ベンツC200

最新の動画は、まさに今の気分が反映されてる動画になった。

撮ってから取り掛かるまでに時間がかかって

取り掛かったらすぐできた。

 

 

個人的に好きなのは、物凄く苦労をして撮ったのに、10秒も使わなかった時だ。

その苦労が報われなかった時に、意味を感じたりする。

 

 

 

 

 

at 13:53, あおき, みるくベイビーズ

comments(0), -, pookmark

坂道

草原を探し求めてキックボードを走らせたどりついた所は

元々は米軍の基地だった所だ。

 

そもそも返還されていたのを知らなかったけど、国の所有になったらしく

施設の建物はなくなっていて、草原というよりは野原のような場所になっていた。

 

そこの一角に、すごい幅の広い道で、車が通らない場所、そこに適度な坂道になっている場所があった。

左右の見通しのよい道で、坂道。その坂道が最高に良かった。ずっと探していたのはこんな景色だった。

 

一瞬、小浜島の景色が脳裏をよぎった。

 

遠い小浜島が、今はさらに遠い。

 

at 13:10, あおき, -

comments(0), -, pookmark

息苦しい。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

この息苦しさは1日中マスクをつけてるからか、

それとも同調圧力を勝手に敏感に感じてしまっているからか。

 

う〜〜苦しい。。。息抜きができる場所なんてないし。。。

他にそういう人がいようがいまいが、全く関係ないし。多かろうが少なかろうが

自分がそう思ってる事実に対して、何の意味があるんだろう。

 

誰にも彼にも気を使わなきゃいけないし、気軽に接することができる人がいたらいいのにもちろんいないし。

相手の機嫌を伺い続けなきゃならないなんて、なんて難しい世界なんだろうか!!!!

タピオカはストロー使わないと全然飲めないしさ。

 

遮断が全く足らないんだな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

at 15:56, あおき, -

comments(0), -, pookmark

今日は4がつ28にち

仕事が休みの時はネットもテレビも見ないから、久々に仕事場に戻ってくると

時がだいぶ進んでいるのを感じる。進んでいるのと同時に、変わっていないもの感じるわけで。

ツイッター見てない間に井口さんがツイッターやめたけど、見てないから関係ないわけだ!

 

youtubeに新作をあげた。この編集に5か月もかかってしまったのは自分としては残念!

5人で撮って面白い物に仕上げたい欲が満載だ。

 

一方的に流すことに満足していたはずが、相互を求め始めてから、何か自分の中の基準が揺らいだような気がしたけど

その迷いに似たなにかも、一瞬のことで、た軌道修正されるものなのだと、知った。

この時期に見るべき映画なんて、ない。つまりそういう事だと思った。

 

at 18:08, あおき, コラム

comments(0), -, pookmark

28日後と28週後

言うまでもなくこういう時はツイッターを見ないと心は安定します!

心を乱したい人や、他人に怒りたい人は見たほうがいい!ちくしょう!

どこどこへ遊びに行きやがって!と思いたい人は秒で見つかりますよそういう人が。

インスタは平和です!インスタライブを見てると元気が出る!この前のSIRUPのLINEライブも最高だったよね!

あれは保存できないのがいいんだから保存して違法アップロードするんじゃないよクソが。まぁいいけど。

テレビ番組を録画してIGTVに流してる人の意味とは!そんなしてはいけないことをしてまでして、

何かしらの欲求が満たされるなんてお手軽すぎる!

 

28日後と28週後は、どちらかというと28週後のほうが僕は好きでしたね!

しかし怖い!ゾンビ映画見慣れてないからもう怖すぎてやばい。思えばホラー映画をほとんど見ないでここまで来てしまったなぁ。

随分遠くまできたなぁ。

 

このもらえるはずのなかった膨大な時間と向き合っていてわかったことは、まだ何もないです!

まだ何もわかってないし、この時間を有効に使うことはできてないので、それはまぁおいおいゆっくり時間をかけて。。

ってこれ以上何にどう時間をかける気なのですか!いくら時間があったってなにもしない人は何もしないんだぜ!

いやぁそれがわかっただけでもよかったですよ。

とにかく人は人を信じすぎる。何度騙されても信じるというのがよくわかった次第です。

僕も創作で書いてみて、最後に嘘です!ってやってみようかな?だってそれがエンターティメントだもの。

それはそうと持ち帰りピザでも食べたいですよ。

 

えっ?散歩もだめなの?

ってその質問に誰が答えてくれたら納得するのでしょうか!よくわかりません!

捏造できる数字の、「捏造できる」って部分だけを見ないようにして信じるなんてずるい!

 

at 12:03, あおき, -

comments(0), -, pookmark

あぁ雨の日は電車も窓が閉まるぜ。

今日は凄い雨で、水しぶきが、凄い。大粒の雨。

道路にはほとんど人が歩いていない。

 

自分の身体を守れば、いつか正常に戻った時に、全て取り返せる。

自分の身体を守れないと、いつか正常に戻った時、取り戻せない。

 

昨日は、チェーンソーで木を切っていて、あぁこのまま腕を切ってしまったら

めっちゃ痛そう。あぁ痛そうだ。と思った。

 

よく眠れないから、晩酌をするようになった。あまりテレビは見てない。

ライブ映像ばっかり見てる。カレンダーの日付だけが進んでいくような。日々だ。

 

 

 

と思いきや!!

 

確実に!

 

肉体は日々成長していくのであった!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

at 14:40, あおき, -

comments(0), -, pookmark

客観

ようやく客観視できるようになってきたの、かも。

自分に何ができるかを考えるいい機会な気



いや、久々にサムライのMVたちを見返したんですがね。

あ〜こういう風に見えてたのか〜と、

ようやくその目線にたてましたよ。当事者だったころは全然わからなかったですから。。。

昔のデータを色々、パソコンから発掘してみようかなと、思います。




at 23:07, あおき, -

comments(0), -, pookmark

同調圧力の波

考え方が一方だけになってる状態は怖いです!

同調圧力。恐怖です!

反対の意見がどんどん言いづらくなってきますね!

しかし言えないだけでその意見が心から消えるわけではありません!それが負のパワーとなり、やり場のない想いとなり

その矛先が自分に向くようになり、まわりと違う意見である自分を責めるようになったらもや〜ですね。や〜ですよ。

あ〜賛成と反対の両方がうまく納得できる意見がないものかな〜!!というか、反対の意見の許容が必要だと僕は考えます。

これは自己防衛的な考え方にすぎませんが、とにかく許容です。

今日も元気にスマホを見ながら歩きエレベーターに突っ込んでいく人に対しても許容!

