめっちゃ楽だし!

誰が来るかわからないドキドキ感!ライブ行きたいけど受付で名前とか言いたくない人とかにもぴったりさ!

おかげでライブ後、えー!あなた来てくれたのー!っていう事を思いまくった。ロビーに出てびっくり的な。

 

しかしまぁどうしようもない存在なのは自分だけなんだな、というのを強く思った。

何もできない自分が少しでもまともに近づけるように、もがいてるのかもしれない、と思うばかり。
自分に足りない部分を自分でわかってる。そこに目を背けないようにはなった。恥をかきたくない、なんて思いが
何かの足を引っ張っていた気もする。
あと、いくつかの吹っ切れられそうもないと思っていた問題から、吹っ切れることができた。
幻想と書いて、ファンタジー。とミルク鈴木は唄っていたけど、まさにそんな感じだ。
ワンマンまですごい準備して、あぁやっぱりライブやるって大変だなとか思ってた。
気持ち的にはワンマン後のほうが、やりたいこと、やらねばならないことを追いかけ始めていて、今のほうが全然大変な感じだ。
そんなモチベーションに駆られてるのも、ワンマンライブをやりたいと思って実際にそれをやったおかげだろう。
8年前に東京みるくベイビーズが休止して、サムライに加入して、サムライが解散して、みるくのワンマンをやったわけだけど、
よくこのみるくのようなバンドをやってる人が、サムライのような音楽をやって、なおかつ運営をやれてたなと今は思う。
もうあの感覚に戻れない。細胞とか偽光のMVを自分が作れてたなんて驚愕の事実だ。
思いついた事を形にしていきたい。
動機はただそれだけだから、そこの部分をシンプルに大切にしていこうと思う。
次回のワンマンの日程発表前に、ライブ映像を公開する準備を今はしているので、
来た方は楽しみに、あと来たかった方も楽しみに、あと行く気なかった人もそれを見て、次は来てほしい。
また来てほしいと思って写真撮ったり動画撮ったりしてるわけだから、そのように思ってくれる人が、一人でもいたら、それってすごいイイ事だよな。
縦に撮った写真はなぜか横になっちゃうから、載せない。クソjugem。
このSNS時代。気軽に写真は載せないほうがいい。からこそ思いついた矢吹お面。素晴らしくないですか?
矢吹お面をつけてもらって、たくさん写真を残していきたい。

at 22:49, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, ライブ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

どうしても秋が似合ってしまうバンド

どうも、東京みるくベイビーズのブルーウッド青木です。

イイ音楽にしろ何にしろ、出会ってしまったもんはしょうがない!

いやー近頃はかなりバンドに力を入れてまして、初期衝動を全身に浴びています!

サムライが解散してからの2年間は音楽に熱を燃やせなくて苦しい日々でしたが、ようやく穴から飛び出したような感じなわけです!

 

先日のとある寒い日に、シャッフルで音楽を聴いてたら「忘れゆく、心臓」が流れてきましてね。

その時の情景に、かかってきた音楽が合いすぎて、サムライは秋のバンドなんだってことを再確認した次第です。

SAMURAI JACK UNIVERSEはiTunesでも、LINE MUSICでもAmazon MUSICでも、なんとspotifyでも聴けます!流行りのspotify!

今もよく再生されているという情報が僕の元には入ってきております。嬉しい!これは永遠に続くのか?

CDの在庫はもうないのにそういう形で音楽が残っていくと考えると、CDが消えゆく時代も悪いことばかりじゃないのかも。と思えてしまいます!

久々にサムライ全曲聞いたので、ちょっと全曲の秋っぽさを述べてみたいと思います。

あくまでも主観なので、みなさんも自分自身の秋っぽさを感じながら次回から聞いてみてはいかがでしょうか!

 

 

呼吸:あ〜これはどう考えても100%ですね!呼吸が白い息のように感じます。このPV撮ったのも秋でしたし!

Crying Swan:なぜこの激しさにも秋を感じられてしまうのだろう!サビの爽快感は夏じゃなく、秋なんですね〜。

BABEL:Aメロのしっとりした感じに秋を感じますよ。サビで突き抜けていく感じが冬じゃなく、秋なんですね〜。

青:青はわりと春ソングとしてもいけそうな気がするのは、青という名前の春っぽさでしょうか!

素晴らしき生命:この柔らかい世界感、包まれる感じが秋の木枯らしを連想させますよ。RO69バージョンのコンピverほうがどちらかというと好きです。

1984:ギターの絡みのところが秋を連想させますね。右と左にギターの音を振ってるわけですが、この曲はそれがひと際目立っている気がします。

戦争と平和:サビ後の杉浦ギター後の展開やばくないですか?我ながら凄い展開ですよ。秋と言いたいけどこの曲は冬ですね!雪って言ってるしね!

beautiful:この朝感は、夏寄りの秋でしょう。低い声の部分と高い部分の高低差が半端ないですよ。演奏するのがかなり楽しい曲でした。

It:改めて聴くと歌詞がより一層突き刺さるわけですけど、Itは良い歌詞レベルがMAXですね。そんなにライブではやらなかった気がします。

No.451:これは秋じゃないですね、2月の曲です。なんで451かっていうと、この曲が4分51秒だからです。ライブで人気の曲でしたね。

anthology:凄い音から乾燥してる感じが伝わってきますよ。カラっとしている感じ。最後の展開が曲者ですね。突然何か変えたくなるお年頃だったのでしょう。

細胞:この曲に季節は関係ないぜ!熱い煮えたぎった力をマグマのように放出するのみ!スティック折れるぜ!

Last April:10月の朝と言いながらもタイトルにはApril!この曲を聴いてるとMVの映像が蘇ってきます。青い光に包まれてる曲!

sign:この曲のもつ年末感はなんなんだろう。終わりゆく秋!枯れていく葉っぱ!

夜と別人 弾き語り これバンドでやろうと試みたんですけど失敗して弾き語りが一番良いという結果になりました。

コード 弾き語り これもバンドでやろうと試みたんですけど失敗して弾き語りが一番良いという結果になりました。ワンマンのアンコールでよくやってましたね。

BABEL 弾き語り えーこの曲も弾き語りで音源化していたのー!すっかり忘れてたわー!寝る前に聞くと絶対いいよこれは!

家族 弾き語り どこで配ったんだっけなー!しっかり作られているのにほとんどの人に伝わってないんだろうなこの曲はー!大公開したかったなー!

月に想う こういう曲ホントは大好きなんですよ。なんか、踊れますね。秋っぽさはそんなないかな〜。イントロのギターを聞かせたくて作り上げた曲です。

CURE ドラマチックな展開な曲!疾走してるのに疾走してないという技!編曲大賞!杉浦ギターせつないで賞!

サカナ 5th seasonのツアーを凄く思い出すんですよなぜかこの曲を聴くと。溜めて溜めて溜めて〜〜〜〜やんわりドーンという感じですね。

peoples この重々しい雰囲気はサムライにぴったりですよ。ライブではそんなにやってない感じですが。秋というより夜。深夜1時の曲。

シャロン 問答無用な秋感!全てが秋!2009年には完成していた曲がついにパッケージング化!

結末 他の曲とは一線を引く世界観だと思いますね。これもMV撮影は秋でした。少し寒くなってきた頃の朝霧高原。深夜から早朝の撮影。最高。

光 久々にMVも見たんですけど、この初期衝動感は凄いですよ。なんでしょう。この曲に救われてきたぜという感じがなんだかしました。

Iについて この曲と忘れゆく心臓をどっちをMV撮るか迷ったんですけど、まぁこっちではなかったですね。聴けば聴くほど良くなる曲。秋っぽさ80%。

echo これまでやってきたことを詰め込んだような曲です。大人になったサムライ。echoというアルバムを作れたことで解散したサムライ!その事実が響く!