え!!こんな時に信じられない、いや信じるよ!その気持ちを信じる!

なんでこっちばっかり我慢しなきゃいけないんだとか思うとまた精神パワーが見えない精神パワーがすり減ってしまうので

もうそんな事思わないぜ!擦り減らないぜ!ちゃんとしてる人の姿は見えませんよだって家にいるんだから!

そりゃ〜目立つに決まってるぜ!探しやすいんだもの!

 

ところでGEZANの方が作ったこの映像に衝撃を受けたので残しておきます。

 

at 18:00, あおき, -

comments(0), -, pookmark

騙されエイプリル

いやいや〜そんな「家族」が100万回なんていくわけないじゃないっすか〜!

エイプリルフールじゃあるまいし〜。って何かを目指すのに嘘もクソもないんですよ!

 

ところで今年のエイプリルフールは

鈴木ゆゆうたの彼女ができたってやつと

佐藤さんの実は双子の弟がいますって

やつにまんまと騙されましたよ!

 

いかに普段、簡単に人を信じているのかがよくわかりましたよ。

基本的に疑わないじゃないですか。まさか嘘つかれるとは思わないじゃないですか。

 

だから、デマを拡散してしまう人も悪くないですよ!これは仕方ないですよ! 

人はそういう事をしてしまうものなのだ。というだけの話です!ただそういう意識を持ってれば若干予防はできます!

だって情報が嘘かホントかなんてわからない!でも正しそうな情報は拡散したい。大切な人に伝えたいですからね!

ただ、結果的に大切な人に嘘を伝えてしまうことを考えると、あまり伝えないほうがよさそうです!

情報だと、情報源が必要になるので、私はこう考える!私はこう思っている!という主張をする分にはいいと思いますね!

というかそれは聞きたい気がします!

 

もし自分が子供だったら、この学校が休みの時期に死ぬほどゲームやりまくっていただろうなぁと

思います。だからきっとやりまくって一気にゲームクリアーしまくって、新しいゲームが欲しくなってることでしょう!

 

ところで飲食店にアンケート用紙があったとして、何でも書いて下さい!ってなってた場合。

店員さんの態度にむかついたり、何かいやな気持ちになった時、書こうと思うと思うんですよ。

普通においしかったり、満足した時は特に書かないと思うんですよ。もちろん書く人もいますけど、嫌な時より数は少ないでしょう。

つまりそういう事なので、そのアンケート用紙を見ると不満ばっかりになると思うんですね!

でも満足してる人もたくさんいるんですよね!

だから、つまりそういうことです!負の意見は目立ちやすい!今この状況で儲かってる人は黙りますよね!まるでいないかのように!

それではまた!

 

 

at 16:37, あおき, コラム

comments(0), -, pookmark

まずは家族で100万回再生めざしましょう

うぉぉディズニーランド行きたいぜ!!こんなにも行きたいなんて!

しかし、もし営業再開したら、自分のような人が超絶殺到しまくり、毎日入場制限が

かかるんじゃなかろうか!!なんてことだ!こりゃ〜長い期間営業再開は見込めない!

 

エヴァの新作の公開は6/27!!日付通りに公開されるかドキドキ!

 

ところで「家族」は今までカップリングのみで存在していたので

サブなんとかでも聞けなかったんですね!!

それに気づくのが遅くなって大変申し訳ございませんでした!解散して4年で気づいただけ良しとしましょう!

そういえばこのサブなんとかで聞けない曲って

他にもあるんじゃないかな〜と思うので、何年間かかけて聞けるようにしようと頭によぎりました!

例えばsignですが、これは真空の明人君が関わっているので、アップしちゃ〜だめなやつですね!
こういうのを勝手にやってしまって怒られるのが当時の僕ですが、どうやらもう
「当時の僕」ではないので、怒られないように注意することができるようになったようです!
つまらない大人に一歩近づいてますね!
あんそろじ〜は、、、あっ聞けない!!spotifyで聞けないじゃないですか〜!次はアンソロですか〜!
まぁそんな事はいいんですけど、まずは家族で100万回再生めざしましょう!そうしましょう!
全てはそれからだ!

at 14:30, あおき, -

comments(0), -, pookmark

家族

家族を公開しました!

 

江沼に公開してもいいか聞いて、オッケーがでた次第です!

偽光のシングルのカップリングだった「家族」。沁みるぜ!

 

 

も〜情報過多で頭は爆発してるからさ!何もかも遮断してるよ!そうでなくとももう限界なんだから!

ただでさえ。。脳が休まることがない。。。なんでだ?なんなんだ。いったい。。

 

 

at 09:41, あおき, サムライの話

comments(0), -, pookmark

Hitman

強力なノイズキャンセリング性能を持ったイヤホンをつけた。

街の雑踏が聞こえなくなって、自分の視界が、映像のように感じた。

 

昔やりたかった事があって、それをなぜやりたかったのか忘れてた。

なぜ、それをやりたいと思っていたのかを忘れた。でも思い出した。

憧れている存在があって、それに少しでも近づきたいと思っていたんだった。

憧れる存在って、自分の意志で生まれるものじゃないから、自然発生を待つしかない。

最近、ちょっとだけ、ちょーっとだけ、受信が足りなかったかもしれない。刺激を浴びることが少なかったかもしれない。

 

でもまぁ、それがまたついに、発生したのであった。何か、謎のやりにくさを感じるのは、気のせい。

 

at 18:05, あおき, -

comments(0), -, pookmark

これはもしかして、地球外生命体による地球侵略か?

は〜もう精神論でお腹いっぱいですよ。実生活何も変わっていないんですが。考え方の羅列だけで、何も変化はない。

悪い人は一人もいないという前提で考える。自分だけ生き残ればいいなんて誰も思ってないという前提で

考えれば、単純な批判の奥に秘められた真意、も想像できる、かもしれないね!

 

当たり前だけど、ライブハウスによく行く人はライブハウスのことを悪くは言わない。それは悪くない部分を知っているから。

あー行かないほうがいい場所がどんどん増えて行くぞ!屋外のフェスなら文句あるまい!全てのイベントは屋外でやろう!

あーでも野球もサッカーもなんか屋外感満載なのに延期してるしなー!!

自分が好きな場所は擁護したい!収束した時にその場所がなくなっては困るから!

好きな場所に対して愛を持って、行かない方が良いと自分自身に言い聞かせる人もいるだろう!

 

日常の尊さはもうわかったからそろそろ元の世界に返してやってくれんかのう。

まだだめですか、もういいですか。終わりますか、終わりませんか。収束する前に生活が終わりますか。

このままいくと、犯罪増えそうとか思ったけど、そもそもみんなだめになるんだから、犯罪しても何も得られない気もする。

誰か助けてと言っても、世界中、誰も助けられない。世界中が同じ目にあってる。これはもしかして、地球外生命体による地球侵略か?

動物たちが結託してウイルスを生成し、解き放ったのか。そして動物から命を受けた刺客が、人間同士で揉めるようにデマを振りまいているのかも。

ツチ族とフツ族のような戦いもこんな形で始まったのか?どこまで冷静でいられるでしょうゲームか。

 

とにかく一人でも生き延びて、この戦いを終わらせよう。敵を倒すだけならまだ簡単だけど、倒す相手もいないゲームだ。

 

 

 

 

at 14:20, あおき, コラム

comments(0), -, pookmark

逃げてばっかりじゃあ、なんかな。

意味を知りたくなると同時に、意味がない事を理解してる。

イイ物でも、使い方を誤ると、良くない物に早変わり。

あくまでも自分の経験をもとに考えるしかないのなら、人間の想像力とは、なんて乏しいものよ。

 

ところで、誰かに責任を取ってもらおうとする人が多いような印象を受けるけど、きっと現実世界にはそんなに多くないと信じている。

多くの人は責任なんて自分で取るものだ。誰かが取ってくれるなんてそんな優しい人間はいるはずがない。と思っているんじゃないか。

しまった!主語を大きくしてしまった。「多くの人は」だって!恥ずかしい!全ての発言は、統計を取った証明がない限りは「個人の感想です」。

 

責任は自分で取るもの、というか。誰も責任なんて取ってくれないのだから、そこには期待できない。

間違っても、どう責任取るんですか?なんて人には言えない。面識のない人には言えない。面識のある人には余計言えない。

「自己責任」という言葉は、死語になってほしい。使ってはいけない淫語という認識になってくれないかなぁ。

「責任」という言葉自体も死語になってくれ。

 

厚生労働省の発表によると、平成29年は1年で134万人亡くなっている。365で割ると、今日も3000人弱の人は亡くなっている。

何人感染しました、のニュースはもういいよ。と思うけど、自分の住んでる地域での広がり具合を知りたい人が多いから永遠に人数の報告をされるのかな。

なんと!今日は感染5人で食い止めました!みなさんその調子ですありがとう!というニュースが聞けたら、なんか、自粛している側の気持ちも晴れる。

 

ライブやイベントが中止になってる中、やり続けてる人もいる。神田伯山は普通に襲名公演をやり続けていて、普通に毎日満員御礼だ。

凄い。いや、これが普通なのか?こんな状況でも行く人がいる事が凄いとかいう考えそのものがおかしいのかもしれない。普通とは一体?

人は行きたい所には行くものなのだ。それは誰にも。。。止められないんだ。。。。バれるまでやり続けるんだ。。。。。

外野に見つからずに話題にならなければいいだけ、なのであれば。例えば。

ライブをやるという情報を、行きたいと思う人だけの元に情報が行き、誰にでもわかる形では告知されないようにすれば

イベントはやり放題だ。行きたい人は行き、心配な人は行かなければよくて、それを別に誰かに言う必要はない。

まぁ。それで。病気になったら発覚するのだけど!!じゃあだめか。でもなんかこう、うまく。mixiとかで、できないものか。

 

渋谷ラママのように強力な空気清浄機を買ったりして、ウイルスと戦っていく姿は見ていて気持ちが良い。

専門家の登場を待つより、どうやって戦っていくか、個人が勝手に考えて、実行するのがいい。

いつまでも人間がウイルスから逃げてばっかりじゃあ、なんかな。

at 16:38, あおき, コラム

comments(0), -, pookmark

現実逃避

例えばスマホとテレビから離れてみたら、そこには穏やかな現実がある。

疲れてるのに、わざわざ雑踏の中を歩いてみると、もっと疲れて帰ってくることになる。

どっちが現実なのかわからなくなって、、、ない。自分の生活は目の前にだけある。

現実世界において、とんでもない事を罵るように言ってくる人は少ない、というか会った事がない。

 

過剰に他人の生活に入り込むと、それを知ることが億劫になってくる。許容できる力がある人はいいが、

たぶん自分はないので、現実世界に接するだけで充分だ。

現実逃避というのは、もはやインターネットや、画面の中にある世界から逃避し、

現実に逃避するという意味になってるのかもしれない(なってない。)

 

良いことがあった時は気にせず、悪いことがあった時だけ口コミに書きたくなったりする現象がある。

そればっかりになると、意見は悪いものだけになる。

電車の中が平和だった日は気にならない。後ろに立ってる人にくしゃみ100連発されれば、不満を書きたくなるのもわかる。

 

こういう時に穏やかなに暮らしてる人もいる。それをインタビューでは言わないし、言っても使われない。

周りが慌ててるから自分も慌てなきゃいけないものだとしたら、自分の実生活の周りでは、特に慌てている人は

いるようには見えないから、自分も慌てる必要はなさそうだ。しかし慌て方も実際わからない。今必要なことはただ、家にじっと、いて。

何もしないで、いる。ことが、ましな行動のように思える。何かの「〜せい」にすることが今、必要な人もきっといるだろうけど。

その「〜せい」が見つかったところで、何がどうなるとも、思えない。敵が見つかると、周りが結束する。

敵は病原菌のはずなのに。どうも結束してる感じがしないなぁ。

 

 

 

at 10:24, あおき, コラム

comments(0), -, pookmark

4年

こんにちは。どうも。青木です。ラジオばっかり聞いてます。高校生の頃のように。

先日、ゼロをイチにするようなことが起こりまして。相も変わらずそのゼロイチ加減に痺れています。

明日でSAMURAI JACK UNIVERSEが解散して4年です。あっ今年はうるう年ですね!