偽光 アルバムverよりシングルverのほうが僕は好きですけど、この曲は凄いですよ。何度も言いますけどこのMVの最後の終わり方、かっこよすぎじゃないですか?

time 歌詞のリアル感が突き刺さります。死骸になってしまう、ですよ。やばくないです。これもなんだか大人サムライって感じの聴いてると力が入ってきます。

錯覚 解散ライブでついに人前で初めて演奏した曲ですね。なんかechoと錯覚は、別格の存在感を放ってると思いますよ。繰り返し聴かれる事で意味が出てくる曲。

東京 ものすごくあっさりとシンプルに演奏することで、歌の力を最大限引き出すことに成功している曲ですね!今も長く愛されてる気がする曲!

忘れゆく、心臓 大好き!これをやらないとサムライじゃないぜ。といえるほど後期は救われた曲。心して聞かなければならない曲!そして深くまでひたれる!

 

 

連続で聞くと結構曲数が多い!

気付いたと思いますけど、途中から秋とか関係なくなってます。ただの曲の感想です。

これ全曲なんですかね、たぶん全曲じゃないんですね。細かい特典とかで音源を作りすぎて、自分で持ってないパターンですよ。

夜と別人はどのタイミングで配ったのかもう覚えてないですし。【願い二人を分かつまで】がなぜかiPhoneに入ってないし!

BABELの弾き語りとか、よく作ったなー。と思います。in the air とused worldはもう殿堂入りという事で割愛でいいでしょう。

あとライブで1回だけやってそのまま消えた曲が5曲くらいたぶんあります。

 

こんな全曲レビュー的なことをやろうと思ったのもね!今、自分がみるくに全力を注いでるからですよ。

今バンドやってなかったらただの、あ〜あの頃はよかったなーそれに比べて今の生活はっていうクソな感じになっちゃいますけど、今も音楽やってるんでね!

今日もこれからモザイクにワンマンの打ち合わせをしに行くんでね!モザイクでライブ最後にやったの2016年1月ですよ!2年半以上ぶり。あっという間に。

熱中するものがあると全てのものがうまく回っていく説!細かい戯言を言わなくなる説!小さいことが気にならなくなる説!

最近あれなんですよ。電車乗る時にスマホに夢中でもう乗れるのに全然前に進まない人にすら、全く腹が立たなくなったんですよ。

これって凄くないですか? 自分に良い事があると周りにも寛容になれる説、かつそれがまた良い回転を生み出していく説。ですね。

 

でも、経験上、良い事の後は悪い事が、まぁきますね。そのサイクルどうにかならないですか?上がった分だけ落ちるのホント勘弁してほしい。

しかし、大事なのは必ず落ちるとわかってても、今の良い事を受け入れるのを怖がらないってことだと思うので、上がって上がってあとで泣きます。

 

ちなみにSAMURAI JACK UNIVERSEで画像検索すると一番上に来る写真はこれです。

僕に限っていえば前髪長すぎですね!

 

 

 

東京みるくベイビーズの最新PVはこちら!2018年9月公開。

 

初ワンマンはこちら!

11/18(日) @東京 下北沢MOSAiC
【東京みるくベイビーズ 初ワンマンライブ】
開場 11:30  開演 12:00 
当日券:1,000円 (ドリンク代込)

日曜の昼!当日券のみ。予約必要なし!

 

 

at 18:27, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, サムライの話

comments(2), trackbacks(0), pookmark

数字

なんでも見える化してるから、ついつい数字=評価みたいに考えてしまいますが、それは幻想ですから。幻の世界!

例えば〜昔のホームページにはアクセスカウンターがTOPページにあったじゃないですか。

んで、自分でホームページ作った時は必死に自分で「F5」を連打してカウンター回すじゃないですか。

あれと一緒なんですよ!

 

この数字のせいで、レスポンスの速さに気を取られてしまいがちですが、物事というのはじわじわと広がるのが、イイじゃないですか。

さっと広まったものはさっと消えゆく運命なんですよ!

いや広がる広がらないは一旦置いておくとして、やっぱり1人に向けての作品作りが最高に素晴らしいと僕は思いますね!

そもそも大衆受けの物なんて作れないどころか、大衆受けというものが、何なのか全く理解してないくせに大衆向けとかいうなって話なんですよ。

たった1人が笑ってくれれば、やる意味はあると思いますし、そもそも意味なんてなくていいんです。意味は自分の中だけにさえあれば。

それは外から見える必要もなければ、外に見せる必要もないです!

しかし!外に見せなきゃやってられない人は見せなきゃだめ!

 

それにしても生きていると色々なことが起こりますね!単調に感じてる自分の日々にすら事件はたくさん起こるのですから

活発に動いてると思われる皆様におかれましては、さぞ日々問題ばかり事件ばかり、そして楽しいことばかりの日々なのでしょう!

それともそう見えるだけかな!

 

 

at 12:45, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

36歳

 

今日で36歳になりましてね!

この1年は東京みるくベイビーズを頑張りますよ!

サムライが解散して2年経って、その間も地下では活動していましたが

そろそろ地上へ出てきてもいいんじゃないかと!

もう完全に熟してるんでね。

ワンマンライブをやります。

 

 

2018.11/18(日) @東京 下北沢MOSAiC
【東京みるくベイビーズ 初ワンマンライブ】
開場 11:30  開演 12:00 
予約不要。当日券:1,000円 (ドリンク代込)

 

当日券のみなので、予約は必要ありません!

advとかdoorとかそういった概念もありません!

ドリンク代込みです!税込み表記、みたいなもんです!

 

これってどういうことかわかりますか?当日まで何人来るかわからないってことですね!

自分がステージに出るその瞬間までわからないんですね!

なんて体に悪いんだろう!

 

ワンマンに先立って新しいMV作りました。みんなが大好き、そうクフ王です!

 

 

youtube、我々はyoutuberという言葉ができる前から動画をあげてますけど、

また色々あげていくのでチェックよろしくお願いします。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:インディーズバンド

at 17:00, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, YouTube

comments(0), trackbacks(0), pookmark

リキッド

ふみや君のライブに行ってきまして、表記はこれからはENUMA FUMIYAになるんですかねわかりませんが。

衝撃的だったのはインスタに1発ライブ告知をしてから、それ以外何も、、せず。何もせずだったわけですけども

これは即完したんだからもう何も発表することなくね、という考えからすると確かにその通りでした。

事前にCD発売したりとか、そういう戦略的なところが何もない所がまた、一体何をライブでやるんだろうという

想像力を掻き立てられて、楽しみだったけですけど、今思えば全部新曲だったことは、そりゃそうだ。と思う次第です。

まさかplentyの曲やるわけないでしょう!そんなのザ・クロマニヨンズがリンダリンダやるようなもんですよ!

 

SNSを何もやらない状態って昔のバンドの姿のようで、自分が高校の頃は、、、って昔話をしたくとも、

自分が高1の頃なんかは、ライブハウスに行ったら絡まれて殴られそうで怖くて行けなかったですけど、いや高3くらいからは頑張って行きましたけども、

とにかく行きたいバンドの情報が全然わからなくて、でもバンドは活動しててフリーペーパーとかライブハウスのスケジュール表を探して、

ようやくそのバンドがライブをやるのを確認できて、チケットの買い方もわからねぇぜって感じだったのを思い出して、

懐かしく想い、あぁこういう情報が少ない感じ、かっこよすぎるぜ。と思う次第でありました。

といいつつフミヤ君はSNS何もやってなくなかったです。インスタやってますね。

しかしほとんど更新しないSNSはやってないのと同意、という事にしてください。

 