 

4年も経つといい加減当時のあらゆることが薄まってくるような気がしますが、それは恐らく、

皆々が日々新しい自分を構築していけてるからではないでしょうか。

あれはあれであの日々はよかったけど、今は今、自分の周りにあるものを大切にしよう。大切にしたい。

といった声が聞こえてくるような感じがします。

 

まぁ、僕はあんまりそういうことは思わないので、今は今だけど、過去も過去で、今こそ呼び起こせ!的なハートは持っているわけです。

あの時の気持ちを忘れたのか?越えていこうぜ?今の生活?そんなの知るかよ。つって。

いかんせんそれに激しく同調してくれる人は少ないので、特に行動には起こしていませんが、ハートは熱いぜ。

その燃え滾ってる熱は東京みるくベイビーズで放出しつつ。なんとか生きています。

日々のフラストレーションでいえば、今、撮ったのに編集できない映像が溜まっていることが、イライラの原因です。

 

きまぐれに公開されることになってるブルーレイのyoutube版が今、公開されてます。

行きたい用事がなくなって暇な人は見てもいいんじゃないでしょうか。

 

ライブ映像見てたんですけど、MCで何もしゃべらない、間が最高だなと、今は思います。

この間こそサムライだな、とか。思ったりしますね。

見返してると、本当に自分達だけであらゆる物事を決めてたんだなと、感心したりして。

 

誰と比べることも無意味だとは思いますけど、この時の自分達だけには今、負けちゃあいけないんだろうな、

と、思ったりしました。

 

 

撮り方とか、編集とか。なんか渋いですよ。いやー!!なんて渋さだ。

この時しか出せないものを見事に出しているぜ。

特に何も起こらないのに差し込まれてる、スタジオのロビーで休憩中の映像とか。完全に最高ですよ。

 

ツイキャスは去年で終わったので今年からは何もしないわけですけど、ちょっと閃いた事はあるんですよ。

どうしても閃いてしまうんですね。まぁそれはそれとして、しれっとやるとして。やるといってもツイキャスとかじゃないですが。

いや、閃いたからには僕絶対やるんですよ。その「絶対やる」のおかげでだいぶめんどくさい人生になってたり、

誰かを怒らせたりするばかりだなぁと思うわけですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

at 20:13, あおき, サムライの話

comments(0), -, pookmark

人の目を気にしないあの人は自由でしょうか。

僕たちは日々前に進んでいるでしょうか。ただただ歳を重ねていくだけでしょうか。

歳を重ねる事に「だけ」をつけることもないのでしょうか。

 

何かを残せば、日々に意味が出るでしょうか。

何も残さず、泡のように消えていくだけでも意味はあるでしょうか。

何かを残すことに意味はあるでしょうか。

そこに意味が必要でしょうか。

 

よく見せようとする気持ちを捨てたら楽になるでしょうか。

人の目を気にしないあの人は自由でしょうか。

人の目を気にしないで生きることはできるでしょうか。誰とも会わない生活は楽でしょうか。

誰にも傷つけられない安全な場所にいることは、心を休ませるでしょうか。

部屋から出なければ危険はないでしょうか。

 

悲しいことはあるでしょうか。

それを誰かと共有したら半分になるでしょうか。

嬉しいことはあるでしょうか。

それを誰かと共有したら2倍になるでしょうか。

 

日々、前に進んでいるでしょうか。

ただ、歳を重ねていくだけでしょうか。

 

雨の日は憂鬱で、晴れの日は爽やかで、それでも曇りの日が1番好きでしょうか。

相手も同じだったら、嬉しいでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

at 11:59, あおき, コラム

comments(0), -, pookmark

山嵐vs Dragon Ash 出演者怖そう、スタッフ怖そう、お客さん1番怖そう

代官山UNIT。山嵐のベストが7月に出て、すぐチケット買ったから、半年くらい待ってようやく今日。

早めに代官山に着いた。

整理番号早かったし、クロークなさそうだから早く入場したほうがよいかな〜と思いつつなんとなく代官山のTSUTAYAに脚が向かって、そこにいる人々のお洒落具合に圧倒されながらも戦い続けて、気がついたら開演15分前だったので慌てて会場に向かった。


ロッカーまだいけそうだったけど、諦めてジャンパーを上着を手に持ち続ける作戦にして、モッシュに飲み込まれなそう所かつ、よく見えそうなところを死守しながら、ドラゴンアッシュを見た。


山嵐の曲をやってくれたのもさることながら、MADの曲を聞けたのが嬉しかった。そんな事が起こりうるとは!!なぜかチベタンフリーダムコンサートを思い出した。

初めて人前で演奏した時にコピーしていたのは、Dragon Ashとブルーハーツだった。

みんな、なんか、あの頃、KJと同じ格好してたな。


山嵐は1曲目が山嵐じゃなかったのが、なんだか良かった。フロント5人の佇まいが凄みを帯びていて圧倒されたのと、昔と何も変わらないスタイルが、あの頃からすでに完成していたんだって事を思わさせられた。またZEPPで見たい。山嵐のワンマンで。

永遠に手の届かない雲の上の存在であってほしい。自分が大学生の頃、学祭のゲストで山嵐が来た時、偶然すれちがって握手をしてもらった。握手をするときに、服で手を拭いていたのを今も覚えてる。


10代の頃のライブハウスは自分にとって怖い場所だった。周りはみんな怖そうだし年上ばかりだし。自分はずっと馴染めない場違いに感じていた。山嵐のライブにいったらやっぱりそれはそのままで、周りは年上だらけで怖そうな人ばかり。でもその馴染めなさが、居心地が良い理由なんだと思った。


行きやすい場所になんかならなくていい、とさえ思う。フェスの敷居は下がっても、小規模から中規模のライブハウスの敷居が下がる事はない。自分なんかが行っていいのか?と心に不安を抱きながらライブハウスに行くのが、自分にとってはちょうどいい。




小さい子を連れたお客さんが目について、なんて最高なんだろうと思った。自分が心から好きな物は子供に伝えたいに決まってる。



at 21:18, あおき, ライブ

comments(0), -, pookmark

宇宙に馳せる

大事なのはそこじゃなくて、

自分が全く興味ないことにも、真剣に取り組んでいる人がいる、という事実に想像力をもっと働かせてもいいのかな、と思ったりした。

自分が好きでやってることも、そうではない人から見たら時間の無駄でしかないし、わざわざそんな事をやる意味がないと言うだろう。


だから、好きの量は比較できない。同じになるわけがない。同じものを見ても同じ感想にならない。

だから口コミなんて見ないのだけど、ただ誰が言うかは肝心な気はする。

友達が良いと言ってたら、それはそれだけで良いと思えてくる。友達の感性は信頼できる。





あれ?俺って友達いたっけ?なんて不安になったりもする。いや、不安になる必要はないさ。その感覚は自分のものじゃない、誰かに植え付けられた価値観だ。友達がいようがいまいが関係ない。その関係が友達じゃなかろうと、呼び名に意味がない。意味が必要なのは足りないと思う時くらいだ。


そもそも意味のある事なんてない。じゃあ日々の生活にはどんな意味が?

生きてることの意味は?生き続けることの意味に答えはあるのか?