だいたいツイッターに画像載せてイェーイっつってなんかやるのとか、好きな人は好きでしょうけど、だるい人は

そんな事やるのめんどくせって思うはずじゃないですか。

それでも宣伝のために告知のために、だるいと思いつつやったりしてる人もいるわけで、

いや、やりたくてやってる人はいいんですけど、ファンが見たいからって、やりたくないからやらないっていう姿勢をファンが受け入れてしまえば、

もうその、ツイッターやらないのがかっこいいよね、になるわけじゃないですか。

敷居を低くすると、入りづらくなるけど、一度入ったら出られなくなる仕組みになってるので、音楽の部分に魅力さえあれば

オッケーなやり方なのでありました。

まーだって細美さんがツイッターやってないのってめちゃかっこいいじゃないですか。

でもブログやってるのってマジで嬉しいし毎週やってるラジオクソ最高に面白い番組なわけですよ。

そういった意味ではふみや君には毎週ラジオ番組をやってほしいですね。J-WAVEでね。

SNS死ぬほど嫌いそうな平手友梨奈ですらラジオ番組があるわけですから、ふみや君のもきっと楽しい番組になりそうな予感がします。

音楽的にはロッキンじゃなくてフジロックが似合うアーティストになったのではないかと思います。

フジロック行ったことないですけど。フジロック行ったことないのは先日のブログで述べた通りです。

 

この日はしかしながら本当に体調が悪くて、インスタ見た方はお察しかもしれませんが、朝に12%のサワーを

飲んだからで、これがよろしくない味をしてまして、その後遺症がこの日1日、そして次の日曜日にも続いたのでした。

頭のねー後ろがね。ガンガンくるんですよ。そこにふみや君の素晴らしい高音が響いてね、後半は耳栓して楽しんでましたけど、

それでもガンガン届きましたね。僕のソウルにね。

 

もういい加減ね、客ばっかりなのは飽きたので、そろそろ自分のバンドを。

東京みるくベイビーズ、水面下で動き続けて数年。そろそろ地上に。

 

 

 

 

at 13:05, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

自己満足と紙一重

嫌なことには目をつむり、耳を塞いでいたい。

自分から嫌な言葉を探しにいったりしたくなる感情は一体どこからくるんだろう。

自分が動かなくてもいい言い訳を無意識に探してるのかもしれないぞ。

 

無理にやっても続かない。続かない上に、楽しくもない。

だったらただ、思いつくままに、しかし死に物狂いでやったほうがいい。

この死に物狂いでって部分が、楽しいと感じる上では大切。

保険かけてやってもつまらないし、べつにこれが失敗しても人生に何も影響しないような状況で生み出すモノづくりなんて、価値がない。

その価値を決めるのは自分自身で、実は他人の評価じゃなかったりする。

自己満足とは紙一重で、紙一重ギリギリで自己満足にならないモノに価値がある。

 

自分が本気で楽しいと思うことをやったら、誰かのためにやってないのに、誰かのためになってしまうもんなんだ。

もうそれは、そういうもんなんだからしょうがない。

 

 

 

 

 

at 17:21, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

友達

その人の成功を自分のことのように喜べる、のが友達。なんですよ。

同業同種じゃないからかも。友達少ないとか、多いとか。なんですぐ量の話をする?

数は関係ないんだ!数じゃないんだ!質なんだ!いや、なんですぐ質の話をする?

質の良し悪しなんて自分自身で理解してればいいんであって、誰かに質を問う必要はない。

妬みで飯は食えない。何を食べるかより、誰と食べるか。

何を語るかより、誰が語るか。誰が言ったか、は自分の中ではとても重要。

 

at 18:29, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

フィクション

人の意見は気になる。聞いちゃうと、自分のものじゃなくなる。

自分がやる意味がなくなる。

 

自己啓発本は永久に売れ続ける。

ついノンフィクションを読みたくなるけど、物語の本を読んでいるか?

 

amazon music 自分にはあわなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームページが新しくなりました。

0720.jp

at 17:32, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

新しいミュージックビデオ

近々、東京みるくベイビーズの新しいミュージックビデオを公開する。

映像作品を作ってると、最高の気持ちになる。

原点に戻って、撮影編集を自分1人でやってる。楽しい。

もう好き勝手にやらしてくれ。

全部自分の思い通りに動かさせてくれ。と思う。

 

人の言う通りにやろうとすると、一瞬で自分が潰れるのはもうわかったから、もう負けないぞ。

 

 

 

JUGEMテーマ:インディーズバンド

 

 

at 18:11, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, みるくベイビーズ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

大人になったらフジロックの出演者ほとんどわかるようになるのかと思ってた

あぁ、今年もフジロック行かなかったなぁ。

行きたいと思っ。。。。てるわけでもないけどさ。

 

いや思ってなくはないか。なくはないだろ? 家の隣が苗場だったら行くだろう?

 

いや、、、行き方を調べたことないから、ないのかなー。

 

行ってる人からしたら、あなた人生損してるよ。系のことなんだろうなぁ。

人生とは損をしまくる事なのかもなぁ。

 

大人になったらフジロックの出演者ほとんどわかるようになるのかと思ってたけど

全然今も知らない人ばかりだなぁ。でかいステージの人すら怪しいもんなぁ。

 

いやいやフジロックの楽しみは音楽だけじゃないらしいよ。それ以外の施設や何やらも楽しいらしい。家族で行っても楽しいって。

でも家族で行ったら酒飲みたくないしな〜。

知らないアーティストを発掘していこうよって、あの空気感を楽しもうって、減らないビール飲もうよって

ことなんだろうなぁ。

 

なんかこう、オーガニックな。感じの音楽を年齢と共に好きになるかと思いきや。

ならないなぁ。今もチャミグリ好きだしなぁ。

 

 

去年グリーンルームフェス行ったけど。結局オズフェスとかノットフェスのほうが楽しいしなぁ。

 

今大好きなの、Little Glee Monstar だしさ。

 

いやいやLittle Glee Monsterだから。好きならスペル間違えるなって〜。

 

毎晩リトグリのライブ映像見てるだけの日々だしな〜。

 

ロッキンチケットまだ11日は売ってるみたいだからリトグリだけ見に行こうかな〜。

 

そういえばタイムテーブル見て思ったけど、TEENS ROCK IN HITACHINAKAってめちゃめちゃ気になるじゃん。

10時10分からってめちゃ早い。なんてバンドが出るのかも不明。

不明ってそれもそのはず、その枠に出場するバンドが決まるのは、8月9日だから。

ロッキン開催中の平日のLAKE STAGEでそんなことやってるなんて全然知らなかったな〜。

 

11日のチケットも、油断してると売り切れるパターンだよこれ。売り切れならそれはそれでいいんだけど。

上野からの特急チケットもうほとんど売り切れてるしなぁ。

 

ロッキン1人行ったことないから、そろそろ行っておいたほうがいいかもしれないなぁ。

それにしても自分が見たいバンドが出ないフェスのブッキングに文句言う人って面白いな〜。
ほとんどの人はそういう姿を、あ〜自分もそういう感情を持ち合わせてた時あったわ〜って
微笑ましく見守ってるんだろうな〜。

 

 

 

 

at 18:00, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, ライブ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

インディペンデントであることへのこだわりとそうはさせてくれない現状

このやり方が計算されたものならいいのだけど、

もしそうでなかったら心配にはなる。

既知の人に伝えるだけで事足りるんだろうか。

 

いつまでもかっこつけたままでいられるならいいけど、

それをカッコイイとは、今では思えない。

 

 

 

 

at 16:31, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

高すぎる理想

理想という概念からどんどんかけ離れていってるのを感じる。

ただそこにいるだけで、全てが充分ではある。

これ以上何を望むっていうのか。

 

誰しもが表現できるようになったと思っていたけど、

あれは表現とは言わない、と友達が言っていて、確かにそれはそうだ、と思った。

 

しかしながら、自分の表現の仕方が今までと同じでは、自分が満足しないようだ。

 

at 18:57, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

映画館で

期待してない映画を見に行ったら期待した通りにつまらなかった。

これを映画化した意味とは。と考えた。テレビの2時間ドラマを映画館で見たような感じだった。

いやいやその展開はないだろう。なんか規模小さいな。凄いことが起こる予感がしない。

そこは説明しすぎで、そこは説明しなすぎなのかい。いやこのシーンに時間かけすぎじゃないか?随分喋るのゆっくりだな。

あぁ勢いがなくなっていく。この人こんな演技する人だったっけ。ミステリーなのに謎解きにワクワクしない。そのセリフいる?