80億年後、地球が太陽に飲まれる時、地球人がどうなっているのかを、見たすぎる。

何はともあれ自分が死んだあと、確実にそうなるという未来があって、長い年月の後に必ずそうなるなんて、なんていうことだろう!どうにか80億年後の世界を見れないものか。


自分が死んでも世界は続く。人が人を繋いで、命を繋いでずっとリレーしていくのが本能なのか。この百年で超絶進化したんだから、80億年後は自分たちで星とか、宇宙とか作れるようになっているんじゃないか。

広い宇宙のどこでも住めるようになっている予感がする。そんなSF映画、ないかなぁ。





at 23:26, あおき, -

comments(0), -, pookmark

どちらも考えを変えないことが大事だとも思えない。

もちろん人を信じられなくなる時というのは、裏切られたと感じた時なのだけど、相手に裏切ったつもりがない場合はどうだろうか。

結果的にこちらがそう思ってる以上は裏切られた事には変わりないのだけど、下手したらこっちが裏切った側になってしまうのかもしれない。


人を信じられない人ほど結果的に人を裏切ることになる。相手を信じるのが怖いため、相手を信用していないそぶりを見せてしまうのだ。

無理して相手にあわしても、それは続かない。ちょうどいい距離感なんてものは探そうと思った時点でだめなのである。


深層心理の無意識の段階で、相手に対して無心でいられることができたら楽なのに、なかなかそうもいかない。そうもいかないから面白いのだし、思い通りにならないことは多ければ多いほどいいとも思う。


一瞬笑うために、あとの全部の時間苦しむ必要があるのは、結局のところ、今も昔も変わらないようだ。







at 23:47, あおき, コラム

comments(0), -, pookmark

ハガキ職人に憧れて

寄せては返す波のように、消えては表れてまた消えてを繰り返しているようさ。

現在に続いていない時間は頭の中にしかない。

それも相手あっての話だから、実は自分の1人の妄想かもしれないのだ。

そろそろいい加減にその状態に気づきなさいよ、と言われそうだけど、何回も何回も確認してもしても

それをすぐ忘れてしまうのであった。そしてその度に傷をって。。。。また傷の話か。

 

15歳くらいの頃、ラジオにハガキを投稿するのが好きで、自分が読まれるその瞬間のためにひたすらカセットテープで

そのラジオ番組を録音するという趣味があった。

自分が読まれた部分だけが凝縮されたカセットテープはいつの間にかMDに保存され、

そこからCD化され、今はデータ化されて自分のiTunesに入っている。なんてマメな事をするんだろう過去の自分。

ただ、それを聞き返していると、不思議と力が湧いてきて、15歳の自分と向き合ってるような気持ちになる。

 

 

 

 

新作です。

バラバラの方向を向いてるのに一つのカメラに収まってるこの構図たまらなくないですか?

 

 

 

 

 

at 12:38, あおき, コラム

comments(0), -, pookmark

眠れない

色々やってみたらいいんじゃない、と自分の中の自分がアドバイスしてくるけど


気分転換の方法が、未だに見つからないでいる。



眠れない。



いろんなことに飽き飽きしているのか、

1日のうちに体力を使い果たしてない証拠か。お前はもっとやれるはずか?

受け入れてもらえないと嘆くほど、人を受け入れているか?


帰ってもらって結構と言われて帰れる奴がいるか?いたとしたら、そういう人物こそ帰しちゃいけないのか。



道端に落ちてる孤独を自ら拾いにいくか。

それとも人数は関係ないのか。


それはわりとしっくりくる。満足度に人数が比例しないのは、自分で知ってる。



それなら、なんか眠れそう。



とかいってすでに5時回ってる。




起きなきゃな





at 05:04, あおき, -

comments(0), -, pookmark

傷は深いほうがいいなんて言ったのは誰ですか〜?

いや〜なかなかどうして。傷は深いほうがいいなんて言ったのは誰ですか〜?

傷って一言で言いますけど、ならばまずその傷を定義してよって話なんです!

それを定義しないと、こちら側のいう「傷」の程度を各々の捉え方で決めていいですよ〜、になるじゃないですか!

そうなってくると、深いほうも、浅いほうも、どっちがいいかはもー決められないですよ。

 

そんな話はどうでもいいんですけど〜近頃は自ら傷を負いにいってる「ふし」がある気がしちゃってます!別に傷つきたいわけじゃないのに〜。

何も、誰かさんよりも強くなろうとか、辛さを知ってる人は人に優しくできるんだよとか、そういう感情に目覚めているわけではないのです!

無敵状態に近づきたいのかもしれないんですけども、無敵になるまでにはたくさん傷つかないといけないわけで

途中で挫折する人が続出するのもわかります。うなずけます。うんうんうん。

強きは弱きを助けるというのはいいとしても、弱きの人は守られてる分、ある意味では強きに入る気もしちゃいます!

そして安全地帯から石を投げられたら、こちら側に確実にヒットするってもんです!

 

ほとんどのいじめてる人はいじめてる意識がないです、ということは、いじめてる意識がない人の一部がいじめっこ、ということになります!

それってつまり自分自身も誰かをいじめてる可能性があるってことになりますね!そしていじめてることにまさに気が付いてない!

問い詰められても、そんなつもりじゃなかった、いやそんな事をいじめなんて解釈するほうがおかしい、と主張するでしょう!!

これってホントそうなんですよ。実際にいじめてる人がいじめは良くない、絶対なくそうって本気で思ってるんです!

それは矛盾ではない!矛盾なんてものはそんな簡単にあげていい称号ではない!

 

ちなみにこの文書は最初、ですます調で書いてから、楽しい感じの語尾に書き換えているのです!

手間をかけた分、成果が出ると思ったら大間違いなんですけど〜!

 

ところで「やりたいようにやるだけ」って言葉は自分で言っちゃあおしましですよね〜!!

その言葉で自分を慰めていてはだめです〜!言い聞かせてる場合じゃないっす〜!

at 18:18, あおき, コラム

comments(0), -, pookmark

ジャケ買い第二段

youtube新作です!

 

 

いや〜。12月ってホントにアレですね。

もっとさぁシュワシュワっとした感覚で感じて考えたいのにどうもうまくいかない。

もうめまぐるしすぎて、体力を回復する方法がわからないですよ!

何かをリフレッシュする方法も忘れてしまったような気がしますね!

 

それにしてもカウントダウンジャパンの28日の出演者やばくないですか?まぁ今知ったんでもう遅いですけど

今知ってもチケット残っててくれないと永遠に行けないですよ!ほんとに!永遠に行けないからラインナップが良くても

全く意味がない!ラインナップが良い意味がない!なら悪くていい!とかいって来年は絶対行きたい!

いや、来年の年末は沖縄で過ごさなければならない!西表島が俺を呼んでいる!

暖かい土地に逃げ出したい!

 

 

 

 

 

 

at 18:42, あおき, YouTube

comments(0), -, pookmark

既視感

いや〜。11月っすね〜。

あれ?もう11月も終わりっすか〜。

 

動画の編集してて思ったんですけど、なんかもうあらゆるものが既視感がありすぎて

この世にすでにあるものを、自分が作り直すことになんの意味があるのだろう〜。

なんて思ったりしては、意味なんてないのさ〜。動機もないのさ〜。ただやってるだけさ〜。という

心情になっております〜。

いや、既視感があるのであれば、それを自らぶち壊すまでっすよ〜。

とはいえ、あ〜これはやりがいあるわ〜って思った後に、こんな事でやりがい感じてる場合か?と思ったり、

自分との闘いが激しい日々っす〜。

 

ただ前と同じことを、同じように続けていても、それはつまらないので、

継続は力といいますが、ただ継続してるだけで楽しくなくなってきたら

やはりそれはやめ時なのだろうと思います〜。

●いや、何もやめないのにそんな事を考えてしまって申し訳ないっす〜。

全国の、誰かが何かをやめたらちょっと嬉しい人々に申し訳ないです〜。

 

ちなみにこの、文章の頭に「●」をつけてるのは、ミルク鈴木のLINEの書き方になります〜。

なんでこれをつけるのか全くの謎っす〜。

 

at 15:15, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ビッグイシューの矛盾

久しぶりにビッグイシューの販売員さんを見つけたので、久しぶりらしく2冊買いました。

そこに書いてあった「ビッグイシューの矛盾」の話が面白かったです。

だって矛盾が好きなんだもの。人生なんて矛盾の連続じゃないかい?

 

ビッグイシューはホームレスの方が自立するために存在しているわけで、ビッグイシューが売れるほど

ホームレスの方は自立していき、自立するということはビッグイシューを売る人がいなくなるので

ビッグイシューが売れなくなり、経営が続けられなくなっていく、というわけです。

路上生活の方が多いほど、販売員さんが多くなるため、ビッグイシューが売れて、黒字になるわけです。

うまくいくと赤字で経営難。うまくいかないと黒字で経営できる。そんなジレンマに悩まされているようです。

 

どうりで最近見かけなかったわけですよ!売っていた人々がめでたく路上生活を脱出できていたとは。

ビッグイシュー存続のために、路上生活者以外でもビッグイシューを販売してもいい、という新ルールを作ることに僕は賛成です。

ビッグイシューが読みたいだけなら通販でもいいですが、それだとなんだか違う気がします。誰かから直接買いたい欲。

これはamazonでCDを買うんじゃなくてタワレコで買いたい欲と同じ部分の欲求だと思われます。

買うという行為、それ自体にも価値がある。という。

そして今1冊350円ですが、500円に値上げしてほしいと思います。

本の内容的にも500円が妥当だと個人的には思います。

ほかの雑誌を何も読んでいないので比べることはできませんが、比べたとしても相当面白い部類に属すと予想します。

それはひいき目に見てるからに他なりません。だって好きなんだもの。いいじゃない。前から好きだったものは大切にしたいじゃない。

 

個人的、個人的と言ってるのは、主語を大きくしないためです。

統計を取った情報でない限りは、あくまでも主語は自分であり、全て主観にすぎません。

身近な5人くらいを例に出して、「みんな」という言葉を使う気持ちは自分にはない、ということです。つって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然違う話になるんですけど、、、、マジですか。。。。

マジなんですか。。。。いや、、、凄いですよ。。。これぞ絶句、という言葉を使うにふさわしい。

例えば、人ってその人のわからない部分に惹かれたりするじゃないですか。何考えてるかわかんない人って、興味湧くじゃないですか。

その、わからなさ、自体に興味がなくなったら、まぁ、惹かれなくなるじゃないですか。その人物全てに興味がなくなるというわけじゃなくて

そこの部分に関しての魅力、ということですが。その、わからなさ以外にも、魅力が残っていれば話は別なんですけど。

これは、そのあり得なさを楽しんでいた時期があったという証拠にもなります。そして同時に、そのあり得なさを客観的に、見れるようになった証拠でもあります。

 

 

 

 

at 18:35, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

二人の思い出は二人が忘れたら、なかった事と同じになる。

昨日の話でも ゼロをいかにしてイチにするか というテーマが出た。
 

町田には思い出がありすぎるほどあるのだけど
その場所に行かないと思い出さない。ということは行けば思い出す。
ということは行けばいい ということは思い出したくない時は、
行かなければいい。なんてまわりくどいのだろう。


そんなわけで昨日はその場所に行ったわけだけど、頭に残っていた映像が、映像として、映像なりに、頭の中で再生されたりした、

一語一句は覚えていないのでそういった事実があった、ということを覚えているだけだけど、

二人の思い出は二人が忘れたら、なかった事と同じになる。とふと思った。映像なりにってなんだろう。


二人の思い出を一人だけが覚えてる場合はどうだろう。
それはなかった事にはならない。という美学が代々伝わってきてる気がする。
誰かの記憶の中にいるのなら、それは死んだことにはならない、的な
映画が、十代の恋人が病気で死んでしまう系映画に刷り込まれてしまったのか!
なんだか美学感が強い。片方が死んでる場合はそんな美学的な解釈もいいと思うが

二人の思い出を一人は忘れながら生きていて、一人だけが大切にしてる場合って、

それってなんて寂しいんだろう!大切にしてるのこっちだけかい!泣いちゃう!


それはいいとして、二人の思い出を、口には出さないけど
二人とも覚えてるとしたら、どうだろう。。。それは素敵こと、、かな?

いや口に出さないんじゃ同じなような。口に出さない、それも美学かな?

普段は口に出さないけど、ここぞという時に、若干覚えてる風な、素振りを見せることができたりしたら

それはもう、それで充分な気がする。

思い出はどうやったって美化されるけど、その時の辛さってそんなに覚えてないもんだな。とか

昨日は思った。

 

 

at 14:54, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

3D Animation Steve Cutts

 

・It's our world

 

・MAN

 

・Happiness

 

 

Steve Cutts

at 10:09, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

時間がない、お金がない。その言葉の前には「あなたのために使う」という言葉が隠れてる。

近頃同じ夢ばかり見るのは何かのお知らせか?と思っているのに、特にお知らせはこない。

高校生の頃の友達が出演者として登場してくるのだけど、全然良い夢ではない。

 

なんか、あぁあの頃は青春だったなぁ。と振り返る青春系の過去がないのだけど、みんなあるのだろうか。

はぁ、みんながどうなのか気になる。自分が変なのか、、周りが変なのか。。。

といってみんなを気にしてる体で、読者目線に立ってブログを書くスタイル。ではないのであった。

 

かといって、かといって!