このCGは監督らしさが出てるな。と思ったけどこの監督の映画1本しか見たことなかった。主人公の役割が異様に少ない。

なんか声と口があってない、全部アフレコっぽい感じ。

このしょぼさはどこからくるんだろう。不思議だ。ある意味で斬新なのかも。

そういった意味では今まで見たことのない映画なのか。無理矢理楽しもうとしてる自分との闘い。

ラストの笑顔は最高。そうか、この表情を見るための2時間だったのか。

といったような雑念が映画を見てる時、頭にめぐった。自分が映画に集中できなかったからである。

原作の小説が売れたからそれを映画化しようっていう流れが好きじゃないのだということがわかってきたのであった。

映画を撮るために作られた原作がいい。そのほうが面白く感じる。あくまでも自分はということであるが。

自分がそう言ってる。あくまでも自分が。そう。言ってる。

 

この日は周りのお客さんも特徴的だった。広い映画館に20人程のお客さん。

予告が終わり、暗くなった途端に2か所で聞こえた、プシュっという缶を開ける音。

ガサガサという袋の音、スナック菓子を食べる音。あらゆる方角からそういった音が聞こえた。

音出す系のお客さん達に囲まれていたのである。

こりゃあやばい予感がするぜ。と「東映」の字が出る前に思ったのであった。

持ち込みする人は本当に映画が好きなのかい、と疑いたくなる。

やばい、映画を愛してない人達と映画を今、観てる。この状況やばい。という恐怖にかられる。

持ち込みをすることで映画館でお金を使わなくなると、その映画館がなくなってしまうかもしれないから、怖くてできない。

リスクが高い。ライブハウスのドリンク代の理論と一緒だこれは。

1人1人の行動が集まって大きな力になるのだから、自分だけがよければってペットボトルを。。。いやそうだよ、なんで

プシュなんだよ、缶ってことはビールか?チューハイか?あえて音が出そうな物を選ぶそのセンス。

そして上映中にトイレ行きたくなるというリスクを考えての行動か?そりゃ大した心構えだ。

そうなったら、もうこちらが全ての音を受け入れるしかない。お菓子は食べ終わればそれで終わり、缶の飲み物だって音がするのは最初だけさ。

しかし極めつけは隣の席の人の、腕時計の「秒針の音」の大きさだった。

いやそんなに秒針って音大きいものですか。信じられないくらいでかいんですけども?

あえてそのでかい秒針音腕時計を映画館につけてくるチャレンジ精神にこちとら気が散ってしょうがない。

というか、自分でその音聞こえるでしょう。隣の私だけに聞こえるなんておかしいでしょう。付けてる自分でうるさいでしょうその音が。気になるでしょうその音が。

いやいや、そんな音なんか気にするな自分。集中しろ集中しろ、映画に集中するんだ。音なんて気になるな。人がいれば音はなる。

自分だって座りなおす時のギシギシ音で周りを不快にさせているかもしれない。

自分がいなければ後ろの席の人はもう少し見やすかったはずだ。ごめんなさい。ここにいてごめんなさい。

映画館で周りの音を気にするなんておこがましいですよね。集中せねば、目の前で起きてる現象に集中。

そうやって自分に暗示をかけて見た結果が、冒頭の映画の感想である。自分の集中力のなさに大敗したのであった。

 

しかし、音に関していえば、高校生の自分だったら、まぁこんなもんだろう。ですんでたはずだ。

もしくはうるさいな。とか思いつつ自分でもジュースやお菓子を持ち込んでる可能性が高いのであった。

上記にあげた事をこんなにもいちいち気にするようになってしまったことは、もしかして残念なことなのではないか。

これは許容ができなくなってるということだ。様々なことを許せなくなっている、それは劣化だ。衰退だ。能力の減退だ。

高校生の頃といえば、観たい映画のスタートが20時からで、観るかどうか悩んだあげく

覚悟を決めてチケットを買おうとしたら、終演が23時を越えるので、18歳未満は観れませんと言われたことを思い出した。

何を観ようとしたのかは忘れたけど、バトルロワイヤルではなかったと思う。ターザンか?ターザンは1999年公開だからターザンっぽい。

クラスの友達とターザンを観に映画館に行くなんて。とんでもない夢のある話だ。おこづかいは忘れたけど、バイトをしてない高校生に

ジュースとポップコーンで650円は高すぎる。絶対持ち込むよそんなの。いや飲むのを我慢するって手もあるぜ。

今はトイレに行きたくなるからジュースを買うことができませんけど、それは歳のせいでしょうか。高校生ならジュース飲んでも

上映中は行きたくならないのでしょうか。というか、この前持ち込んでた人々は全員大人も大人、自分より年上の女性だったから

高校生の自分を引き合いに出してもしょうがなかった。

 

総じて、もしこの映画が地上波の2時間ドラマだったら、このような事が起こることもなく

高校生の自分に思いを馳せることもなければ、自分の集中力について一考することもなかったので

良い映画だったのだと思う。

 

 

ちなみに写真は関係ない。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:映画

at 18:56, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, 映画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

どうでもいいけど亀の旧字は難しい。

 

 

 

 

 

でも亀よりもカメっぽい雰囲気出てるぜ。

 

「偉そうに自分の意見を押しつけやがって」という考えが浮かんだ時に

いや、もしかして押し付けてないのかも?勝手に自分が押し付けられてると勘違いしてるだけなのかも?

という疑惑が浮かんだ。そりゃあ被害妄想ですわな。

しかし、被害妄想がたまに当たるのだよ。ほ〜らやっぱりねの時があるのだよ。

しかしだね、それは被害妄想という、いわば贔屓目で見てるから何てことないワンシーンでも、

ほーらやっぱりに繋がるのではないかな。

 

だからもう、平等なんてありゃしない。だって平等じゃないほうが楽しいしさ。

at 15:57, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

人の熱愛に意図的に興味を示さないキャンペーン

おじさん同士の喧嘩を見てたらなんだかやる気が湧いてきた。

逃げちゃだめだって一体それはどっちからどっちに逃げることなんだろう。

冷めないように頑張っても、もう冷え切った現実を直視しないわけにはいかない。

どこに行っても楽しいなら、どこに行くか悩む必要ない。

価値がなかったんじゃなくて、なくなっただけだった。

それほどの熱狂はどこへ?それを成長と呼ぶのかはわからない。

シンバルを叩く力が強くなった。

こんなに何かを思いっきり叩くことは、そうそうない。

姿勢を正して真っすぐ前を見て、腕をぐるっと回す。

人の熱愛に意図的に興味を示さないキャンペーンはいい感じだ。

自分の目に熱愛の文字が入ったら目を反らすことに慣れてくる。誰もが人の不幸に興味を示さなくなったら、もっと幸福感は増えそうなのだけど

そもそも幸福感って言葉すらいらない。

しかし、今、自分が存在してること、そのことが素晴らしいのだ、なんてそんなこと思えるか?