私他人に興味ないから。って言うのもなんか違うと思うんですよ!

そもそも他人に興味ってないじゃないですか。どなた様、も共通して他人様、に興味ない様、だと思うのですけど、

しいていえば多くの人が興味ある他人というのは好きな人や気になる人厭離であって、いやオンリーでありますので

それを言うのであれば、私は好きな人と気になる人以外は興味ないから、と言ってるのと同義語であり、それはそうだよね、で終わってしまう

わざわざ言う必要もないというのは自明でありんす。それはそうと自明なんて言葉を、日常的な口語で使う人に、あってみたいものです。

 

高校生の頃って、それなりに楽しかった、のか?それすらも覚えてない。

「楽しさ」と「戻りたさ」は、何となく比例するような気がする。

とはいえ、ここで考えが終わってもつまらないので、ちょっと過去を美化して妄想してみようと思ったけど、

どうなるのか、もうわかってて、探すのやめた。とここでいきなりのRADWIMPS節。

 

今さら「君の名は」をしっかり見よう見よう見ようと思いながら2週間が過ぎた。

時間がないわけじゃないのはその間に「8mm」と「海よりもまだ深く」を見てることからもわかる。

時間がない、お金がない。という言い訳は、ある行動をしなくてもいい理由の中で、最強の言葉だと、まったく思わないけど

思ってる人はいるだろう、と想像する。

その言葉の前には「あなたのために使う」という前置詞が隠れてる。隠れてることに気が付いてから、その言葉で誘いを断られると

ジャブくらいのダメージは受ける。徐々に効いてくるやつだ。

ジャブを打たれすぎてる内に、もう、なんか、ジャブを食らうのは、嫌だ。となり。

ジャブが届かない距離をとるようになる。

ジャブジャブそんなに言うもんじゃない。

 

 

 

それはそうと、

 

試乗会で乗ってから買うような保険はかけたくないのだけど。試乗会には行きたい。なぜなら乗りたいから。

 

 

at 19:52, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

なぜこんなものを人は作れるんだろう。

なんでこんな凄いものを人間は作れるんだろう。
終わった時の最初の感想です。

 

待った!
このブログを書くためには、まず15歳の頃の自分を憑依させなければならない!                    
15歳の頃の、、しかも高1の15歳だ。。。。16歳の高1じゃだめだ。。。誕生日を迎える前の。。。                
自分がブルーウッド青木になる前の、、オビリンナー青木の頃の。。
初代iMacを親に借金して買って、夜な夜なテレホーダイでネットに繋ぎ、
当時盛んだったBBS(掲示板)に書き込んでいた頃の。。。


はい。きっと無意識にネタバレしますので、これから観る方は観てから見て下さい。


野田秀樹 作・演出 「Q」 2019年10月8日 開演
松たか子、上川隆也、広瀬すず、志尊 淳。
この4人が主人公的なメインキャストです。
        
10月9日(水) 19時の部を見に行きました。
客層は10代20代は少なく、30代から60代位の方が多かったです。
様々な舞台を観てきたような、貫禄のある方ばかり。                    
平日の夜のせいもあったでしょう。
若い方はだいたい親子ずれ。土日はまた違った客層になると予想します。

 

広瀬すずさんの初舞台。。いや〜待ったよ。この時をずっと待っていた。
すずさんが誰かの舞台を見に行って、楽屋から出演者とイェ〜イ的な写真を見るたびに、
いつ!自分の!番が来るんだ!と思っていました。

海街diaryで衝撃な演技を見てから、生の演技を見れる日を心待ちにしていました。                    
それが昨日!ついに、見れたわけです。あぁ、無常。。。

 

席は1F I列。前からA,B,C,D,E,F,G,H,Iだとして...9列目!
東京芸術劇場は狭くないのにステージが近いので、表情を見るのにも充分な距離でした。
そう!入口近くで売っていて、引き下がれない距離にならないと値段がわからない
オペラグラスを使わずとも!

 

1番印象的だったのは、動き。です。喋っていない時の動き。                    
セリフがなく、ただふらふらとステージを行き来するシーンも多く、
メインに立っていない時の動きや、佇まいに、痺れました。

そしてセリフ。4人のセリフの掛け合い。
視覚的には近くにいるのに、遠くで話してるように脳内変換される不思議。

 

事前情報をすべて遮断していたので、
ロミオとジュリエットがベースになっている事に役名で気づいて、ラブストーリーなのか!と、はっとしました。
松さんと広瀬さんがジュリエット、上川さんと志尊さんがロミオ〜です。

それぞれの演技や怒涛のセリフ回しがなんだか凄すぎて
演技がうまいなんて言葉は、もはや失礼にあたるぜ!

 

じゃあなんて形容したらいいんだろう。。。

ただ一つこれだけは言わせてくれ!
広瀬さんの生声が、、、最高に良い!最後列まで問題なく聞こえる声量でよく通る!
聞きづらい所なんて、1点の曇りもなし、曇りなき眼!
    
感動を通り越すと、人は笑うようで。声に出して笑うシーンがいくつもありました。                
上川さんとすずさんが、笑顔で踊るシーン。ここが一番インパクトがあり脳裏に焼き付きました。                    
パンフレットの最後の写真は、ちょうどここのシーンでした。

シンプルな舞台セットだからこそ見えてくる華やかな世界観、とでもいいましょうか!
というか、終わってから舞台のセットがシンプルだったことに気づいたほどです。
見えないものが見えました。もちろん海も見えました。

クライマックス近くの出演者全員がステージ上にいてセリフが飛び交って

どんどん人が倒れていくシーン。もう、あれは種のないマジックのようでした。

 

上演後は4回のカーテンコール、最後はスタンディングオベーション。

段々とお客さんが立っていく感じがよかったです。

キャストの方も次第に笑顔になってリラックスした表情になっていました。

最後に野田秀樹さんがちょろっと1人で出てきて、簡単な挨拶をして終了となりました。

千秋楽では何回カーテンコールがあることでしょう。

 

ホントに、なんで、こんなものを人間は作れるんだろう。。
前編が95分、休憩10分、後編が75分です。長っ!と思いきや、
見てたら一瞬にして最初の休憩。早っ!
これを1日2公演やるなんて、とんでもないパワーと熱量。

 

今回の上演数を見てみると、
東京 10公演                    
大阪 11公演                    
九州 6公演                    
11月東京 38公演                    
合計:65公演    です。
        
11月から12月の東京は、月曜日以外は毎日あります。                    
一般的な劇がどの程度の期間やるものなのか知らないので、比較するものは                    
ありませんが、体感として、、、多っ!!!!!!!!!!
全公演ソールドアウトですが、野田MAPは必ず当日券を出す仕組みなので                    
頑張れば、当日券も買えます。なんて仕組みだ!            
    
ありとあらゆる前売り抽選に落ちまくり、一つ残らず応募し続けた結果。2公演分チケットが取れて                    
次回は九州公演から戻ってきたあとの、11月の東京を見に行きます。                    
ツアー後にどれだけ変化しているか!!!!オフィーリア!!!                    
            
パンフレットは1300円です。休憩中は物販が空いててすぐ買えます。
舞台稽古の記録は、写真は篠山紀信さんで、文は是枝裕和さんの寄稿です。え、それ豪華すぎひん(突然の関西弁)。
是枝さんが、広瀬さんのことをすべての場所において「すず」と呼ぶの、いいですよね。

 

ロビーには舞台セットのミニチュア版がありました。しかも動きます。これは常に撮影したい人の列が長かったです。
休憩に入ったあとすぐに向かえば並ばずに撮れます。ただその後トイレに並ぶことにはなりますけど。

 

来年公開の「ラストレター」も「一度死んでみた」も、去年に撮影が終わっているので、
その映画で見ることができるのは、「なつぞら」をやる前のすずさんです。
しか〜し!
舞台だと目の前にいるわけで、撮りおきができないわけで、つまり最新なわけで
それでいうと!この舞台が終わった後に撮影が始まる作品は、舞台の影響を受けた物になるので、それがまた一つの楽しみです。

 

去年の久々の連ドラ「anone」からの、ちはやふるを結んで、からの「ラプラスの魔女」、のあとすぐに「SUNNY」公開。
からの「なつぞら」発表、からの「紅白歌合戦司会」 からの「なつぞら」スタート、からの「Q」出演発表、からのなつぞら終了、と思ったら「Q」開演。
からの2020年1月はラストレター。からの2020年3月は「一度死んでみた」と、
永遠に驚きが続いて、楽しめる仕組みになっています。

 

今作のキャラクターは、誘惑的な色気のある雰囲気で、今までのそれとどれとも違う性格です。
「迷いなき完全なるラブストーリー」がそもそも少ないので、その点も斬新でした。
広瀬さんが今までどういうキャラクターを越えてきたか、ちょっと振り返ってもいいですか!
セクシー感や色気があったかどうかという点に注目したいと思います。

映画
 「放課後たち」 ラブストーリーではないけど、比較的恋愛物の感じ。
         積極性はありつつも、子ども扱いされてるキャラ。意外と他作品にはない性格。
 「謝罪の王様」 映画の中のさらに映画のシーンで登場するだけなので性格不明だけど、犬が好きそう。
 「クローズEXPLODE」 元気な高校生、セクシー感はない。主人公の妹みたいだけど妹じゃない。
 「海街diary」 心を閉ざしていながらも、段々明るくなってく。色気はないけど、ある意味では色気がある。
 「ちはやふる」 喋らなければ可愛いのに、と「可愛さ」が取り沙汰されている。周りは好きだ嫌いだと言ってるけど、本人の恋愛度は低め。
 「四月は君の嘘」 恋愛映画だけど、音楽の力で愛する描写が薄めになってる。がさつで強気な性格。最後の手紙から察するに主人公が大好きだったっぽい。
 「怒り」 セクシーとか色気とか、そういう映画でない。夜の繁華街で道に迷っていくシーンが、凄い。
 「チア☆ダン」 恋愛がすこ〜しだけ描かれているけど、愛だの恋だのより青春。露出は多かれどセクシー映画にあらず。
         ちはやの性格とかぶってるようで全然かぶってない。
 「三度目の殺人」 そういう映画でない。雪で遊ぶシーンは今回のダンスシーンに通じる物もあり。
 「先生!好きになってもいいですか?」 愛に満ち溢れている。好き好き大好き先生な性格。奥手だけど頑張って伝える。
                    お互いの立場から叶わない恋という意味では近いが、これこそ清純か。キスシーンが2回ある。
 「ラプラスの魔女」色気というか他作品に比べると、大人感が出ているキャラ。最後に帽子をかぶるワンカットを見るための120分。  
 「SUNNY 強い気持ち・強い愛」 可愛いけどダサいというキャラ。好きな人を親友に取られる。新境地ともいえる表情が見られた。
 
ドラマ
 「なつぞら」 天真爛漫で元気いっぱい。たまに間違えるけど基本誠実、色気は必要ない。
 「anone」   暗めで優しい性格、肌の露出が少ない。よい。。キャラだった。。。
 「怪盗 山猫」 独特な雰囲気で気が強い感じ。この種の雰囲気もっと見たい。目つききつめ。
 「学校のカイダン」 真面目でまっすぐ。間違ったことは許せない。キスシーンがある。
 「おやじの背中」  おじいちゃん大好き。可愛い孫。孫の設定は今作だけか。

ラジオドラマ
 「ストリッパー物語」主人公の娘役 真面目な性格、やや暗め。 

アニメ
 「バケモノの子」 うーん。色気はない。ただ良い子ではある。普通っぽい、という表現はおかしいけど、唯一現実に引き戻してくれる存在。
 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」 あぁ!こりゃあセクシーさ、色気を兼ね備えている!

                         これが実写だったら相当な色気が出ていたことでしょう!

ミュージックビデオ
 「クリスマス・イブ」ショート・フィルム収録のDVD
 これこそ純愛ラブストーリーです!!これです!!迷いなきラブラブラブストーリーです!これが初めての演技だって?
 毎年クリスマスの時期に小関さんがツイッターで「また〇〇〜」と呟くのが、お決まりになっています。
 
ざっと振り返ってみました。ラブストーリーといえるものがいかに少ないか、復習できましたね!
とにかく帰ったらクリスマスイブのDVDを見ます。

 

 

はっ!!
そろそろ15歳の僕とはお別れの時間がきたようだ。。。。そろそろ帰るとしよう。。。

掲示板やブログに、広告がなかったあの頃に。。。書きたい人だけが書いてたあの頃に。。。。

 

久しぶりに熱くなっちまって、終わりが見えなかった所さ。

それはまるで、いざって時に使えないヘルプボタンのように。。。。。。

 

 

JUGEMテーマ:演劇・舞台

at 18:01, あおき, コラム

comments(0), trackbacks(0), pookmark