平等とか、人によって態度を変えたりするほうが自然な気がする。気分ってものがなくなったらロボットのようだ。

どんどん美談が苦手になっていくような。汚い欲望まみれな人のほうが人間らしさを覚えてくるのはなぜか。

低い目標に救われてる気はする。

 

at 11:26, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ツイキャスその後

2018.2.28の19:30から、サムライツイキャスを〜〜やりました。

録音を聞いてくれた人も含めたら100人以上の人がすれ違ってくれたようです。

まぁね。お酒を静々と飲みながらやっていたので後半にいくにつれて盛り上がっていたような。

コメント欄に江沼がいたので、それもまた楽しかったのではないでしょうか。僕は楽しかったです。

 

反省をするとしたら、今も聞いてるサムライの曲っていうトークテーマがいらなかったってくらいですかね。マジでいらなかったですね。

なんか今コメント欄を見返すと、見落としてるのが結構あって、それほど多くコメント貰ったわけでもないのに

見落とすってどういうこと?と思いましたよ。しかしながら、コメントをいただけなければツイキャスは盛り上がらないので

盛り上がりに貢献してくれて感謝です。ぶっこんだ質問してくれた人にも感謝ですよ。

 

ところで先日とあるクソ嬉しい事が起こったのですけど、まだ自分にもクソ嬉しいと思えることが残っていたのか。などと思いました。

感動して泣いたりとか、今までもなかったですけど、もしかしたらこれから待っているのかもしれません。

 

それにしてもSF映画を見ると、自分が死んだあとの世界はどうなっていくのだろう?見れないなんて悲しすぎ。

という状態に誰もがなると思いますが、今まさに僕はその状態に突入しているので、毎晩夜空を眺めながら感傷にふけっています。

感動して泣いたりとか今でなかったとかいうくせに、感傷にはひたるのか?とか思いますよね。

 

それではまた。

 

 

at 14:30, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ツイキャス

2017年の2月28日にやったツイキャス、

SAMURAI JACK UNIVERSEのことをひたすら思い出して色々と喋りました。

2016年の2月28日にサムライが解散したので1年記念日ということで。

 

で、前回の時に、来年もまたやります!ツイキャス楽しくてしょうがない!最高!この日にまたみんなで集まりましょう!

今日見てくれた人は全員集まらないとだめだよ!

的なことを、そりゃ〜もう元気よく!言ったのですが、

なんか自分の中で今はツイキャスをやる感じじゃないので、今回はいつもの感じでやらずにブログに記そうと思います。

 

 

 

 

 

いやいや、やる感じじゃないって、どういうことだよって感じですけど、ありませんか?そういう感じの時。

人間ってもんは波があるじゃないですか。すいません、とにかくやる気がしないんでやらないだけなんです。。。

 

いやいやこのね、「すいません」ってあるじゃないですか。いやいや誰に謝ってんだお前感、半端じゃなくないですか?

その〜。なんか待ってる人がいようがいまいが、めちゃめちゃ偉そうな「すいません」ですねこういうの。

謝るならじゃあやれよ(やっても見ないけど)って感じですし。だったら謝らないほうがマシじゃね?って自分の中の自分がささやくんですよ。

その自分の中の自分と戦った結果ですね。よくわからなくなったので、去年の自分のツイキャスやった後に書いたブログを読んでみました。

 

去年書いたブログ

 

なんだ?このテンションの高さは。高揚感をそのままブログに閉じ込めている。

そして今その扉が開かれる。

 

 

 

 

どうでもいいですけど、今、自分が不幸だと思う人は誰かを幸せにしたり、

誰かを喜ばせようとする意識を持つだけで幸せになれるって話。めちゃめちゃいい話ですよね〜。

でも自分を不幸だと思ってる人に、そんな所に気を回す余裕あるのかな?って思いますが、この

「余裕」って言葉がまたくせもので、人によって「余裕」の具合って曖昧じゃないですか。「幸せの尺度」くらい余裕の尺度も

違いますし、それで言ったら「忙しい」って言葉も、「あ〜今日は早起きだわ」にしても、5時起き?は?いつもだわ。って人もいるでしょうし。

自分の周りの身近な人以外と共有するのは無理ってもんなんですが、

共感が無理なんだだと思わなせないように、無理って気付かないような仕組みにSNSは現在なってるので、共感してもらえなかった時に悲しい気持ちになったり

する人いるかと思うんですけど、数字化されていない、曖昧な価値観を共有するのは無理だと、気づいてもらうには

どうしたらいいのか?あ、どうもしなくていいんだ。だって気づいてもらえるわけないんだから、気付いてもらえたら

それは意識の共有ができてしまうということだから、矛盾してしまう。などと考える日々です。

 

 

 

 

それではまた。

 

 

 

 

いやいや、ツイキャスの話でした。

明日は声だけのツイキャスはやるので、何かしらの話はツイキャスでしようと思います。

 

19時半くらいからでーす。

ツイキャス

 

 

 

at 17:51, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, ツイキャス

comments(0), trackbacks(0), pookmark

一段飛ばして飛び越えた階段は、すべり台を使って降りる

面白いことをやろうとする人の足を引っ張る人がいる。

他人の足を引っ張る人で成功してる人はいない。成功してないなら、他人の足を引っ張りたいと思っていても不思議じゃないだろ?

むしろ邪魔したいと思う気持ちは共感する。

他人を殴ることはできるけど、まさか自分が殴られると思ってない。善意の塊か?世界でただ1人の善人なのかもしかして?

その善人のおかげで面白そうな事がまた一つ消えるよ。誰にもありがとうって言われない善人よ。

小人病の人の仕事を奪うだけの善人様には頭が上がらないよ。

 

一度得た物を手放すのが怖いから、手に入れた物は少しずつ減らしていくことになるのだけどね、

100を段々と10に近づけていくより、100を一度マイナスまでもっていって、

そこから500にする考え方のほうを選びたいものだね。だって失敗はたくさんしたほうがイイって言うんでしょ?それには賛成なんでしょ。

みんながいくらでも失敗しようぜって考え方したら、誰もが素晴らしい人生を送ってしまうから、

浸透しないように誰かが足を引っ張ってるんだろう。

 

 

at 18:21, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

捨てたと思ったら捨ててなかったものを改めて捨てた

スタンス、この広い宇宙空間?きみはひとりじゃない?

むしろいつだって1人だ?

 

君が1人じゃないと思ってる時も本当の意味では1人なんだ?そのランキング自体に意味はない。

自分で決められないことは、誰かに決めてもらう? 多数派の意見に従う?

 

当たり前は時代によって変わる? 新しい?古い? 古くてカッコイイ? 新しい物はダサイ?

毎日行く場所がある人を羨ましいと思い、繰り返しの毎日に疲れる?

憧れる。憧れられたい? 誰かに影響を与えたい? 自分が誰かから影響を受けてきたから?

あの人にみたいになりたい? なれたとして、その先も毎日は続く?夢が叶っても毎日は続く。

オリジナリティを追及? 本当のオリジナリティはもう存在しない?

二番煎じでも一番を知らない人にはオリジナル?

 

今の自分に満足してはいけない。いけない?

いつだって、いつだって。

 

 

 

 

 

at 17:46, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

クガツハズカム IS BACK

クガツハズカム IS BACK ですよ。RIZE IS BACKの如く。

クガツハズカムこと佐藤さん。佐藤さんこと佐藤千亜妃さんです。

佐藤さんが9月20日産まれだからクガツハズカムという名前が付いたということですがホントなんですかね!諸説あり!

 

2018.02.15 @渋谷7th FLOOR  「BABY BLUES」

タグチ ハナ/タテジマヨーコ/クガツハズカム

 

1.足首

2.すべて

3.The SEA

4.新曲

5.新曲 (ゲストサックス:ムラカミダイスケ)

6.新曲

7.手紙/透明ロボ

8.傘をなくして

アンコール.夜が明けたら

 

いや〜マジですか。また見れる日が来るとは想像もしてなかったですよ。

だって佐藤千亜妃 名義でソロライブをやってるじゃないですか? ということはもうこの名義ではやらないんだろうな〜とか勝手に思ってましたよね。

2016年.2017年の誕生日に行われたソロライブは、他の楽器パートも加わって、カバー曲を壮大なアレンジで繰り広げるライブなので、

ギターを抱えて立って弾き語りをするスタイルのクガツハズカムとは、全然違うといえば全く違う。

2016年のソロライブではダブルアンコールでギター持って現れて生歌で夜が明けたらを唄っていたので、弾き語りを見るのはそれぶりということになりますよ。

ソロライブは、次に何の曲をやってくれるのか楽しみ&知ってる曲だったら嬉しい知らない曲でも嬉しい、という何が起こっても

嬉しい状態なのでありますが、クガツハズカム名義であるところのおなじみの曲、例えば今回でいうならば、透明ロボさんの「手紙」は

よくプレイされていた曲なので感慨深い1曲でありました。この後にハナレグミのハンキーパンキーがくるんじゃ!という予想は外れましたよね。

この日の髪型は、前髪があって目が半分隠れていたので、髪が短かった頃の佐藤さんを彷彿とさせました。

2月は過去を振り返ってもよい月とされてるので、壮絶に過去を見つめた1日でしたよ。昔の事をじっくり思い出す日があってもいいじゃないですか。どうですか。

企画名のBABY BLUESは、クガツハズカムさんの曲のタイトルにもあります。とても短い曲です。

きのこ帝国のアルバム「eureka」の9曲目「明日にはすべてが終わるとして」の後にバンドバージョンが収録されています。

 

BABY BLUES:

 それぞれが君の 重みを背負うんだろう

 明日も明後日も 涙が枯れても

 戻らない夜を 返らない朝を 忘れたふりして 笑って 笑ってよう 

 

この3行の歌詞が、たまらなく深い。このBABYBLUESの弾き語りのライブバージョンのCDを持っているのですが、これはとあるツーマン企画で

ライブ後に、その日のライブ音源をすぐに配るという珍しい事を企画者がやっていて手に入れた物です。

その発想にびびりましたが、その日はステージ上にツーマンの出演者が並び、曲を交互に唄って1人が唄ってる時は1人はステージの上で座って聞いてるというスタンスで、相手が3曲連続でやったからって自分は1曲で返してもいいというフリースタイルで、まさに対バンという言葉を表現したライブでありました。

いつだったか気になったので調べてみたら、2012年3月30日の渋谷home 「クガツハズカム/ナカノヨウスケ」 でした。

この頃は、この日のライブにくるとCD無料プレゼント、というのを結構やっていて、その後の渋谷屋根裏のライブでは

笹口騒音ハーモニカさんの「Words kill people (COTODAMA the killer)」をカバーしてるCDを配ったりしておりました。

こういった1回1回のライブにかける時間と情熱の連続が、音楽広がっていくきっかけになったのだろう!と思うばかりですよ。

 

これね、このイベントを何故知ったのかという所なんですけど、今年の1月に渋谷乙に向かう道すがら、

乙といえばクガツハズカムだよな〜という趣旨のツイートをした所、

BABY BLUES/コガツハズカムというツイッターアカウントの方がこれをお気に入りしてくれまして、

いや、今はイイネボタンというんですか?知りませんけど、ハートのやつを押してくれて、コガツハズカム?なんて名前なんだ!と思って、

その人のツイートを見てみたらクガツハズカムの出るライブを企画してる告知ツイートがあって。

でもこれ見た時に、え?クガツハズカムがライブやるわけなくね?と思って疑いましたよね。

しかし、3,800円というチケット金額が非常にリアルだったので、あぁ本人か。となり。

え?本人?ライブやる?チケット?買う!となったわけです。久々にイープラス土曜日10時の勝負をしましたよね。

これはもうツイッターのおかげですよ。やはり最高最強便利ツールであり告知に使うにはもってこいの存在であるのは今も昔も変わらず、しいて言えばサムライ全盛期に動画投稿機能あったらな〜とか思うほどの圧倒的存在感であるのを再確認した次第です。

企画者のゴカツハズカムさんはこの日以外にもイベントをやっているのですが、

まずプレイガイドでこの日のチケットを発売→即完、からの、自分のイベント会場では手売りチケットあります、というやり方が素晴らしいと思いましたね。

単発で終わらせたんじゃ意味ないので、他の自分のイベントに集客するための策を考えないといけないわけですよ!そして当日券も出すという優しさ、素晴らしい

 

会場は渋谷7th floor。ここは7階に行く手段が小さいエレベーター1つだけなので、ソールドアウトの時はなかなかきついです。

30分で100人を1回に5〜6人しか乗れないエレベーターで上げ下げするってなかなか大変じゃないですか?

帰る時だって、7階から1階に降りるだけで、さいたまスーパーアリーナのアリーナ最前エリアから出発して、さいたま新都心駅に着く、

ぐらいの時間かかりましたからね。でもそんな事情があってもやはり往年の思い出を振り返るためには、ここの場所じゃないといけなかったんですよ!

ガッツリ毎月活動していきます!という感じじゃないのであれば、思い出深い場所でやらねばならないのです!

ムラカミさんが言っていた、昔は2、3人の前でライブをやってて〜、それが今ではこんなにたくさん〜。っていうやつ、やりたいじゃないですか。

こういう話よく聞きますけど、何度聞いてもイイ話だと。。思います。。。

昔は大勢の前でやってて、でも今は2.3人です。って話もちょっとは聞いてみたい気持ちもありますが。

ってそれ東京みるくベイビーズの現状じゃないですか?次のライブでミルク鈴木にそれを言ってもらおう。

 

音楽のスタイルは時と共に変わっていくもので、今のきのこ帝国はだいぶ歌詞の世界が柔らかい感じがしますね。

あれですか?シューゲイザーの要素が薄めとか言うんですか?

しかし僕自身がまずシューゲイザーの何たるかを全く理解してないので、ジャンル的な話はよくわかりません、しないほうが無難です。

昔のほうがよかったって言われないアーティストはいないですし、そういう声が目立つのって、そう思ってる人しか発言しないからだと

思うんですね、今も昔も変わらず聞いてる人はただ黙って聞いてるので、今も昔も最高だぜ、ってあんまり言わないですよ。

自分としてはバンドとしてもソロとしても多紀に渡って活動してる今のほうが昔より100倍イイゼ、と思うばかりです。

昔のほうがよかったって言われるかもしれないような変革をバンドが恐れずにしているのって、嬉しいことですね。

しかし、そのバンド変革が自分に合わなかった時は相当ショックだろうとは思いますよ。好きだったのに〜。ですよ。

「昔は好きでした」ってその告白いる!?その告白必要なの!?それを言われてどういう感情を抱いてほしいわけ?ってやつですよ。

でも昔のほうがよかったって声高らかに言いたくなる気持ち、わかりますよね、、、自分が好きな頃のままでいてほしい気持ち。

言われた側は、そんなの知らないよお前の尺度にあわせてられるかよ聞きたきゃ聞け聞きたくないなら聞くなという気持ちになるでしょうが、、、

片方の意見しかないのが一番危険ですよ。全員が褒めてる状態って。好きな人しか聞いてない閉鎖空間はどんどん規模が縮小していく前兆です。

反対意見があっても、こんな事言ったら袋叩きにされる。。。怖い。。。言わないで静かに離れよう。。。という感じで古参のファンだけで固められていく。

そういうバンドいますよね。あぁ〜いますね。いや頑張ってほしい。そのままのスタイル貫いてホントにやっていけるのか体現して見せてほしい。

 

そしてやっとライブの感想なんですけども、1曲目の足首の透明感、いやこれは透明感というしかない物なのです。

言葉で表現するの無理なんですけど、文字にするならば切れ味抜群の透明感が噴射されまして、新曲超よかったです。新曲が超よかったんですよ。

会場が一丸となったサックス有りの曲はバンドアレンジで次のアルバムに収録されてほしい。

ダークな過去曲と明るい新曲が混ざって今の、2018年クガツハズカムが誕生していました。

 

不思議なもので、あの頃、そうあの頃、自分がサムライをやっていて、よくライブ見に行ったり対バンしたり少し絡みがあった頃、

あの頃はよかったなぁって思わなかったんですよ。あの頃はあの頃でよかったけど、あの頃はよかったなぁとは思わないというニュアンス。

わかりますかこの微妙なニュアンス。あの頃はよかったなぁという言葉には、今があんまりよくないような、やりたい事がやれてない。

努力するべきことを努力できてない。的なニュアンスが含まれますけど、ライブ見ててもそれが全然なくて、あの頃があったから

今のこうした状況があって、今の自分の心境があるんだな。とライブを見ながら過去を思い出しながら、そう思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見てるきのこ帝国のライブ映像です。2011年です。この目!この、、、目!

 

 

 

 

at 15:49, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

あのバンドを見た後でもビールはおいしいよ

全然好きじゃない音楽を、もっとよく知ろうと思ってライブ見に行ったんですよ。

渋谷〇〇○に。

渋谷〇〇〇でライブやるってたいしたもんじゃないですか。僕の中ではそういう認識がありまして、

サムライでたどり着いてない場所っことは、最低でも僕の全力の本気よりも全力で音を出しているバンドのはずなので、

ある意味ではお墨付き的なことになるじゃないですか。そこでライブをやるという時点でまぁそうなるじゃないですか。

そんな期待を胸におおよそ4,000円くらいの金額を払って中に入りました。

 

入ったら、いつもの「そこ」とは明らかに違う雰囲気が流れておりました。

なんか会場が知り合いだらけなんですよ。いや僕の知り合いじゃないですよ。僕はライブハウスに知ってる人なんかいないんでね。

〇こかさんくらいしか、佐〇千亜妃さんくらいしか僕知り合い認定してないじゃないですか?まぁむこうに知り合い認定されてないんですけど(涙)。

いやそれは冗談としてですね、知り合いの話に戻りますが、要するに、いやいやいわなくてもわかるでしょう。言いたいことが。

お客様同士が知り合いばかりなんですよ。いやもっとハッキリ言うと関係者多すぎじゃね?ってことなんですよ。

自分的に見たことも感じたこともない人が、なんか有名な人らしかったりするんですよ。うわぁこの人オーラあるわぁなんて思ったりもしてその様子を見てたんですけど、なんかそういう雰囲気を、内輪受けのノリとして認定する人っているじゃないですか?

自分が入り込めない輪を見つけると、とりあえず毛嫌いするみたいな。それ僕のことなんですけど、とりあえずうわ〜なんか内輪ノリだわ〜無理だわ〜ってことで

ロビーには入れない感じだったので、一蹴してライブハウスの中に入ってみたら、なんかスカスカなんですよ。

ロビーに結構人がいるのに、ライブが行われてる中がスカスカってこれ、もろあるあるじゃないですか? 知り合い呼びすぎじゃいましたバンドの典型じゃないですか。でもこれってほとんどのバンドがやることなんで一概に批判はできないですし必要なことだと思うんですよ。ただ俺はやらなかったけどな!ってことを言いたいだけなんですよ。最後のライブですら、お世話になった人達をも裏切って解散するバンドがサムライじゃないですか?

仁義を通さないクソバンドの代表じゃないですか?でもそれが自分たちの真実だったんだからしょうがないんですよ。

そして仁義を通してないと、ホントは思ってなくて自分たちなりに筋は通ってるんで誰かにどうのこうのいわれてもただ困るしかないですよ。

あなたの筋の通し方と違かっただけなんですね!その人にいまだに恨んでます、とかいわれますけど、知らねーよそんなのって感じじゃないですか。

それくらいバンドって自分勝手なものだと思うんですね。

 

人脈が、どうのこうのって話がロビーにいると飛び交ってるんですよ。人脈ない人って、人脈ある人のこととりあえず嫌うじゃないですか?

まぁそれ僕のことなんですけど。なんかライブに疲れてきたのでロビーに座って関係者達の様子を見るでなく見てたんですけど、

初対面の人などは名刺交換をしておりましたね。ライブハウスの店長とイベンターとなんか謎の女性が仲介に立っておりまして、

明日〇〇さんと飲み会あるけど来る? 行きたいですぅ〜。という会話をしてまして。なんだかんだ話してるうちにライブが終わって

「あっ終わっちゃいましたね。。。」と言ってフロアの中に入ってきました。終わったら入るのかよ!

とまぁこんな感じで、楽しい1日でしたね。

これは僕もそうだったんですけど、誰かと話してるとその姿を他人に見られてる、何なら話も聞かれてるということになかなか気づけないですよね。

しかし!見られているのです!

 

 

 

去年の渋谷ラママでの1枚。手前から2人目が僕です。一番手前はシマナガシ矢吹なんですけど、髪型が最高じゃないですか?

手に持ってるのはティッシュがたくさん入ってるゴミ袋です。唐突にすみません。

 

 

 

今日のブログのタイトル「あのバンドを見た後でもビールはおいしいよ」、というのは、

上に記載されてる日のフロアの中で、バンドの転換中に僕の前にいた女性が言っていた一言です。

心に刺さりました。

 

 

 

 

at 17:12, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

〇〇として

同じ日本人として恥ずかしいとか、その〇〇として恥ずかしいって表現。

一体なんなんだ。その種類分けたがりな感じは。

同じじゃないから。あなたと私は。同じだと思ってることがもう怖い。

 

同じ動物として?人間として?社会人として? 

なぜ自分をその種類の代表みたいな面をしてるんだろ。

私はこう思う、じゃあだめなのか?

 

狭い世界の話で例えるなら、バンドマンの悪行が露呈した時に、同じバンドマンとして許せない。とか怒り出す人もそうだ。

自分が気に入らないだけなのに、壮大な人数が自分のバックにいるかのように言ってくるのはなんなんだ。

 

大人数の後ろに隠れないと意見が言えないからなのか、多数派が正しいと思ってるからなのか。

みんなで同じ方向を向いてないと気がすまないのは、そうしなくては不安でたまらないからだろうか。

自分がちゃんとできているか、誰かはみ出してるものがいないか、確認しないと気がすまないのか。

そのわりに、みんなと違うことが素晴らしいって意見にも賛同するんだから困る。

 

とあるクラスで、ある意見に対して、

「自分はどう思うか」と、「みんなはどう思うと思うか」を両方を書かせたら

私は賛成だけど、みんなは反対だと思うっていう意見が多数だった。という実験結果が出ている。(私の脳内で。)

つまり!みんながどう思うと思うか、という自分の考えは幻想にすぎず!

実際にどう思ってるかは、あなたの想像を越えるのであった!

at 15:02, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

酔って酔って

近頃よく人にアタックされる。

後ろからアタック。

唐突にアタック。

少しよろけて振り返ると、もう自分の先を歩いてる。

すれ違う人と肩がぶつかりそうな時にひらりと避けるのは得意なのだけど

後ろからの攻撃を避けるのはきついぜ。今日のは痛かった。しかしここで怒ったら負けだ。

怒ったら負けだ。ボコボコにされるのは自分だ。と言い聞かせて怒りを吹き飛ばしたのであった。

 

弱い人ほど強がる。というより、強がる人は弱い人か。私はしっかりしてるのだ、という面を見せたがる。

でもホントは弱いのだ。という面を見せるのも忘れてはいないぜ?

どれだけ自分に酔えるかの勝負のようだ。そしてその酔った自分をどなたかにお披露目する。

だれかの不幸を見て喜ぶのは腐ってる。

人の不幸ばかり見てると自分でも気づかないうちに心が腐ってくる。

安心のテレビ東京。

 

日比谷線で音楽が流れる電車が現れるらしい。あったら楽しそうと思っていたけど、とても気になる。

批判されない意見なんてクソだから、多くの人が批判しまくった時点で意味のある考えだ。

9割が批判する意見なんて絶対に実行したほうがいい、当たり前が変わる瞬間は批判が多いに決まってる。

いいなぁ日比谷線。日比谷線で行くならやっぱり北千住かな。

 

 

 

 

 

at 15:31, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

昔撮った自分の部屋の写真を見返したら、今ここにない物で埋め尽くされていた

全く家から出ない日が3日連続、続いた。

ただ何もしないをしよう。と思ったのだった。

寝るでもなく、ただそこにいる。スマホは電源切る。

テレビ、消す。音楽、消す。パソコン、消す。

無心になって、部屋にいた。

 

昔はこの部屋で何をしていんだ自分は。

 

今の自分の置かれた状況にいい感じに冷めてる。

こりゃあいい温度感だぜ。

誰もが自分らしく生きて、他人に不干渉で人それぞれ自由でいいじゃんって考えが当たり前に浸透しても

その時はその時で、また別の不満を見つけるんだろう。

at 12:03, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

傷つきたくないし傷つけたくないけど、傷つくし傷つける

人は生きてる限り誰かを傷つけ続けるものなんだ。

誰も傷つけたくないなら死ぬしかないのだけど、自分が死ぬことですら誰かが傷ついたりする。

だからもう、産まれた瞬間から誰かを傷つけるのは確定してる。

 

私を傷つけたことを一生許さないという気持ちが、再び誰かを傷つけることになり、

最初に傷つけられたほうは、私は最初にやられたのだ、という強い気持ちが後押しして

残酷な正義感をむき出しにする。

常に誰かを傷つけ、また自分も常に、誰かに傷つけられ続けるものだ。ということになる。

 

そういえば昨日久々に電車で座ったら、目の前に立っているおじさんに足を蹴られ続けるという状況になった。

たまに座るとこれだ。あきれてしまうぜ。

 

傷つけないように、傷つかないように心を閉ざしても意味はない。

生きたいように生きて、誰かに文句を言われないわけはない。

文句を言う側にはなりたくない、と思うばかりだ。

 

 

 

at 10:31, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ステージから見える景色は目に焼き付かないからまた見たくなる

先日、久々にステージに立った。開場時間前の慌ただしい雰囲気とか、

会場の外にたくさん待ってる人達とか。

なんだか懐かしい。淡い感じのじょーけいだった。

 

演奏者として立ったわけではないし、60秒くらいの煌きだったけど。

ワクワクした。しかしまぁ。以前とは別の温度だ。これは一体なんだ?

それが何と比べてなのかはわからない。携われて光栄なのは間違いないのに、おかしいな。

熱狂の渦の中、演奏者がやってることは、求められてるからそれに答えてるだけなのか、本当に衝動的な物なのか。

それは誰にもわからないものになっている気がした。

 

踊らされてるのは一体どっちなんだ。という時に、こっちではないのではないか?と思ったんだな。

 

 

 

at 15:08, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

飲みすぎ

また酒飲みすぎちまった。

寝て起きてから朝に吐くってなかなか辛い。1日中会話したのに記憶がないのも辛い。

しばらく酒は飲みたくない。とか思ってる時に限って、普段滅多にない飲みの誘いがくる。

終電まで働いてから次の日の始発に乗ると、思考回路が変わっていくのを感じる。

世界の見え方が変わる。というより自分の捉え方が変わる。

自分だけ別次元に飛ばされたような感覚になる。電車は空いてる。

そんな日々は短い期間で終わったけど、これが長期的に続いてる人もいるわけで

想像を越えた領域にいるのだろうと思う。

終電で帰れるだけましっていう人はもう知らないよ。

そりゃ生きてるだけましだしな。

 

 

 

 

at 18:55, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

一軒め酒場に行きすぎて全メニュー食べてしまった

えぇ、一軒め酒場好きなんですよ。おいしい、安い、店員さんが個性的。

その日は空いておりましたが、隣に大学のサークル飲みの人々がいまして、男女は4:4でした。

品行方正な雰囲気から始まり、徐々にエスカレートしていき、

ゲームが始まって負けたらウイスキーロックを一気飲み、ってな感じで盛り上がっていました。

その間、我々は「表現とは何か?」「自己顕示欲とは?」「承認欲求って言葉がよくないよね」について熱く語っておりました。

 

そうそう、そしてその隣の8人は気が付いたら女子だけがクソ酔ってる状態になっていまして、

呆れる男子に絡みつく女子、という構図になっておりました。

男子が女子に肩を貸しながら順番に退店していく姿に、何ともいえない哀愁、そしてホントに自分にもあんな年齢の頃があったのか?

 

しかし、実はその中に1人だけ全く酔っていない系女子、いわゆる私いくら飲んでも酔わないんです系女子がおりまして、

酔いつぶれたみんなの荷物を持ってあげてる姿は、とても凛々しく見えたものでした。

自分と一緒に飲んでいた人は、酔いつぶれた女子が渡されたコートを着る姿を見て、あの子は絶対酔ったりふりですね。

と、勘ぐっておりました。

 

ところで一軒め酒場って本当最高ですよね。大好きなんですよ。

安いからとかじゃなく、雰囲気がね。癒されますよね。

でも以前に、渋谷でナンパに成功したであろう人達が一軒め酒場に入っていく姿を見て

一軒め酒場はそういう時に使う店じゃないんですよ。となぜか思ったんですね。

なぜかなぁ?

なぜだろう。

 

 

 

at 15:59, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

強さと弱さを測る術がない。なくてよかったのだけど。

思ったより淡々としてないんですが、淡々としたフリはできるってわけです。

しかし、思ったよりって誰基準なんだ?

 

それよりふと思う。ふと思うことをどこにも記さずに消す。

キャパオーバーってそれ言いたいだけじゃん。オーバーしてないじゃん。

 

正解のない話を繰り返す。ずっと続く。ずっと続くかどうかは重要じゃない。

ずっと続いてほしいと自分が思ってることは重要。

 

いつ終わるのかより、どう終わるのか?が気になる。

思ってもないことを言って、その気にさせる。そこに意味はない。あまりにもない、意味。

 

多すぎる初めまして、と当たり障りのない話。

一向に愛想笑いがうまくならない、とか思ってみるけどできてるのかも。

相手が自分に壁を作ってると感じるのは、自分が先に作ってるからなんだろうと思うと虚しくなる。

 

縮められない距離感、縮めたいと思っているのか疑問。

欲していないのに、欲してるフリをしなくちゃならないこの感じ。

 

それも全部強がりなのかもしれない。強がりこそ弱い人の特権だな。

 

 

 

 

at 17:10, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

雑食が偉いかどうかなんてわからないし、誰が決めるもんでもない

私聞いてる音楽雑食すぎて〜、って言ってる人が聴いてる音楽って

まったく雑食じゃなくてびっくりしますよね〜?

 

その人が羅列したバンド名に自分が聞いた事のないバンド名が入ってないと

雑食認定はされない気がしますねー。

まぁされた所でなんなんだ?って感じなんですけどね。

 

雑食だろうが、ジャンルに偏りがあろうが、その人物の優位性に全く関係ないんですけど、なんか偉いみたいな風潮?

風潮というか、自らが雑食であると自負してる人ほど、偉いっぽい雰囲気を出して発言してる感じはしますね。

ただ実際には、色々な音楽を聴いてる人ほど、いやー全然自分音楽詳しくないっすっていうんですよ。幅広さを知ってるから。

 

そういった意味でいうと、フジロックに行った事ない自分は真の音楽好きではないのではないか?

という自己嫌悪に陥ってる人もいると思うんですよ。逆にね。少しは。少しはいますよ。

良し悪しは置いておいて、メロコアしか聞きません、アイドルしか聞きませんっていう人は、なんかいいな〜と僕としては

思います。ある特定の分野に置いてのみ、異常に詳しい。とかそういう人に魅力を感じます。

 

まぁそれはそれとして、アイドルがマネージャーと付き合ってるって話を聞くと、なんか妙に興奮しませんか?

でもやっぱりアイドルがバンドマンと付き合ってるって話のほうが興奮はしますね。

色々と裏切ってる感が最高のスパイスになってそうですよ。

バンドとアイドルが対バンする文化がこれからもどんどん加速していけばいいなぁと。思いますね。

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

 

at 18:16, あおき 東京みるくベイビーズ:Dr, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark